脳への攻撃が目立つ

23:52
睡眠妨害はそれほどでもなかったように思う。目覚ましが鳴る少し前に目が覚めるという被害は良く知られてる。目が覚めるとすぐに声の送信で、私が社内で笑いものにされている、などのような内容の声の送信が始まり、コーヒーを入れて顔を洗い、着替えるまで40分くらいの間、延々とそのような憎まれ口を聞かされていた。その時に強い怒りの感情や憎しみを発生させる信号が送りつけられている。うがいをしようとすると吐き気を起されて大変な思いをした。

このところの被害傾向として記憶障害、意識障害、知覚障害、五感の変調、筋肉の操作、痛み、などが常に不快になるように行われている。各々については詳しく説明しなければ判らないと思うのだが、自然な感覚、自然な思考、自然な感情などはない状態と認識している。場合によっては思い出す事が出来ない状態にされたまま声の送信などによる思考の挿入によって動かされているとも考えられる。

では、全く自分の考えや感情は存在しなくなっているのかと言うとそうでもなく、途切れる事無く送りつけられる悪意を持った出力の合間をぬって自分なりに考えて行動をしているのだが、そのすべてに声の送信で干渉をされたり、上塗りをされたりして自分の思考と送りつけられた思考の区別が付かないようにされている。そのために記憶の消去や偽の記憶を送りつけたり、絶え間ない歌のリピート送信をしたり、様々なかく乱行為をしてくる。しかも、その裏では常に脳の遠隔操作という知覚しにくい、或いは、知覚することの出来ない信号が送られ続けているようだ。或いは、脳が(自分という人格が)思ったように機能しないという不快感を常に感じさせる拷問としてそれらが行われているのかも知れない。

記憶の消去や偽の記憶を想起させることは大変な悪である。

また、心拍数を上げて慌てて何かをやらされてしまう被害も多発しているので仕事の上でのミスが多い。そして、声の送信で、そのミスが原因で社内で大笑いされているぞと言ってくる。攻撃の基本は常に苦痛と屈辱を受けさせることであり、目に見えない電磁信号のために他者には理解されず、本来敵は姿を見せないテロリストであるのに、その送りつけられた強い怒りと憎しみの感情を周囲にいる人間に向けさせようとする。

ここまで書いてくるのにも強い記憶障害を中心とした脳への攻撃のために大変な苦労を強いられている。

話を戻すと、自分で考えたり、感じたりすることは出来るのだが思考や感情の及ぶ範囲を非常に狭くなるように遠隔操作をされていて開放感がなく強迫観念のようなものを発生させられている。それは非常に厳しく制限されていて自己の内部に於いてまずそのような状態であり、対人関係に於いても決して本来の自分の姿を出せないように操作されてしまい、人間関係の範囲や他人と接触する程度にまで制限を掛けられてしまう。その方法としては人と会うための思考が発生しないようにされたり、会うと著しい不快感が発生してその場に居られなくされたりする。

夜は楽器の練習をしていたのだが、やはり激しく妨害をされた。その基本は、やはり「みんながお前の練習に注目しているぞ、嘘だと思ったらドアの向こうを覗いてみろ」のように執拗に声の送信をしてくる。勿論、脳機能の低下や運動機能の低下など音楽の妨害をするために開発された様々な遠隔操作をされて自分の能力を発揮出来ないようにされ、集中力もでなくされている。そして、人が聞いている状態を仮想的に作り上げ周囲の人間に笑いものにされているぞと声の送信をされ、強い怒りと憎しみを送りつけて来る。

ここで事実上能力の低下を起されているのが問題となる。

楽器の練習で大切なのは自分で出した音の確認と感触である。そのどちらも遠隔操作により奪い取られているので大変な苦労をする。耳で聞いて体で感じる、そして意識の中でしっかりと覚える。覚えるまで繰り返す。ここで聴覚の変調、感覚の変調、筋肉の変調、意識の変調、記憶の消去が行われると全く練習にならなくなってしまう。ここでも自由意志による練習が出来なくされている。しかも、不快でたまらないようにされるので楽しくはならない。

人間機能を丸ごと遠隔操作出来るので当たり前の被害報告ではあるが、その陰湿・執拗さ、被害者がどれほど苦しめられ続けているのかを少しでも説明できたらと思っている。

本当は被害の説明をするのには大量の文章が必要になってしまうと思うのだが、時間もないし脳を攻撃されているのでこれだけでも頑張っていると思っている。

拷問洗脳という極悪犯罪を野放しにしないで欲しいと思う。

30日2:14
記憶の消去が激しいが、例えば何かを閃いたような感覚を発生させて思考を挿入すると言う手法も行われるかも知れない。また、声の送信を聞かせている時に、人が納得をして何かを受け入れる時の脳波を送り付ければ、洗脳をする為の語りかけだと判っていても受け入れてしまうかも知れない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる