飛蚊症のような被害

視覚に対する遠隔操作の被害も種類は多い。ところで飛蚊症のような被害の経験のある方はいないだろうか。直視することの出来ない、例のアメーバのようなものが見えることは、ある条件下ではかなり以前からあったが、新聞を読んでいたり、パソコンの画面を見ている時に突然に大量に現れたり(距離感として普段見えているものよりも手前に現れるような気がする)、目の焦点のすぐ横に、まるで文字を読む妨害をするかのように現れて、目線を移動するとそれについて来る。説明は困難だが、遠隔操作による嫌がらせであると確信できる不自然さがある。

23:03
朝の5時半くらいに目を覚めさせられてしまい、非常に眠かったが思い切ってトイレに行き、再就寝した。次は目覚ましが鳴る少し前に目を覚めさせられたように覚えている。起床後すぐに脳への攻撃が始まり、後頭部に不快感が発生して異常なまでの疲労感がある。その後は思考能力が低下して、不快感も発生させられた中で顔を洗ってコーヒーを飲んで家を出た。すでに記憶障害のようにされているので良く覚えていない。平衡感覚の変調が起きていて人工的な寝ぼけを作られているような感じなのだが、思考や無意識の動作が上手く行かない。声の送信も行われているし、頻繁に苛々させられるが無視を続ける。

仕事は忙しかったのだが、とにかく落ち着かない感じにされていて、深くものを考えたり、文章を理解しながら読むなどの能力が低下したまま仕事をした。また、気後れしてしまうと言うのだろうか、決断力が鈍ってしまうような、思ったことを躊躇してしまったり、遠慮してしまう状態にされている。

夕食後はお腹に空気を溜められたり、呼吸を苦しくされたりして、やはり何も出来ない状態のまま時間が経っている。首の後ろの筋肉の圧迫とか硬直と言った被害が継続していて、それと同時に腰の筋肉に違和感があり姿勢が悪くなってしまっている。そのような身体操作と脳の芯が痺れたような不快感、思考能力の低下が日常的に行われている。

激しい怒りなどが継続することはなかった。

筋肉の痛みも継続している。

苦情を書き出したらきりがないのでこのくらいにする。

24:40
上記アップ後に脳内音声による歌のリピート送信が始まった。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる