朝起きるつもりは毛頭ない

23:03
昨夜も帰宅後は拷問被害が続き寝るまで苦しまされていた。寝る時まで攻撃は続いていて激しいストレスを溜めたまま我慢をして寝る。その攻撃は鼓膜が詰まったようになり不快になるノイズを送信され周囲の音が良く聞こえなくなる被害と、お腹に空気を溜められて呼吸が苦しくなる被害が主だ。特に精神拷問として、やり場のない怒りが止め処もなく送られて来るものと、耳が煩くて不快で堪らなくなる信号の送りつけが酷い。

夜はそのような攻撃が続けられるのでどうしても就寝が遅くなってしまう。そこで加害者が利用するのが「世間体」であり「朝、起きられないで笑われろ」というものだ。昨夜は寝ている時にも様々な攻撃をされたので、頻繁に目を覚めさせられた。しかし、強い眠気があり目が覚めても目が開かないですぐに眠ってしまう。

また、暑くて汗びっしょりになって目が覚めるというのがあったが、寝ている時でなくても、例えば上半身だけが暑くなり汗をかいてしまう被害がある。逆に妙に冷房が効いて寒くなる被害がある。どれが本当だか判らなくなってしまうのは、味や匂いの被害に似ている。皮膚の表面の感覚を変えてしまう被害もある。

そのような睡眠妨害をされて何年もの間、まともに眠れたことなどなく、連続で4時間程度しか眠らせてもらえない状態であり、強烈な脳への攻撃と感情の遠隔操作に耐えている毎日なので、世間体などを気にして苦労を増やす必要などないと思っている。それに対して他者に説明をする必要もないと思っている。

なぜなら、音声送信者は何か少しでも気にしている事があると、そこを集中的に狙って声の送信や感情の遠隔操作で攻めて来るからだ。気にしていない事までも無理やり気にするようにさせるマインドコントロール被害は余りにも有名であり、電磁波攻撃を受けている被害者はほとんどがそれをされている。

従って、見えない敵と真っ向から戦うのは無駄であり、本来ならば広報という形で加害者でない大多数に目を向けて加害者の立場を悪くさせるべきなのだが、マインドコントロール被害の恐ろしい所は、どうしても見えない加害者を相手にしてしまうように誘導されてしまう所だ。

そんな訳で、わざわざ加害者に対して、目覚ましをセットしないで寝るという抵抗をする時がある。この「何がどうなっても全く構わない、やるならやりたいだけやれ、その代わりそれを公表する」という考え方も必要であると思っている。なぜならば、子供が電磁波被害を強く疑いたくなるような現象に晒されていて、その為に自分が加害者の言いなりになってしまったり、それを心配する余りにノイローゼになってしまったりする事だってあると思うからだ。

私は、この犯罪がどれほど残忍で殺意に満ちているかを知らせたいと思っている。絶対に攻撃を止める事はなく、武器による途切れることのない激しい暴力によって被害者を黙らせようとするだけだ。人を殺してもなんとも思わない狂人がやっているとしか思えない。それほど被害が酷い。

先日に受けた被害で視覚の遠隔操作と記憶の消去を組み合わせたものがあり、自動車を運転中に広い交差点で左右を確認してからゆっくりと右折をしようとしたら、すぐ右に自動車が走っていた。確認した時には確かに何も見えなかった。めったに車が通らない道であり、慌てる必要もなくゆっくりと走っていたので何の問題もなかったが、運が悪ければぶつかっていたかも知れない。視覚の遠隔操作は複雑なので説明は省く。

もう一つは、信号が近くにあり、急いで発進をしたくなるような道路での出来事だが、確かに確認をして十分な間隔があると思って交差点を左折すると、いきなり自分が確認をした事を忘れさせられてしまいドキッとしたことだ。そのような記憶の消去をやられると自分のやったことに確信が持てなくなってしまい、絶対と言い切れなくなる事がある。

今夜も拷問被害が行われかなり苦しまされている。やはり細かい被害はツイッターが最適と思われ、何処にいても携帯電話から、その時間に被害の報告をする事が出来る。しかし、たまにツイッターへの接続が出来なくなる事がある。

6日1:51
今は、三大拷問被害となっている、お腹に空気を溜める、耳が異常に煩い、止め処のない怒り、が弱くなっているが、筋肉の深い部分が硬くなって痛い状態だ。自然現象でも経験しているが遠隔操作被害だと思う。なぜなら、唾液を飲み込むと、その部分(首の後ろの筋肉と肩)が痛くなるからだ。

この武器による激しい一般人への攻撃、

これを無視している政府の気が知れない。

寝る。


3:15
眠らせない拷問を受けているので、まだ一睡も出来ていない。

COMMENTS

No title

あなたは電磁波が届かない程遠くに逃げたり(海外)とか、電話を圏外にする装置を使ったりした事はないんですか?

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる