攻撃と脅迫による口封じ

22:49
起床時から脳を攻撃されるようになってから大分経つ。感覚的に思考がクリアーでなく、記憶障害のためか自由な発想が出来ない。声の送信は毎度のことだが、思考能力が低下していることを感じ取れる以外に、脳への攻撃が行われていることが体感として感じ取れるような状態がある。平衡感覚がぴたりと決まらないとか、後頭部に違和感がある、脳の芯が痺れたような不快感、などの体感被害と記憶操作を中心とした脳への攻撃が、恐らく常に同時に行われているのだと思う。

被害のために連続した時間の流れと共に朝からのことを思い出せないのだが、また、思い出そうとすると、その内容に関連したイメージ映像を送りつけられるので、それにより自分で思い出したのと同等の状態を作られてしまう。思考能力が低下している時に思い出すよりも先に送りつけられてしまう訳で、必ずしも自分が思い出そうとしている内容ではないが、大きく外れているわけでもない。

とりあえず、うがいをしようとしたら吐き気を起された。頭がボケた状態で、しかも、不機嫌な状態を作り出されたまま出社する。仕事に関しては雑多なものが多かったが、電話をしたりする時に相手の名前を忘れてしまったり、極度に理解力を低下させられて苦労をした。今日は、そう言った状態が電話の向こう側にいる相手にも伝わるのではないかと言う不安を声の送信によって起されてしまった。

その後は出張の準備のために時刻表などをみていたが、記憶力と思考能力を低下させられた上に迷いを生じさせる遠隔操作をされたので30分もあれば終わってしまうような事を3時間もやっていたような気がした。夕方、17時を過ぎた頃から急に攻撃が強くなり耐え難い状態となった。

帰宅後はいつものように何も満足に出来ないようにされて、ただ時間が過ぎてしまうと言った状態が続いている。今日はそれが酷く、攻撃と脅迫による口封じを強く感じた。実際には脳の遠隔操作による潜在的な興奮と抑制が行われていて、それと声の送信が併用されている。子供の被害も気になるところであり、それも脅迫となっている。

ところで、理解力の低下は記憶領域をやられているのではないだろうか。読解力の低下や想像力の低下も同じようなもので、本来なら人の話を聞いている時に関連した事を思い出したり、読んだ内容や聞いた話に対して自分なりに理解するように記憶領域にイメージを作り出し、翻訳機のように自分の内部に取り入れるのだと思う。そのイメージの中に一つでも不明な点があると理解困難となる。場合によっては理解していないことを加害者に読み取られてしまう。

それらは、理論的に理解するという事と雰囲気などを感じ取るということに対しても著しい妨害となっている。従って知覚の切り離しとも関係があるので目で見たものに対してや、耳で聞いた音に対して被害を受けていない時と同じように細部まで感じ取り、自分なりの感想や結論を持つことが困難となる。そこに、偽の感覚や感想を送信されている。


ところで、オバマ大統領の生命倫理問題に関する諮問委員会の関連だと思うのですが、1940年代にグアテマラで行われた人体実験に関してオバマ大統領が謝罪したというニュースがあります。

40年代、グアテマラでの米国の性病実験で83人が死亡 米調査委

マインドコントロール(洗脳)に関しては、MKウルトラというのが人体実験として有名です。

MKウルトラ計画

私達が受けている犯罪は遠隔洗脳が行われているので、MKウルトラなどの一連のマインドコントロール計画との関連が疑われます。脳の遠隔操作という犯罪は生命倫理と大きく関わっているので取り上げなければならないと思っています。

7日1:09
被害は続いている。

寝る。

COMMENTS

No title

MKウルトラというのははじめて知りました。

勉強が足らないなぁ。

Re: No title

川村様

コメントありがとう御座います。
良くわかりませんが、MKウルトラの
続きがあるようです。

http://www.us-government-torture.com/History-of-abuse.html

耳印

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる