激しい脳への攻撃が12時間以上続いている

先端脳科学が、裁判を、広告を株式投資を、そして進行や戦争までを変えつつある。人の手による驚くべき"脳操作"、「サイボーグ化」する脳。驚愕の実態と近未来のすべて。

ニューロ・ウォーズ
脳が操作される世界

上記のような本が販売されているとの事ですので発注しました。

21:22
激しい記憶障害のためにどのような被害を受けていたのか良く思い出せない。電磁波による記憶障害の特徴として時間の流れと共に継続して思い出す事が出来なくなるようだ。時間感覚の喪失という被害もあるが記憶障害との関係は判らない。

今日は就寝後5時間の7時に目を覚めさせられた。時計を見ると「ざまあみろ」と決まり切ったような声の送信を受けたが起床とした。歯を磨いている時に吐き気を起されてうがいが出来なくなり苦労をした。

その後すぐに、脳内音声による歌のリピート送信が開始され、平衡感覚の変調や記憶障害、首の後ろと肩の違和感や疲労感、頭痛、酷い不快感、開放感がなく全く楽しくならない感じ、瞬間的な意識の喪失のような攻撃、視力の低下、耳へのノイズの送信、屈辱感のような感情の送信、興奮、緊張、自分の状態を強く不自然だと感じてしまう操作、呼吸困難、激しく陰湿執拗な声の送信、筋肉の痛みや引きつり、などが延々と12時間続けられていた。

上記、列挙した被害を面倒だと思わずにどのようなものだか想像をして頂ければ、どれほど激しい拷問であるか判るかも知れない。それらがほぼすべて同時に行われていたので大変な状況であった。しかも朝の8時から夜の8時まで12時間延々と続けられていた。夕食後に15分くらい眠らされてしまい、目が覚めてからまた拷問が再開されている。

その中で特に酷いと思ったのは平衡感覚の変調と共に行われる瞬間的な意識の喪失である。例えば1秒間に3回程度細かく揺さぶられるような平衡感覚の変調があり、その時に意識を失っているように感じる被害だ。上下に揺さぶられたとすれば下に落ちる時に瞬間的に意識を失っているように感じる。

それと著しく不快に感じる信号を送りつけられる被害で、何故か細かい振動のようなものを頭部に感じたり、耳に低周波のような音を感じる時が多い。耳が異常に煩く感じる被害とも似ているが別のように思う。

それと開放感がなく全く楽しくならない精神状態にされ、無気力になってしまう。顔つき、特に目が虚ろになるなどの操作もされるので他人から見るとうつ病のように見えるかも知れない。また、何かの出来事に反応するというか対処しようとすると強い緊張感が発生したり、興奮をさせられてしまう。

それらの攻撃は遠隔監視により、その場の状況に合わせて行われるのだが、屈辱感を強く受けさせる為に声の送信による憎まれ口を延々と聞かされる。記憶障害が酷いために次に取るべき行動を忘れてしまったりするのだが、その時に声の送信で思い出させてきて、しかし、その行動を取ると別の被害を受ける事を暗示してくる。

それらはほとんど対人関係を悪くさせる為に行われているので結果として変な人間だと思われるようになってしまう。しかし、仕事であるので被害を受けていても行動をしないわけにはいかない。やはり周囲に敵を作るように操作されているのだろう。

この史上最悪の犯罪について広報をしたいと思っているのだが被害が酷くて出来なくされている。この程度の被害日記で何か伝える事が出来れば幸いだと思っている。とにかく心身共に不快でたまらない。

6月1日1:12
激しい攻撃は弱まってはいるが、後頭部の違和感と思考能力の低下が著しい。やはり、そのような被害の延長にあるのが疲労感というか活力が出ない感じだ。文字を読んだり、新しい事を考えたりする事に対する妨害が続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる