今世紀最大の変態集団

0:25
これは栃木県佐野市で実際に起こっている歴史的な人権侵害である。

悪魔の集団は人権侵害装置を利用できることが最大の武器と信じ、絶対の自信を持って全国で嫌がらせを行っている。人権侵害装置とは思考盗聴、脳内音声、身体攻撃を特定個人に向かって遠隔地から行う事の可能な生体情報通信の装置のことである。

この武器を使う利点は証拠が残らない事である。脳内音声なんて言葉すら知らない人がほとんどである。思考盗聴に至っては、その言葉を使っただけで精神異常者とみなされる。生体情報通信というのも私が勝手に決めただけである。その内容は、人間の五感を送受信する事である。痛い、痒い、などは当たり前。生きている人間の感覚すべてである。

更に、それを悪用すると人間を支配する事が可能になる。人間の脳を自在に操り本人が気が付かない様に精神、肉体をコントロールする事が出来る。

ターゲットの目に映った映像を遠隔地にいるスパイに盗まれてしまうとしたら、安心して生活が出来るだろうか。ターゲットが頭の中で考えた事を瞬時に盗み取られてしまうとしたら、社会不安にならないだろうか。ターゲットがそれらの支配から逃れたいと思うと苦痛を受けさせて逆らう事が出来なくさせられたら、人間として生活が出来るだろうか。

そして24時間常に監視されている事を知らせながら嫌がらせをされていたら、正常な精神状態を保つ事が出来るだろうか。このブログにリンクされているキャロル・スミスさんの論文を読んで頂ければ概要は知ることが出来る。

その苦痛から逃れるには死しかないのである。

加害者はすべてを当然、承知して加害を続けている。

加害者は性的な嫌がらせが大好きである。

私は、たまに女性と間違えられたりする。普通、常識的な判断では性的な嫌がらせは女性が受ける事が多いし、この手の犯罪被害者も女性が多いと言われている。しかし、男性でも変態加害集団の場合は関係ない。性器、肛門などに妙な感触を送信したり、猥褻な言葉を聞かせたりする。このブログにリンクされている「バッカス&ミューズ」というタイトルのブログを書いている方も男性である。



2:48
よくも創価学会の名を出してくれたな

お前だけは一生嫌がらせしてやる

子供も一生嫌がらせしてやる

覚悟しておけ

この言葉を今脳内音声で聞かされたのは事実である。

全部強調文で書かせてあげな。脅迫をする。昨日も今日も蚊に刺されて目が覚める。蚊の飛ぶ音を聞かせて鼻の頭にアタックする。悔しければ蚊取り線香でもたきな。もう一匹蚊を飛ばしてやりな。歌のリピート送信、何の曲だか書け。顧問弁護士を呼んでくれ。明日、創価学会から訴えてやる。

歌のリピート送信を絶対にやめない悪魔の集団だ。連日の睡眠妨害。被害者の名前を自在に操り被害者の信頼を破壊する。これぞまさしくテロリストだ。

ビートルズのフールオンザヒルと言う曲だ。随分前から原曲を脳内に放送しては嫌がらせをしていた。しかし、私が最近演奏したのは全く原曲とは構成の違うものである。楽譜を見て曲の構成を覚えなければ演奏は出来ない。しかし、楽譜を読んでいる段階で嫌がらせ、妨害工作をする。

「悔しければ楽譜を覚えて演奏してみろ」これが悪魔の言葉である。
楽譜は悪魔の手には渡っていない。だから悪魔は楽譜通りの曲の構成で私にフールオンザヒルを脳内に放送する事は出来ない。

悪魔は私に二階建てのアパートの名前を出させたいようである。それなら市役所に調べに行けばよい。私の住所変更の履歴を見ることが出来れば、そこの二階からの嫌がらせを、すでにこの世にいない人が訴えていたのだ。

「いい気味、○らさわ、フールオンザヒルを歌ってやれ」と男の声で聞かせる。歌えるのは当たり前である。私が、この目で楽譜を読んだのである。それを視野盗撮で盗み取っている。そして私に分からないように歌を録音して、それを脳内音声で聞かせれば良いのである。

それを悪魔は自慢して「どうだ凄いだろう」と言えば良い。簡単である。悪魔の人権侵害装置があれば誰にでも出来る。あとは心が腐っていて、どんなにうす汚いやり方をしても胸が痛まないようになればそれだけだ。

ただし、加害者達はアドリブが出来ない。メロディーを単純に歌い音程を調整して「どうだ、上手いだろう」、「歌が上手いで訴えないでくれな」これだけである。アドリブが出来ないと言われると悔しそうに言う。「出来る」と。それも簡単である。世の中にはジャズのアドリブ演奏の出来る人間は数え切れないほどいる。加害者連中がアドリブが出来るように見せかけるのは至って簡単である。

文句があるなら、表に出て、人権侵害の犯人である事を証明し、目の前で歌って、楽器のアドリブを聞かせることだ。

絶対に出来ないと断言をさせてもらう。絶対である。

これは、特殊な被害ではなく、広く世間に浸透している可能性すらある。非常に危険な犯罪である事を出来るだけ多くの人に知らせる必要がある。実際に自分では気が付かないだけで、私生活を覗かれている被害者は多いだろうと言われている。被害を受けていても表に出られない被害者も沢山いると言われている。ここまで書くと、誰も見ていない筈なのに

確実に処刑してやる、と言われる

すべて真実である事を命をかけて保証する。私はいつでも住所氏名を名乗る準備がある。しかし、加害者の卑劣なやり方、社会情勢を考えると、まだ名乗るのは早いと考えている。何しろ悪魔は人を殺すことなど何とも思っていないのである。

世間に言いふらしてあげな、と嫌みの追い討ちをかけるテロリストである。いたちごっこになるので、そろそろやめる。

創価学会から訴えてやる、出て行けと送信された。

タバコを吸おうと思ったらテーブルの上にない。タバコが欲しければ会社にとりに行け、と言われたが、実は鞄の中ある。加害者はその場凌ぎのデタラメを無責任に口にする。

追記、上記をアップしたとたんに脳内音声で言った「また新しく恥をかかせてやんな、どんなやり方でもかまわない、嫌がらせをしてやれ」これが悪魔のやり方だ。

10:07
朝7時に目が覚めた。声による嫌み、顔の痒みはあったが、もう一度寝る。そして9時半に目が覚める。シャーッという耳鳴り音も送信されていて、声による嫌み、脅迫が始まり、音楽のリピート送信もされている。

盗んだ情報で嫌がらせをする。すべてを貶す。

全く何も変わらない毎日だ。

10:46
今、会社に来ているがマインドコントロール効果のある音声で「フィッチクラフト」という曲をリピート送信されている。口の中で関係のない事を呟き続けていないと勝手に舌が動いて一緒に歌い出してしまう。頭痛攻撃もされていて、眉間と後頭部が痛い。更に痒み攻撃もされ、胃痛攻撃もされている。どこも悪くない健康な人間を病気に仕立て上げてしまう悪魔である。

「悔しければTベイに会わせてやるよ」と男の声で送信する。

このTベイと言う人物は加害者の脳内音声ストーリーに出てくる女性で36歳と言われ、私と結婚したいらしい。しかし、私の家の中を覗いて裸を見てしまったので、それが出来ないらしい。最後に出た言葉「じゃあ、私は割れ目にガムテープを張ってお尻の写真を撮らせてあげますよ」である。それは私のお尻を見てしまったらなのだと言う。

こちらは逆に
「悔しければ加害者である事を証明して音楽の才能のある所を証明すれば良い。知識のある学歴のある所を証明すれば良い。字がまともに読める事を証明すれば良い」
と強く伝えたい。

18:32
一日中嫌がらせをされている。本を読めば嫌がらせ、仕事もさせない、何もさせない。音声の送信も一秒も途切れない。今も「スーパージェッター」の歌をリピート送信している。

電磁波を浴びせられると思考の範囲が著しく狭くなる。記憶力も極度に落ちる。気分も悪くなる。精神的、肉体的に一秒も休まずに毎日苦痛を与え続ける悪魔。人殺しである。

すべての悪の根源は電磁波である。また、それを扱う者の心である。

私は、とんな酷い目に遭うとも、絶対に被害日記はやめない。

毎日が生き地獄なのである。

19:07
またもやテレビを聞かせないようにされている。脳内音声とは強制力がある為、全くテレビの音声を理解する事が出来ない。人間の想像力をすべて奪い取ってしまう。ただのアホにさせてしまう。言われた通りに何も考えずに行動するロボット、奴隷と同じである。

今日は月刊誌WiLLの「創価学会に宣戦布告」という記事を読んでみた。その時の嫌がらせと言ったら大変な物であった。加害者に問いたい。なぜ、そんな事をするのかと。

被害者の方にメールを出す時も酷い嫌がらせをされる。

日本は自由も人権もプライバシーもない国なのだろうか。

酷いストレスである。加害者は人殺しである。

19:36
夕食後、眠いので目を瞑って横になっていると、被害者の実名を出してメールが届きましたよ、と何度も声の送信をされる。あなたに会いたいと言っている人が大勢いますよ。としつこいのでメールを確認してみる。送信される声は信用していないが、本当に着ていればその事を、嘘であればその事を、日記に報告しようと思いパソコンの前に座る。

メールは誰からも着ていなかった。

何しろ音声送信がうるさて、耳鳴り音の送信もうるさいし、顔や体をチクチクされるし、筋肉痛のように背中を痛くされるし、股間には違和感があるし。耳は痒いし、湿疹は出来るし。

24:05
脳内音声の記事です。
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html
民生化されると可能性やサブリミナル効果に関して書かれています。

先ほどまでサウナにいた。そこでも声の送信は切れないし、帰りの車の中では頭痛攻撃をされ後頭部が痛い。車に乗るとすかさず、カーステレオで聞いていた曲のリピート送信をされる。信号が赤になる度に「ざまあ見ろ」と罵声を浴びせる。帰宅後パソコンのスイッチを入れると更に首の後ろが硬直し、肩こりが酷くなり、腕の筋肉がピクピクと痙攣する。最悪である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる