楽器の練習妨害が著しい

22:32
先ほど楽器の練習を終えて帰宅したところだが、お腹に空気を溜める遠隔操作をされている。それと同時に胃下垂のようになる、下腹部の筋肉を緩められてしまう遠隔操作。いいくら息を吸っても吸い切れなくて、常に息が吸い足りないと感じる遠隔操作。聴覚への著しい不快感の発生するノイズの送信による拷問を受けている。それと、疲労感のような腰砕けになり椅子に座っている姿勢が悪くなる操作もされている。

勿論、脳の遠隔操作もされているので記憶障害や思考能力が著しく低下していて、無気力化・無能化と言った状態である。記憶の消去も行われるので、何を書こうとしていたかを瞬間的に消されてしまう。目線を勝手に移動させられたり、利き目を変えられてしまうような被害も発生している。それらの被害のためか、筋肉の操作のためか判らないがタイプスピードが遅くなっているしミスタイプも発生している。

ここ1年くらいの間は夕方になると激しい拷問被害が発生していたが、今日はそれがなかった。しかし、仕事が終わってから楽器の練習のためにスタジオに行くと急に被害が酷くなった。

まず、手慣らしをしていると筋肉の操作をされてしまい急に不器用になって手先のコントロールが利かなくなる。最初は何の問題もなく簡単に出来ていたフレーズがかなりの苦労をしないと出来なくなる被害だ。次に、記憶の消去のような被害が発生して、わずか2小節のフレーズを繰り返して出来なくされてしまった。何度繰り返しても同じ場所で間違えてしまう。

その間違える瞬間は自分でも何がなんだか判らない状態で、どうして間違えたのか理解出来ない。その部分にくると意識がなくなってしまい、ここで間違えているのだから今度は間違えないようにしようと思っていても、気がつくと間違えている。

そして、遠隔操作により心拍数を上げられてしまい、何故か力が入ってしまい音が大きくなる。それでも練習を続けていると聴覚の変調を起されて音が異常に煩く聞こえる。それは自然な音ではなく実際の音を遠隔から盗み取り脳内音声として聴覚に再送信されている感じだ。とくに、音が部屋の中で響く感じが何処にもなく、楽器のすぐ近くにマイクを置いて拾った音をヘッドフォンで聞いているような感じだ。しかも、トーンコントロールまでされて凄く嫌な音で聞かされる。その聴覚に再送信される音の中に倍音のような実際には出ていないノイズを混入される。もし、常にそのようなノイズを聞かされていれば、それが当たり前の状態になってしまうだろう。途切れることの無い遠隔操作とはそのような被害であり記憶障害一つ取ってもそれが当たり前のように行われている。

余りにも音が煩くて不快感が酷いので故意に大きな音を出したり、小さくしてみたりしたのだが、音が煩いと感じる信号は実際に出ている音とは関係なく送られていて、非常に小さい音にしてみても一定の強さの大きな音が聞こえているように感じ続けた。その信号は実際に出している音に同調されて送られているようにも思えた。

そのような状態のまま練習を続けていると、加害者は何としても、その練習をさせまいと執拗に脳や身体への遠隔操作をしてくる。そして、強い怒りを送信してきて、最後は暴れだしたくなる衝動を起され続けた。

その間も声の送信は途切れる事無く挑発的な言葉や脅迫を喋り続けている。とにかく楽器の演奏に関する妨害は激しく、感覚や感情、筋肉の状態を普通でなくされているといくら練習をしても身につかないと思われる。しかも、日常的に音楽を聞くことすら出来ない状態でいる。

脳の遠隔操作という犯罪が強力に隠蔽されながら行われている。

感情や意識の遠隔操作というマインドコントロールが声の送信と共に行われると、声で聞かされた内容が嘘だと判っていても不安になってしまい、それを信じてしまったりして言動に変化が生じる。その内容を完全に否定できないようであれば、さらに思考や言動に変化が生じる。

こんな犯罪が野放しにされている現状を放って置いて良いのだろうか。

21日:1:11
マインドコントロール拷問が続いている。聴覚に対する強い不快感を発生するノイズの送信も続いている。そう言えば、ノイズキャンセリングヘッドホンというのがあるが、遠隔操作によりそれと同じような効果を実現されるような被害がある。基本的に遠隔操作の場合は知覚の遮断と偽の知覚の送信だと思っているが。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる