幅広い範囲の脅迫音声

23:52
脳内音声による喋りは被害者本人にしか聞こえないので加害者は好き勝手に喋り、おぞましい脅迫も感情の遠隔操作と共に日常的に行われている。

その内容は多岐に渡るが派手なのは「政府は見捨てておらんぞ」、「政府高官はお前を殺したいくらい憎んでいるぞ」、「公安に見張られろ」、「警察官の人権侵害を思い知れ」、「自衛隊に見張られろ」、「アメリカでもお前は有名だ」、「米軍に殺されろ」、「そのうちにアメリカから謝りに来るぞ」などである。

日常的なものでは「近所で笑われているぞ」、「社内で笑われているぞ」、「子供に恨まれるぞ」などであるが、その反対に「尊敬されて止まなくなるぞ」などと言うのもある。とにかく唐突な脅迫以外は日常生活に沿った内容で人の噂や私に対する命令のようなもの、貶し、などを私の見聞きしたものや思考を盗み取っていなければ喋れないような形で行っている。また、私の居ない場所での私に関する噂などを盛んに聞かせてきて感情を煽り言動を変えさせてしまう事も日常的に行われている。

今日は被害者の会と音楽の演奏のために午前中から都内に出掛けていた。記憶障害を起されているので、朝からの出来事を時間の流れに沿ってリアルに思い出すことは出来ない。睡眠妨害をされて、歯を磨いている時に吐き気を起された。移動中の車内でも本ではなく他人の書いた文章を読んでいると、同時読みのように私の読みに対して声の送信でなぞりを入れられる。それは漢字の読みを間違えたり、私が読みを間違えると指摘されたりする。加害者が読めない漢字の場合はなぞりはされない。

被害者の会ではそれほど強い攻撃はされなかった。音楽のスタジオでも最初は目立った攻撃が無かったが、途中で強い不快感と共に聴覚の変調をされて、それぞれの楽器の音の聞こえ方が変わってしまった。ある周波数の音が大きく聞こえたり、小さく聞こえたりのようなものだ。また、異常に音が煩く聞こえる操作もされた。

演奏妨害に関しても酷いものは無かったと思うが、私が気がつかないようなやり方での妨害を受けていたようだ。そう言った微妙な攻撃は録音したものを聞くとあまりにも不自然なので変だと思う程度だ。

脳の芯が痺れたような感じの気持ち悪さ、記憶障害、微弱な平衡感覚の変調、首の凝り、腰の違和感などが継続していたが、感覚的には演奏を楽しめた部類に入る。しかし、最後の曲だけ思考が働かなくなり酷い迷惑をした。

帰りにスタジオから出ると急に体に疲労感と痛みが発生した。脳や身体への攻撃は途切れる事無く続けられ今も拷問状態となっている。

13日2:36
その後も電磁波攻撃と声の送信による脅迫が続いている。先ほどから脳への攻撃が強くなっている。やはり音として認識出来ないような低周波の信号を送りつけられて不快になっていたり、ある種の脳機能の変調を起しているように感じる。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる