テクノロジーの進化

2005年の後半、日本最大の通信事業会社NTTが、人間を遠隔操作する装置を発明した。新聞記事によると、この技術はあらゆる音響機器に適用可能で、バーチャル・リアリティーや効果音の質を向上できるという。用途として、プロのダンサーの動きをそっくり真似するよう命じると対象者は抵抗できずに踊りだす、といった案も検討された。しかし、こういった技術を使って不本意な動作を誘発するという発想は慎重に考慮しなくてはならない。本書に記した他の技術と併せると、様々なことが可能になるからだ。「酔っているような、あるいは、麻酔で眠っているような気分で、催眠術をかけられた感じがする。しかし、意識ははっきりしてして、まるで見えない手で脳を触られているみたいだ」
この技術では、脳に電気刺激を与えて行動を操作する。NTTは、バーチャル・リアリティーのコンピューター・ゲーム、ダンス教室における正確な動きの実体験、音響機器の追加機能に活かす予定だという。
現在、この技術が米空軍が呼ぶところの「制御効果」へと向かい始めている。(P66)

ソニーが特許を取得したこの装置は、人体にまったく傷をつけない非浸襲性である。超音波パルスを頭部に送り、狙った脳の一部の発火パターンを変更して、画像から味や音にいたるまで知覚体験を作り出す。したがって、目や耳の不自由な人が、見たり聞いたりする体験ができる。(P72)

「電子洗脳」という本からの抜粋ですが、このような技術が私達が受けている被害と直接関係があると思っているわけではなく、人間の遠隔操作という意味で公開されている技術でさえも、その進歩は信じられないようなものがあるという事を知ってもらいたいわけで、もし悪用されたらどうなるのかと言った心配はないのでしょうか。


23:04
昨夜は睡眠妨害が酷く、1時間半置きに3回ほど目を覚めさせられていたように思う。その都度、人工夢のようなものを見せられたり、目覚めた瞬間に何かの暗示に掛けるような他人を疑わせるための言葉を聞かされた。正直、睡眠も部分的には人工的な睡眠ではないかと思っている。

起床後はすぐに脳への攻撃が始まっているが、思考能力の著しい低下と後頭部や首筋への著しい違和感、聴覚への不快感の発生するノイズの送信、平衡感覚の変調がセットになっている。それらの被害により機敏な動作が出来ず、足の筋肉の動きを阻害されるとまっすぐに歩くのにも苦労をする。コーヒーを入れるなどの日常的な動作も間違えてしまいそうになったりする。そして、悔しくて堪らなくなる感情や、強い怒りの感情を何度か短い時間だけ、ちらつかせるように送りつけて来る。

そして、不快感も追加され、そのような状態のまま出社して人と接することになる。午前中は気後れ状態がなかったようで、電話をあちこちに掛けた。午後からは記憶障害が強くなり、理解力の著しい低下と気後れ状態を起されて、社内の打ち合わせで上手く喋れなくされた。視力や聴力の変調も行われたし、脳内音声による歌のリピート送信も執拗に行われたが、激しく仕事の妨害をされたり、耐え難い拷問被害にはならなかったので能率の低下したまま仕事を終えた。

台風の影響で風雨が強かったが夜はサウナに行って来た。夕食後にはお腹に空気を溜められてしまい、極度に眠くされたのだが根性で起き上がって家を出た。

声の送信が途切れることはなく、脳への攻撃が強いので自分から何かを考えることが出来ずに、まるで自分の思考のように聞こえる声の送信に誘導されて何かを考えさせられたり、全く自分で考える事が出来ないように語りかけをされた。

また、筋肉の遠隔操作で太ももやふくらはぎが硬直したり、疲労感が酷くなり著しく不快にされた。筋肉の動きを悪くさせる操作は全身どこにでも発生させられるようで、それをやられるとかなり苦労をする。それとは別に脳神経への攻撃のために全身の感覚がダイレクトにならなく、動きが鈍くなるような、動きたいという気持ちがあまり発生しない。それは思考能力の低下ともおおいに関係があり、自由であり、自然である状態とは程遠く、常に遠隔操作の影響下にあり、監視下に置かれているので、開放感が全くなく、何をしても妨害をされるので、それらが総合的に関係してそのような状態にされている。

常に、痛い、苦しい、不快、気持ち悪い、が付きまとい、感情なども自在に操られてしまう。従って、人間として機能的かつ無意識に生きることが困難にされている。こう言った犯罪は殺意がなければ決して出来るものではなく、それから逃れたいと思うと、自殺・発狂へと誘導する強いマインドコントロールが開始される。

これを精神病と言って隠蔽しているわけだ。

テクノロジーの進歩とは裏腹に情けない限りである。

お腹に空気を溜められて苦しい。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる