罪悪感と自己嫌悪を植えつける犯罪

22:09
脳内音声を使った声の送信では盛んに罪悪感を植えつける為の語りかけや脅迫が行われる。声の送信は一日中ひっきりなしに喋っているので確認する事が困難な自分がいない場所での噂や明らかに嘘と判るようなもなど沢山聞かされる。しかし、罪悪感を植えつけたり、自己嫌悪になってしまうような人の弱点を突いたような語り掛けは全くの作り話ではないので不安になってしまったり、精神的に追い詰められたりするので、言動に影響を来たしてしまう。

しかし、それらは本来この犯罪の被害を受けていなければ全く問題なく普通に生活していた筈であり、この犯罪に寄って人生を狂わせられ、生活を破壊され、弱点となるような部分を強制的に作り出されてしまったので、自己嫌悪に陥る理由など全くないのである。

加害者の声の送信は終始一貫して自分達の犯罪の事を完全に棚に上げてしまい、攻撃をする事が当たり前のような所から始まっている。そして、それに利用するのがこの犯罪に対して多くの他人が理解出来ない事と、電磁波攻撃を受けたからそうなってしまったと言う目に見える形が無いことである。

極端な例で言えば、意識を失って階段から転落させられても他者には足を踏み外した程度にしか見えないかも知れない。日常的に行われているレベルでは脳機能の低下や身体機能の低下により本来持っている自分の能力を発揮出来なくされたり、酷い不快感や意識誘導により偽の人格を作られてしまい対人関係に悪影響を及ぼしたりする事だ。

また、世間体と言うような物の見方をすれば、途切れることのない被害を受け続けていれば悪い噂が出たり、評判を落とすような事が実際に起こる訳で、被害者だけではなく家族にも影響が出る。さらに家族にも電磁波被害が及ぶ事もあるようだ。そう言った電磁波攻撃によって作り出されてしまった数々の問題を加害者が罪悪感を植えつけるような形で「お前が悪いからだ」と声を聞かせてくる。

精神介入形の攻撃では、被害者の性格により起こった事柄について介入されてしまい自己嫌悪のような状態を作り出されてしまう。誰でも多少は自分の言動や性格を客観視して他者と比較し、場合に寄っては修正をしたりするのだが、通常は大きな出来事が無い限り何も考えずに通り過ぎてしまう。しかし、何かある度に声の送信により「相手の気持ちを考えろ」などのように介入される。酷い場合は、自己嫌悪を作り出すために電磁波攻撃をしたりする。


22:59
起床時より日記タイトルが見つかるまでに12間、文章を書き終えるまでに50分掛かっている。こう言った被害内容は精神病と判定される可能性があるのだが、一応、脳のMRIと脳波の検査を自分からお願いして行い、正常と判定された。また、非公式に鑑定と言われるものをやってもらい精神疾患との関連性はないと判定された。また、甲状腺ホルモンが幻聴や幻覚と関係があるらしいと言う情報があったのでそれも調べたら正常値であった。それらの検査中も被害は継続していた。

昨夜は2時過ぎに就寝したが朝の7時頃に人工夢を見させられて目が覚めてしまった。「さあ起きよう」なんて声の送信をされたが、もう一度寝て11時頃に起床した。最初は声の送信の口数が少なかったので自然に何かを考えていたようだが、すぐに声の送信による考える事に対する妨害が始まり、考える事ができなくなってしまった。途切れることのない思考介入の声の送信の被害を受けている人は常に自由にものを考える事ができないはずだ。

その後次第に攻撃が強くなり強い不快感に襲われていた。良く判らないが聴覚に不快になる強力なノイズを送信されているのではないかと思う。不快感を発生させる攻撃については他にも沢山あるのだが、身体に対する痛みや疲労感、視力の低下なども重なって不快にされている。そのために活力が出なくなり必要最低限の事しか出来ない一日となってしまった。

これ以上被害日記を書いても仕方ないので止めるが、この時間までに何度か耐え難い苦痛と激しい怒りに襲われる場面もあった。首筋の硬直や違和感、脳の芯が痺れるような感じ、筋肉の不自然な痛み、お腹に空気を溜められる、呼吸困難、などで肉体的な苦痛と精神的な苦痛と両方で攻められた。

15日2:24
その後、音楽を聞きだすと声の送信による憎まれ口を聞かされ、腹の底から湧き出てくるような怒りを送信され、激しく暴れ出したくなる衝動を起こされた。何故かたまには壁を叩いてストレスを発散してみようと思いやってしまった。心拍数を上げられ激しく怒っているような強い興奮状態を維持されていた。

やはり対象となるのは姿を見せないテロリストと言うことになる。誰が見ていようと、相手は見えない敵ということになってしまう。そいつらに対するパフォーマンスをやらされてしまったと言う感じだ。

遠隔から他人を操って犯罪を起こさせるテロと言いたい。

その為に就寝が遅くなってしまった。

寝る。


4:23
眠らせないない拷問を受けている。脳を覚醒させられ、心拍数をあげられている。呼吸に合わせて歌のリピート送信をされているので著しく不快だ。声の送信では脅迫の連続。

室温は18度あるが寒くて体が冷えてしまい震えがくるほどなので電気毛布をかなり高い温度で使っている。それでも体が暖まらない。
声の送信による語りかけとともに暴れ出したくなる衝動を起こされている。自分の体を傷つける自殺誘導が行われている。

一体このテロリスト達はこのやり方で何人殺しているのだろうか。

5:28
まだ眠らせない拷問が続いている。暴れ出したくなる衝動も起こされている。

今年の一月にこの電磁波テロに対する要望書が国連本部にて受理されたことをお知らせします。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる