記憶障害と思考能力の低下

電磁波による脳の遠隔操作犯罪では記憶障害、思考能力の低下、想像力の低下、などの被害があるが、記憶障害は思い出すことが出来なくなったり、記憶することが出来なくなったりする。しかも、例えば同じ時期の記憶がすべて思い出せなくなる訳でもなく、記憶することが出来なくなる訳でもない。

よく判らないが、加害者が意図した記憶に対してのみそのような被害を負わせることが出来るようだ。また、何か思いついた時なども瞬時に記憶を消されてしまう被害もある。そして、思考能力の低下や想像力の低下、ある意味感情などについても記憶と関係があるのではないかと、記憶を頼りにしている脳活動は多いと思っている。

23:05
上記のような記憶に関する被害は大分前から日常化している。記憶には映像記憶というのもあり、そちらの被害も映像の送りつけというか思考のトレースのように日常的に行われている。

また、五感の操作も日常化していて、五感などを知覚し難くされているように感じている。それには不快感が伴い、その不快感の度合いは加害者によって調整されていて、知覚しようとすれば、するほど不快感が強くなってきて、強い怒りと共にヒステリーのような感情が湧き上ったりする。特に聴覚と視覚であり、何かを思い出そうとする時にも、そのようにされる。

また、何か物事に対して意識を集中して向けようとすると舵の重い船のように、これからやろうとしている事に対して意識が向くのに労力を要する被害が日常化している傾向がある。逆に一旦、そこに意識が集中してしまうと別の用件が発生しても、その用件に対して瞬時に気持ちを切り替えられなかったりする。

そんな状態で仕事をして夜はサウナに行ってきた。被害はそれほどのものではなかったが、やはり自由にものを考えることが出来なくされていて、開放感がない。肉体的にも筋肉の軽い痛みや凝りが発生していて、どのような動きをしても気持ちが良くなることはなく、それも不快感と開放感のなさに繋がっているのだと思う。

声の送信も全く途切れることがなく、、、、、ここで鼻を痒くされると同時に瞬時に記憶を消されてしまい、何を書こうとしていたのか判らなくされてしまった。通常はタイプをしながら頭の中で次の言葉が浮かんでいるのだが、それを消されてしまう。

昨夜は何度も目を覚めさせるという睡眠妨害をされた。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる