忙しくて更新の時間がありません

20:14
昨日から仕事が忙しく、手を洗う暇もありません。これから夜の部があるので片道180キロですが運転しなくてはなりません。電磁波攻撃は陰湿な形態をとり、そのような状況に便乗するかのように苦しめるのは被害者の方ならご存知でしょう。

24:56
激しく脳や身体を電磁波によって攻撃されながら高速道路をひた走り荷物を届けて直ぐに引き返して帰宅した。途中の攻撃は交通事故を起こさせるのに十分なものであった。隠蔽されたテクノロジーで被害者を自殺・発狂に追いやる殺意あるテロであることは間違いない。

まず、日常化した途切れることのない音声送信、記憶障害や筋肉への痛みなどの被害とマインドコントロールを受けている。従って何をされるか判らないという不安な気持ちは出掛ける時には常に発生する。また、無口な被害者になっていれば酷い攻撃を受けないのではないかと言う期待感、これは常に裏切られている。そして、被害に対して無口にさせられてしまうマインドコントロールである。

運転中は「公安が付けて来ているぞ、スピードを出すのを止めたまえ」なんて延々と聞かせていた。視野が狭くなって一点しか見えなくなる被害、視力が極度に低下する被害、距離感がなくなったり、スピード感が変わってしまう被害も受けた。また、注意力がなくなる被害もあった。

まず、車の椅子に座ると視線の高さが変わって感じたり、腰骨の筋肉の操作で座る姿勢を変えられてしまいシートの角度を変えたくなったり、背中が曲がってシートに当たって痛くなったりしてすわり心地が異常に悪い。また、やや心拍数が高くなり疲労感がなくなってしまいひたすら目的に向かって走った。勿論、自分の中には目的がはっきりしていて早く目的地に到着したいのだが、反対に使命感などがなくなってしまう操作もある。

走っている時は鼓膜の詰まりが車を追い越す度に行われて不快だった。ノイズの送信も行われていたので耳は常に煩い状態だった。山道に入ると、急に眩暈のような平衡感覚の変調、瞬間的な意識の喪失のような被害又は、瞬間的な記憶消去による景色の急変などが行われ危なくてスピードを出すことが出来なかった。しかし、声の送信により挑発をされるし、やや感情を興奮させられていたので、対加害者ということで無理のない範囲で頑張ってスピードを落とさずに運転をした。また、周囲の事が気にならなくなると言うか気にする事が出来なくなる被害を受けていたので周囲の様子などを感じ取る事が出来なかった。

視野が狭くなる被害と記憶障害のような脳の操作により景色を見る事が出来なくされていた。一度だけ道を間違えてしまったが目的地には予定通りに到着した。帰りも声の送信で「事故を起こさせてやる、お前の最後は死だ」などと散々脅迫をされ続けた。

声の送信により呟かされてしまう被害が日常化されているので、たまにはそれをしないようにと頑張って呟かないでいると、加害者はそれこそこの世の終わりのような醜い言葉の連続で私を罵り続けた。1時間ほど加害者の罵りを聞き届けてあげた。途中で、舌に刺激がある声の送信をされて無理やり呟かされそうになったが、それでも呟かないで居ると、こちらの舌の動きを瞬間的に盗み取って、その瞬間的な舌の動きから始まる言葉を勝手に送信して来た。それはあたかも自分で考えた思考のように感じてしまう。

そのような状態の時には全く考える事が出来ないようにされているので、何かを考えようとするとそれよりも先に加害者が何かの言葉を聞かせてくるので完全な一方通行の攻撃により徹底的に洗脳されてしまう。結局、それを防ぐために声に出さない呟きを毎日繰り返している。

いずれにしても電磁波による遠隔攻撃は無抵抗の被害者を武器の力で強引にねじ伏せて「ざまあみろ」と言うのを延々と途切れる事無く繰り返している犯罪である。

とにかく早く帰宅して被害報告がしたくて我慢に我慢を重ねて運転をした。我慢をしていると「君は偉い、我慢強さ日本一だ」と言ってくる始末だ。帰りには激しい怒りを発生させられて事故を起してしまいたくなる自殺誘導のマインドコントロールを受けた。筋肉の操作により歯を食いしばるようにされたり、顔の左半分が引きつっていた。

時間がないので走り書きになってしまった。

25日2:23
例えば、上記アップ後に声の送信で「お前のブログは過激すぎる、閉鎖させてやる」などと声の送信で脅迫される。そして風呂から出ると強い吐き気を起させて「明日の朝、目が覚めた時にゲロを吐かせてやるぞ」と脅迫してくる。この攻撃の上乗せをされたら全く何も抵抗する事無くやられたままになってしまう強力な遠隔操作装置であり、武器による激しい暴力と脅迫をされている。

こんな犯罪を野放しにしているのに問題がある。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる