横浜に行ってきました

24:40
今日は横浜でジャズプロムナードが行われていたのでオートバイに乗り生演奏を聞きに行ってきた。夜は寒くなるのでせいぜい今月までしか乗れないだろうと思ったからだ。

午前中は車に乗って用足しをしていたが、一口にマインドコントロールというような被害を受けていた。記憶障害と思考能力の低下、五感の変調、それと何か一定の周波数のようなものが音声送信のように脳に送られているように感じ、独特の世界に包み込まれてしまう。声の送信は途切れる事無く、その時々の状況に合わせて色々と語りかけてくる。その多くは現実に自分が行おうとしている事とは関係のない、架空の対人関係の話だ。それに意識の半分くらいを奪い取られている。迷惑であるが避けることの出来ない被害なので仕方がない。

単発ではないストーリー性のある上手な語り掛けと共に記憶の消去のような事をされるので、曲がるつもりでいた交差点を通り過ぎてしまったりする。くどいようだが、これらはすべて脳の遠隔操作が根底にあるのでそのようにされてしまう。

そんな状態であるので声の送信は「オートバイで行くのを止めろ」と言っていたが、そういう訳にも行かないのでオートバイで出掛けた。左半身の筋肉を痛くされ続け非常に苦痛であったが我慢をして運転をする。よく覚えていないが、周囲の雰囲気を感じ取れなくする操作や、ある瞬間にふと記憶(全部の記憶ではないと思う)が消えてしまうような操作、一種独特の閉鎖的な雰囲気などが目立った。

予定の時間に目的地に到着してジャズの演奏を聞いたのだが、足を痙攣させられて椅子に座っているのを苦痛にされたりした。音楽は聴覚の変調によりまともには聞くことが出来ないのはいつものことである。とくに楽器の演奏の音にあわせて声の送信で替え歌のように聞かせたりする被害が酷く、演奏の音と加害者の声が混ざってしまう被害に関しては、盗み取った音に対して加害者が声を発して、それを脳内音声として再送信しているとしか思えない。最初の頃は、声の送信と現実の音が分離していたが、最近は混ざることが多い。記憶障害も起されているので、どんな曲をどのように演奏していたかは覚えていない。そのような妨害をされながら、別の声の送信で「ざまあみろ、うんと悔しがれ」などと攻められたが我慢をし続けた。

その後は、中華街で食事をしてから帰路についたが、お腹に空気を溜める操作をされたり、食事の時にひっきりなしに喋ってしまう操作をされた。「おまえは見張られているぞ」という声の送信が目立った。

帰りも、頭痛と左半身の筋肉痛を起されたが我慢をした。とくに視力の低下が酷く大変な迷惑を被った。脳内音声による歌のリピート送信が運転中に延々と続けられ、全く自由に考えることが出来なくなった。少しでもスピードを上げると「そんなに慌てるな」と声の送信をされ、余計に先を急ぎたくなるようにされた。また、息が吸い切れなくなる苦しい状態に頻繁にされたが、我慢をした。

途切れることのない被害により常に苦痛に晒されている。それと、声の送信による脅迫は多岐に渡っているが記すのが面倒だし、嫌なので省く。

細々とした被害は沢山あるがこのくらいにする。

9日2:13
よくある被害だが、同じ状態(行動の繰り返しも含む)を維持してしまったり、維持したいと強く感じて、そのようにしてしまう送信がある。もし、足を組んで座っている状態を維持したいと感じ(始めに足を組みたくなる)、そのようにしてしまったら、当たり前の事ではあるが、それは筋肉の遠隔操作だけではなく、そのような気持ちの送信も含まれていることになる。

最初に足を組む瞬間の情動は自発的なものであるが、その情動を盗み取られてリピート送信をされたら、足を組んでいたいと言う気持ちが延々と発生するだろう。普通は足を組んだ段階で目的を達成したために情動が終わりになる。

時々、止め処のない怒りが湧き上って来て、ネットへの書き込みが止まらなくなる被害がある。書き込みたくなる衝動を起されているとも考えられるが、情動の段階から盗んだ脳波を送りつけられているとも考えられる。そう言った考え方に当てはまる被害は多いと思う。

被害は継続している。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる