陰湿かつ執拗な音楽妨害

この被害は生活のすべてに関して妨害をされ続け人間としての自然な感覚などをなくしてしまうように行われるのだが、一人で始めて一人で答えを出さなくてはならないもの、妥協をしたくない物の場合は大変な困難に晒されてしまう。例えば読書、読むのは自分であり理解するのも自分である。しかし、完全に理解したり知識として記憶に留めるとなると到底無理なので諦めるしかない。

私はこの被害に遭ってから本を何冊も買ったが全部読むことが出来ていない。それは激しい妨害のためだ。怒りを送りつけられて本を壁に叩きつけてしまった事もある。その内にすぐに忘れてしまってもかわない、内容をよく理解出来なくてもかまわないと思い読み出したら、今度は読書を始めると強い眠気に襲われてしまい読むことが出来なくなった。

ところで音楽妨害だが、まず日常的に音楽を聞くことが出来なくされてから数年経つ。何をされるのか説明をすると大変な量になってしまうのでやめるが、音声送信と脳への攻撃をされ、最後は暴れだしたくなる衝動を起されるので聞くのが嫌になる。

音楽は自分の生きがいであり、目標があるので妥協をしたくない。だから音楽を聞く時には集中をして誰にも邪魔をされないで聞きたい。自分は演奏をするので、その参考になるようにコピーをしたり、イメージを思い浮かべながら聞く。しかし、精神への介入はそれをさせないし記憶障害は曲を覚えることをさせない。また、ただ聞き流しているだけなのに楽しくない音楽だと感じさせられてしまったり、聴覚の変調で聞きにくい音に変えられてしまう。

こんどは楽器の練習になるのだが、聴覚の変調で現実とは違う音に聞かされたり、音が煩くて堪らなくされたりす。また、気分が乗らなくて楽しくならないようにされたり、記憶障害で練習フレーズを思い出すことが出来なくなったり、想像力の低下によりフレーズが展開しなくなったりする。

また、異常な疲労感やどこかの筋肉の痛みなどを起されたりする。筋肉の一部が動かなくされる被害や、勝手に動いてしまう被害、体に力が入ってしまい動き難くなる被害などがあるが、大きな筋肉の遠隔操作から指一本を僅かに普段とは違うようにされてしまい、そのためにコントロールが聞かなくなる被害もある。

酷いのは脳神経の遠隔操作であり、瞬間的に記憶を消されてしまうと、それまでの流れと同じ自然な流れで演奏が出来なくなってしまうし、そのような遠隔操作を続けられると何をしているのか判らなくなってしまう。それと瞬間的に意識を失ってしまう遠隔操作があるようで、意識を失った瞬間に勝手に体を動かされていたりすると自分の自覚は全くなしにリズムが狂ってしまったりする。

思考能力が極度に低下させられている時などは、声の送信で自分がするべきフレーズを聞かされると、ついそれをやってしまう被害がある。心拍数の変化や脳の遠隔操作のためにリズム感を変えられてしまう被害があり、全くリズムが一定しない演奏をさせられてしまったことがある。リズムを狂わせるには筋肉の遠隔操作も使われたりする。

当然、著しい不快感に襲われたままの状態でやるので苦しみながら音楽をする事が多くなる。偽の満足感を送りつけられて満足してしまう事もあるのだが、実際の演奏を確認するために録音したものを聞くと、判断力の低下などを起され、その他の妨害も含めまともに聞くことをさせないので現実が判らなくなってしまう。

なぜ、このような日記を書いたかと言うと今日も楽器の練習の時に激しく妨害をされて暴れだしたくなる衝動を延々と起され、何度も練習を中断させられてしまい、最後は自分が本当にやりたい練習が出来ずにひたすら我慢をしていたからだ。

どんなに腹を立てても、何をしても加害者が攻撃を止めない限り人間としての自然な姿を取り戻すことは出来なく、すべてに於いて不本意なままに生きていくしかない。

最後に、上手い下手ではなく、全く楽しくならないという感情の操作をされると演奏そのものをするのが嫌になる。これは音楽だけではなくどのような場面でも同じであり、史上最悪の人権侵害としての犯罪を一日も早く止めさせて欲しいという所だ。

いまも攻撃を受けていて強い不快感に晒されている。

25日1:51
このところ、考える事が出来なくなる脳の遠隔操作が強く、声やイメージ映像の送りつけがその代わりをしているような状態だ。簡単に言えば加害者に脳を乗っ取られていることになる。だからと言って生活に著しい支障を来たすことはない。そして、その状態を嫌だと思うと攻撃で苦しめられることが多い。

例えば、「明日は休みだから何をしようかな」という所に考えが行かない。その日、その時を凌ぐのに精一杯なのだろうか。本当に酷い犯罪だと思う。

脳の遠隔操作は殺人と同じだと思う。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる