仮想記憶

もし、遠隔操作被害の人が強い記憶障害を起されていたり、思考範囲が狭かったり、声の送信による思考のなぞりなどが行われているのなら、また、イメージ映像が自分の思考に沿ってリアルタイムで送られてくるのなら、仮想記憶という被害があるのかも知れない。

仮想記憶は、装置の中にデーターとして蓄積された日常的な行動への思考や過去の記憶などに対して、遠隔より脳をセンスして脳活動の状態により装置に蓄積されているデーターの中から自動的に選択されるようになっている。何を意識するかで装置から記憶のようにデーターが送られてくる。

こんな事を考えてみたのだが、通常は送りつけられるデーターとは声であり、イメージ映像も送られてくることがある。ここで、大きな問題となっているのは、次々にデーターを送られてくると、次々に自分が連想しているように感じてしまう場合があるのかと言うことで、もしかすると声の送信と共に脳に何かの信号を送りつけられるとそのように感じてしまうのかも知れない。

23:52
今日は一日中、頭がボケて、疲労感が強く、なにも出来ない状態だった。脳内音声による歌のリピート送信も途切れる事無く続けられていた。記憶障害も瞬間的に忘れてしまったり暗算が出来なくなるような状態ではなく、少し時間が経つと忘れているような状態だった。しかし、それは常に同じ状態が維持されているのではないので説明が難しい。

また、平衡感覚の変調や低周波で脳が揺らいでいるような感じが強く、それこそ知覚の遅延フィードバックが行われているかのようだった。しかし、被害の基本は記憶障害であり、開放感のなさ、思考範囲の狭さ、想像力の低下であり、楽しくならない、不快感の強い状態だ。何か体が俊敏に反応しないような状態でもあった。

このところは感覚の鈍った被害が多い。

このように能力の低下した状態を維持されてしまうと、そのような人とか、病気の人、のように思われてしまう可能性があるので非常に迷惑をしている。しかし、他人が私に対して何を思おうと関係はなく、自由と人権とプライバシーを取り戻すことが最も優先されている。

自由に考えることも、自由に動くことも出来ない。

こんな状態では生きている意味がなくなってしまう。

脳の遠隔操作が野放しにされている事実がある。

寝る。

COMMENTS

No title

こんにちは。私も耳印さんと同じ事をかなり以前より考えていました。私の思考にあわせてコンピューターより思考を送信してきているというのは実際にあるのではないでしょうか。こちらの考えにあわせて送信するにしても行動を取らせるにしてもコンピューターによる正確さと速さでないと考えられない時があります。一日でも早くこの被害から抜け出したいですね。

No title

たった今コメントさせていただきましたが、思い出したことがありましたので、補足させていただきます。

某携帯のCM(犬が出るやつ)で、扇風機に向って「われわれは宇宙人だ」というせりふで、「扇風機に声を出したら震えるんじゃないの?」と言ったすぐに、声が震えだしました。
また、普段、車の移動中に、吹奏楽の音楽を聴いているのですが、今日、テレビのBGMで、マニアックなコンクール課題曲が流れて来ました。
「高度な技術への指標」という曲です。20年以上前の課題曲なんですけどね。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる