果てしなく続く武器による遠隔攻撃

隠蔽されたテクノロジーによる遠隔監視と遠隔攻撃は被害者の精神と肉体を攻撃し続けて止まない。その陰湿かつ卑怯な手口はすでに多くの被害者によって報告されているが、常に自然ではない不快な状態にされ続け、あらゆる場面で本来の自分ではない遠隔操作の影響を受けた能力の低い状態にされている。それは人間としての能力を低下させられる事と不快であるという事が同時に行われている。

13:46
昨夜は何度起こされたか覚えていないが、最後は7時半に寝て9時半に起きた。起床後から脳内音声による歌のリピート送信が行われていて、鼓膜が詰まったような圧迫感が耳にあり、記憶障害、平衡感覚の変調、頭部圧迫感、首筋の硬直、肩の強い凝り、疲労感、声の送信によるリアルタイムの思考に対する干渉と脅迫が続いている。

その為に、思考がクリアでなく想像力が低下しているので開放感が全くなく、楽しい事が考えられない。楽しい事とは特に変わった事ではなく、家族と話をする、部屋を片付ける、散歩をする、運動をする、などであるが、何しろ遠隔攻撃が酷いので、何もしないで椅子に座っているだけで耐え難い苦痛となってしまう。その原因は上記のような攻撃なのだが、不快である、嫌だ、という感情を送りつけられているのが大きく影響をしている。

だから生きている事が苦痛となってしまう訳である。

加害者は声の送信で暇さえあれば脅迫をする。「政府に嫌われろ」、「マスコミに叩かれろ」、「世間に笑われろ」、「子供の被害を心配しろ」などであるが、その加害者の言葉の裏に見えているのが「マインドコントロールなんてこの世に存在しない」、「人間の遠隔操作や思考盗聴なんて政府が認めるわけがないだろう」という発想であり、それも声の送信で執拗に聞かされている。また、「日記をやめろ、広報するのをやめろ、そうすれば許してやる」などという言葉も毎日聞かされている。

従って、加害者が史上最悪の人権侵害を止めない原因はそこにあるので、その部分を何とかするような訴え活動が必要となっている。アメリカの事例もあるが、最近は少しだけ国内でも状況が変わって来ているので、他の被害者の方達も負けずに訴え活動をして頂きたいと願っている。

この被害は信じられないような継続的な拷問である。

更に、脳に対する強い攻撃は、被害者の記憶を消してしまうので何をされたかの証言能力を奪ってしまう。強い興奮を伴った脳の遠隔操作をされると被害の説明をしているその場で被害者を錯乱状態のようにしてしまう事さえ可能で、こう言った日記を書いていても訳が判らなくされてしまう事が多々ある。それを可能にしているのがリアルタイムの遠隔監視だ。また、広報や訴え活動をする気持ちにならなくなる遠隔操作があり、そのようにして被害者を飼い殺しのようにして生きたまま実験台のように苦しめ続けている極悪犯罪だ。

5/1 1:25
本当に嫌な感じの被害が続いていたが夕方にゴルフの練習をしに行った時には多少被害が弱くなった。仲間と年に一度のゴルフをやるので一応練習をと思った。ただし、微妙な平衡感覚の違和感や焦点が定まらないような視覚の操作をされて気持ちが悪かった。途中から次第に嫌がらせ攻撃が増えてきて、クラブを握る手のイメージを現実とは違うものを頭の中に送信されたり、クラブを振り下ろす瞬間の一瞬に意識が遠のいたり、心拍数が上がる、声の送信を集中的に浴びせて集中力をなくす、など様々な妨害をされた。

気持ちから発生する行動のテンポというのがあり、それを変えてしまう操作も行われた。また、力がみなぎったような状態や力が入らない状態など、筋肉の力加減なども変えられてしまう。記憶障害が起きていると、失敗を次に修正するような反復練習のようなものが出来なくなったりする。

後半は、激しく誰かにいじめられているような気持ちを送りつけられたり、パニックになったような強い怒りなどメチャクチャな感情を送りつけられて失敗をさせられてしまったが、激しい怒りを送りつけられなかったので難を逃れた。

それと、人間がだらしなくなってしまい、すべてがどうでも良いと思ってしまう感情を送りつけられた。それはどんな結果になっても構わないという気持ちになってしまうもので、物事に対する結果や過程を重んじたり、自分に対するルールを捨ててしまうような状態である。しかし、それと同時に脳や体が自分の意思の通りに動かなくなってしまったら、そう言う送りつけられた気持ちに侵されてしまうだろう。少しの時間だけ、そうなってしまい困った。

それと、送り付けられて来る感情や記憶が蘇ったようなシーンは、加害者が作成したものだけではなく、私自身のものも含まれているように感じた。

夜は、強い不快感はなくなったが、頭痛や偽筋痛が酷く困っている。テレビを見ていたら鉄腕アトムの英語版をやっていた。それを見ている時には妨害をされなかった。

このような日記を書いていると「くだらない内容だ」なんて途中で思ったが何とか最後まで書いた。

寝る。

COMMENTS

No title

こんにちは。今朝も目の前で人が轢かれるという悪夢で目覚めました。私の場合、いまのところ夢だけになったので、症状は軽いのかもしれませんが、起床とともに絶望を感じました。脳まで支配されてしまうという不気味さ。他人には伝わらないもどかしさ。抵抗できない無力さ。友達も半信半疑です。マインドコントロールの話なんて、誰もついてきてくれませんよね。笑いつも知人の出てくるストーリーのある夢をみるのですが、どうやってつくるんだろう。随分手の込んだ・・・と、なかば驚き呆れ、恐怖しています。こういった目に見えないものから人間を守ってくれるように誰に訴えればいいのでしょうか。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる