ツイッターでの被害報告

最近、少しづつツイッターで被害報告や情報発信をする人が増えて来ています。ツイッターはその瞬間、その時に起きた事を呟くのに適しています。しかし、たまに通信妨害でしょうか、接続できなくなることがあります。ツイログというのに登録すれば日付ごとに呟きが纏まってブログのように見やすくなります。


8:40
目覚ましが鳴る前に起こされて脳内音声による歌のリピート送信が始まった。体のあちこちに連続で痒みを発生させられた。「起きろ、起きろ」と声の送信をされる。その時に暴れ出したくなるほどの強い怒りを発生させられた。しかし、眠気が強く人工的な眠気のように感じた。

携帯電話からツイッターに接続しようとすると何度やっても「混雑しています」になってしまい繋がらない。「ざまあみろ」と声の送信をされたが、その時に、悔しくて堪らない気持ち、というのを送信された。良く送信されるのだが、胃から発生しているような感情は今までに体験したことのない悔しい気持ちだ。

携帯電話を操作している最中に記憶を消されたと実感できる何かを感じた。脳の操作をされると感じ取ることが出来るのかという疑問もあるが、記憶というのは常に意識と通信のようなものをしていて、他の事をやっていても無意識に繋がっているのだと思う。消されたのはツイートしようと思っていた内容であり、思い出そうとした訳ではなく、記憶に留めたまま携帯電話を操作していたわけである。

朝からこんな状態だ。

24:04
執拗にお腹に空気を溜められている。キーワードは「腹が出た」、「太った」などである。体重が変わっていない事は確認済み。ズボンも穿いたときには緩いのに次第にパンパンになってしまう。そして、ベルトの付近が痛くなる。事実、お腹に空気を溜められると前かがみになれないほど苦しくなる。しかし、それとは別に下腹や内臓の筋肉を緩めて胃下垂のような状態を作りだされると下腹が出る。また、ベルトのラインに感覚送信で本物そっくりの痛みを作られる被害もある。このように同じ感覚になる被害の作り方は一つとは限らない。両方やる事もある。呼吸困難の被害も種類があるのと同じだ。

明日は朝から用事があるので新幹線で出掛けホテルに泊まっている。昼間の仕事中や道中にも色々と細かい被害を受けたり、日常化している被害が続いている。
声の送信による憎まれ口で挑発されるような場面もあるが、激しい怒りを送り付けられていないので、なるべく相手にしないようにしている。また、声による脅迫と抑制される感情操作が行われているので、この時間まで暇があっても日記の更新が出来なかった。

記憶障害も継続している。
寝る。

COMMENTS

No title

耳印 様

私は科学者ではないですから難しい事は解りませんが
この奇怪な悪魔の兵器を世に広めるには私の様におかしな事を言う人が増えるか、電磁波に攻撃されていると遺書を残し自殺
をする人、精神病院に入院されている方で同じことを言う方、この様に残酷な目にあう被害者がこれからも増え続けないとダメなのか? 納得行きません。 科学的根拠もなにもないですが 私には 被害経験 があります。 身体攻撃にしろ同じ場所を攻撃されたり同じ場所ではなくても体を攻撃されるというのは遠隔から私
が見えていると言う事です。 簡単な実験ですが被害者で飛行機に乗り国内より海外に飛びます。 飛行機はGPSで場所は特定
出来ます。 しかし、被害者にはそんなものありません。地上からだとビームの照射角度が合わないと思います。 こんなことしなくても人工衛星は経験上間違えないです。マッハで飛ぶミサイルさえも1度ロックオンすれば寸分の狂いもなく追跡出来るとおもう。
さらに攻撃もできミサイルを壊す事さえ可能。 技術は軍事技術でも使用は軍事技術ではない。 闇の権力者です。
人間の頭の中の 思い込み が衛星ではないと思うのです。
難しくなりますが、私に聞こえる声は日本語を話し女性です。
一見、子供みたいな声ですが、1度だけ後頭部に大きなこえで
話しかけられました 迫力あるでしょ とその時の声は普通の大人の女性です。 この問題は数々の隠蔽、被害者による感じ方、
受け取り方がまた隠蔽、おかしくなってしまう。 精神が不安定な状態の被害者の方には申し訳ありませんが どんなにおかしくなるうとも キーワードさえあれば被害者なのです。           
ここまで書く俺は作家か精神病か被害者のどれかで

俺は被害者です。

法律を作るには 俺みたいなバカな表現では到底無理です。
悔しいですが 犯人探しは 無理なのです。 とても恐ろしい事だと言う事だけでもわかっていただければと思う (涙)                                                 遠隔からの攻撃を禁止する と言っていかなければなりません 



        








COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる