電磁マインドコントロールの報道

下記アドレスのYouTube動画では、南アフリカ共和国の報道機関がアメリカメディア作成と思われる内容の報道をしているようで、それに日本語字幕を付けて下さった方がいます。その最後には「ヨーロッパ議会はアメリカのテクノロジーによる人々の行動を操る技術を反対する条約の話し合いを求め始めています。アメリカの学者は彼らがしてきた事に付いて語り始めていますが、それが明らかになれば彼らは刑務所に収監されるでしょう。しかし、多くの科学者達は冷戦の間に資金不足を理由に政府に加担してきたのです。」と書かれています。是非、ご覧になってください。

集団ストーカーの証明18.avi


また、中国にも被害者がいるようで国連にメッセージを出すことにしたそうです。

「進む世界の認識」バッカス & ミューズ


15:55
電磁波攻撃により仕事の妨害を受けている中でとりあえず上記お知らせします。

18:20
攻撃に耐えながら仕事を終えた。脳への攻撃のために記憶障害と思考能力の低下が激しく最低限の仕事しか出来ない。昨日の攻撃を弱くした感じで、平衡感覚の変調を伴う脳の芯が痺れたような状態が続いている。鼓膜が詰まったような感じで、不快になるノイズを送られているようだ。そのためか何かが煩くて気持ちが苛々する。

今日は腰の疲労感という被害が酷く椅子に座っている姿勢が変になってしまう。うまく説明できないがパルス波で意識の変調を起こされているようで集中力が出ない。例えば、思考が出来る状態と出来ない状態を交合に繰り返しているかのようだ。集中力を出させない攻撃は様々だが、いずれにしても脳が働かなくなってしまったら記憶と深い考えを必要とする思索活動は出来なくなる。更に、疲労感が酷く肉体的にも動き難い状態だ。

あまりにも酷すぎる犯罪だ。

24:29
その後も極めて悪質な攻撃をされ続けているが、昨夜のような激しさはない。とにかく何も出来ないという状態であり、それは真の意味で何も出来ないのではなく、本当にやりたい事が出来なくされているので仕方なく他の事をしているのだが、それも心身の著しい機能低下と不快感のために、例えばテレビを見ていても半分理解できれば良いと言った感じであり、ただ時間が過ぎるのを待っているような毎日となっている。

本当にやりたい事が出来ない状態とは、思考の自由を奪われ想像力を極度に低下させられているので、夢や希望のような前向きな発想が出て来なくなり、肉体的にも痛みや疲労感を発生させられるのでストレスなく動くことが出来なくされ、聴覚を中心に酷い不快感を発生させられているので何をしても楽しくならない。それを乗り越えて何かをやっても妨害をされて怒りの感情を送りつけてくる状態だ。

毎日途切れることなく強弱こそあれ、そのような拷問が続いている。何か予定があれば、そこで何をされるか判らないという恐怖があり、それとの戦いともなっている。事故などで殺されてしまう危険だってあるわけだ。

これこそテロであり、早く禁止して欲しいと願っている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる