予感という被害

「予感」がするという被害があると聞くと、多くの現象に対して心当たりのある被害者の方がいるかも知れない。しかし、もっと現実的な「予感」被害として、例えば、手に持っているものを落としてしまうのではないかと思って不安になってしまう被害がある。それは、筋肉の遠隔操作によってコントロールを利かなくされてしまえば持っている物を落としてしまうだろうと想像は出来るのだが、本当にそうなってしまいそうだと感じてしまうのが変であり、そのような「予感」がなぜ発生するのか判らない。

24:00
日常化している被害が継続していた。脳内音声による歌のリピート送信、声の送信。思考の誘導。記憶障害、思考能力の低下、聴覚の変調、視覚の変調、嗅覚の変調、疲労感、筋肉の痛み、お腹に空気を溜める、座ると足を組みたくなる、首の後ろの硬直、頭部圧迫感、息苦しくなる操作、意識障害のような知覚に対する妨害など。

激しく攻撃をされてはいなかったが、確実に不快であり、能力が低下している状態が維持されていた。そんな中で休日でなければ出来ない雑用を一日していて、先ほどすべてが終了した。

これらは他人が絡んでいないので大きな問題にはならずに我慢をしていられたが、仕事や音楽など他人が絡んで来ると、能力の低下や不快感を受けていることが浮き彫りになり表面化してくるし、加害者も陰湿に様々な妨害をしてくる。少し遅くなってしまったのでこのくらいにする。

17日1:05
最近は記憶障害という被害が酷いのでツイッターにその都度被害報告をすることにしている。そうでないと後から思い出して書くことが出来ない。それとマインドコントロールにより被害報告をさせない被害もある。

ところで、脳へのアクセスというテクノロジー攻撃は子供へも行われているようだ。もし、そうだとすれば全く関係のない所からの影響を受けて人格を作られてしまうことになる。人権を完全に無視した生体実験の材料のように扱われている可能性の否定は出来ない。

いつまでも、この犯罪を野放しにしていると

名実ともに人類最悪の犯罪にしてしまう事になるだろう。

悪魔のテロリストは「本当にそのようにしてやるよ、書いた通りにしてやるよ」と声の送信で脅迫をしてくる。これは事実として、「諦めさせられる」という攻撃の種類であり、犯罪を野放しにしているからそのような状態に被害者が追い込まれてしまっている。

寝る。

COMMENTS

No title

こんにちわ
いつも拝見させてもらってます
これだけ毎日書かれている被害者も珍しいです

みな攻撃に耐えられなく離脱するのが普通ですが、頑張ってくださいね

あと彼らの送信内容はあまり脅迫とかあっても事実とは関係なく自身の発言を狂わす意図が多くあります

相手はわかってるので気長に時期を待つしかないかもしれません

それまで着実な行動を取るのが先決だと思います

つまり普通にマスコミでも取り上げて証明されてるレベルにあげる犯罪に認識してもらうべきです

わたしに危害を加えてくる人も全部わかってます

かなりの嘘つきなのでみなに普通に話します

この人が嘘つきだと自分で自分を占めるわけでそれを全国単位でやられれば逮捕することが出来るはずです

頑張りましょう

数少ない生き残りみたいな感じですね

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる