痛い被害が新たに追加

23:48
昨夜も睡眠妨害をされた。最初は寝させないようにされていたが、知らない内に眠ってしまった。その始まりは、寝る前に怪我をした足にシップを貼ろうと思っていたのだが、記憶障害と声の送信などの連続攻撃のために忘れてしまい床に就いた。すると声の送信で「シップを貼りなさい」と言ってくるのだが、声の送信の指図を受けているようで気が進まなくて意地でもそのまま寝ようとすると「シップを貼るまで眠らせないぞ」と言われてそのようになってしまった。

眠ったのは3時を過ぎていたと思うのだが、朝は6時半頃に目を覚めさせられてしまった。そして「どうだ、この時間からもう一度寝るか」と声の送信をされたので目覚ましを1時間遅らせて、意地で寝た。普段は忘れてしまうので書かないが、睡眠妨害を受けている時にも色々なやり取りがある。

起床すると左の背筋の横というか肩甲骨の横に筋肉痛のような痛みが発生していてかなり痛い。その他何かをされているようで呼吸が苦しく肩で息をするような状態になり、そうすると背中の筋肉が痛くなるという被害が発生した。痛みに関しては、本当にあちこちの筋肉に圧迫痛のようなものや偽筋肉痛やひきつりによる痛みが発生しては消えたりを繰り返している日常である。

口の中が痛くなるという被害があるが、舌を噛まされてしまってそれが傷として痛む場合と偽の痛みを発生させられる場合がある。肩や首の強いコリなども痛みの部類に入るだろう。

昼間は、記憶障害(被害形態の種類は多い)と思考能力の低下、想像力の低下が酷く考えが進まなくて大変に苦労をさせられた。計算などの頭を使う仕事をしようとすると急に考える事が出来なくなる傾向があり、ある一定の範囲から思考が外に出ないようにされていると感じた。そこから抜け出すにはひとまず行動に移すという方法があるのだが、身体の疲労感などが強く決断力が鈍ったりして行動に移るまでに時間が掛かってしまう。

また、行動に移った後も脳への攻撃の為に思考能力が低下していて、場合によっては強い不快感とか嫌悪感を発生させられたり、声の送信や身体や五感への攻撃により集中力を削がれる。さらに、集中力そのものが出なくなる操作も行われるので目的を遂げるまでには数十倍の時間が掛かる。酷い時には諦めなくてはならなくなる。

そのように何かをさせないという攻撃は遠隔監視と共に行われているのだが、目的を一本化出来なくなるというか優先順位などを決めかねる被害も発生する。考える事が出来ない被害は新しい知識を身につけたり、過去の知識を思い出すことをさせないようにしている。そんな訳で仕事の能率が極めて低下している。そのような被害は仕事だけてはなく日常生活の多くの場面で同じ状況になる。

夜はサウナに行っていたが、そこに行くまでの間にかなりの不快感を発生させる攻撃を受け苛々させられたが我慢をした。それは鼓膜が詰まったような感じや不快なノイズ、平衡感覚の変調や意識の変調、各部のひきつりや痛み、呼吸の苦しさ、お腹に空気が溜まる、強い怒りの発生などであるが、到底言葉で説明出来るようなものではない。

サウナにいる時も、声の送信、お腹に空気が溜まる、首の違和感などがあったが、視覚や聴覚の変調や強い意識の変調などがなくリラックスするような場面もあった。

今はまたそれらの苦痛に晒されている。

時間の都合上簡単に済ませるつもりだったが、少しくどくなってしまった。何しろひっきりなしの沢山の被害を説明して何が起きているのか判るようにするには大変なのである。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる