記憶障害が酷い

23:05
睡眠妨害というよりは睡眠コントロールと言った方が良いような被害状況で二度寝をしても起こされる時間を大体決められてしまう。何時に目が覚めてどのような状態であったかを思い出せないし、思い出せなければ無理に思い出す必要もない。しかし、声の送信によって思いだすきっかけを作られたりする。

朝は目が覚めた所で起床したが、すぐにほとんどフルコースの被害が始まり耐え難い苦痛となっていて怒りの感情も執拗に送られていたと思う。とりあえず、広報資料の作成をしたかったのだがちょっとした仕事もあったのでそれらを片付けた。その内に天気が良くなったので遊びに行きたいと思ったが広報資料を作る事を優先させた。

何しろ起床時から被害が酷くて現実離れというか、マインドコントロールというか、催眠状態というか、放心状態というか、空想をしている時のような感じにされてしまい、例えば現実に目に映っている景色やラジオから聞こえてくる音に対して自分の意思で集中をする世界ではなく、加害者によって送られてきたものに意識が行ってしまう状態にされていた。それは場合に寄っては五感や自分の記憶を遮断されているとも言える状態だ。

しかし、自動車を運転して人と話をして食事をして帰って来ることが出来るわけで大きな障害がある訳ではない。しかし、脳が働かないとか自由な思考が出来ないとか、時折極めて激しい不快感や強い怒りに襲われたりする。それは、そう言う状態を作り出していながら、それが嫌で堪らなくなる感情を送りつけてくる拷問とも言える。

被害としては首筋の硬直と肩や腰の凝りと疲労感、頭部圧迫感、後頭部の違和感、視覚や聴覚の極めて不自然な変調、強い不快感、途切れる事のない声の送信である。記憶障害と平衡感覚の変調、時間感覚の喪失も行われている。鼓膜が詰まったような圧迫感も発生している。

お腹に空気を溜められてしまう被害も継続していて昼に食事をした時には少し食べるとお腹がいっぱいになってしまい食欲がなくなった。ハンバーカー二つなので当然全部食べたが、その後にお腹が苦しい状態が続き、全くお腹が減らない。夕方になっても減らないが、とりあえず軽く食べた。

夜は楽器の練習に行ったが、強い被害を受けながら広報資料を作成していたのが影響していたのか、自分が他の人たちとくらべて楽しい気持ちになっていない事に気が付いた。運転をしてスタジオに向かう途中で何かの遠隔操作攻撃をされて、その事に対して精神的に落ち込ませるような感情を送りつけられたのは覚えている。

楽器の練習は筋肉が動き難い状態や現実とは違う音に聞こえる操作をされていて、無意識になると唇を吸い込むようにして噛んでしまう遠隔操作などをされたりしたが激しく妨害をされる事はなかった。また、記憶障害の被害でどうしても曲のメロディーを思い出せなくされて困ったが、それを気にすると加害者の罠にはまってしまうので全く気にしないで練習を終えた。帰宅途中にも強い怒りを発生させられて精神拷問の世界へと引きずり込まれた。その時に後頭部に脳を使いすぎてしまったような疲労感が発生していたが、そのように思わせる被害だと思った。

帰宅後はテレビを点けないで用事を済ませる事に決めたのでテレビは見ていない。日記の更新をすることに対する恐怖感を作り出されているので恐ろしくて仕方ない。

7日1:19
その後も脳内音声による歌のリピート送信、お腹に空気を溜めるなどが継続しているが精神拷問には至っていない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる