遠隔から人間を捉えて攻撃する技術

22:28
昨夜は夜中に一度目を覚めさせられただけだったようだ。やはり起床時から思考がすっきりしない思考能力の低下を起こされていて、それは記憶障害の類でもあり、朝から楽しくない気分にされていた。やはり歯を磨いている時に吐き気を連続で起こされてしまい、うがいが出来ないなど腹が立った。

仕事が朝から忙しかったのだが、まず、記憶障害が原因で多くの用件が何処まで片付いているのか書類やメモを見ながら思い出すのだが、それに異常なほど苦労をしてしまった。このところ種類の違う様々な用事があり、その度に気持ちや考えを切り替えて外出をしていた。そして仕事に戻った時に複数抱えている仕事の中のひとつを思い出して片付けなければならない。その時に絶妙な遠隔操作の為に、言葉は悪いが、まるで老化で頭が悪くなったとか記憶力が低下したかのような状態にされてしまい、著しく面倒な気持ちになり、悩みを抱えているかのような顔と気持ちが発生して苛々したりした。また、書類の不備などもあるのだが適当にという訳には行かないので、それらを明確にして処理をするのが仕事となっている。しかし、すべての原因は遠隔操作による記憶障害であるので本当に迷惑を被った。

とにかく外出先で人と会っていても声の送信による干渉が途切れないのは同じなのだが、首の後ろや腰に違和感が発生してギクシャクしたり、何かを話そうと思うと瞬時に何を喋ろうとしたのか忘れさせられてしまったりした。自動車を運転していても、そのような不快感や脳への攻撃が続いているので「人間を遠隔から捉えて攻撃する技術」という言葉が思い浮かんだ。

脳の遠隔操作で脳の状態。感情の遠隔操作で心の状態。表情の遠隔操作で顔の状態を作り出されてしまうと解釈しても良いのだが、例えば緊張する場面でもなく、その様な相手でもないし自分もそう思っているのに、緊張して眉が上に上がってしまう顔にされたりする。しかし、その時に心拍数を上げられたり、気持ちが慌ててしまう遠隔操作をされれば心も顔もそのような状態にされてしまう。

強い思考能力の低下などにより考えが纏まらない状態にされ、多少の嫌悪感や苛々を送りつけられている時に、眉間にシワが出来るような顔の表情を作る遠隔操作をされれば、あたかも悩み苦しんでいるかのような状態を作り出せる。

これらは遠隔操作被害であることは間違いないのだが、すべてが同時に実行されているとは限らず、例えば、強い思考能力の低下を起こされていれば誰でも考えることに苦労が発生するので、考える事を嫌だと思う筈であり、必ずしもその時に嫌悪感や苛々を送信されているとは限らない。人間の遠隔操作では良く使われる手法である。体が痛ければその部分を動かすのが嫌だと思うのは人間として正常な反応だと思っている。強い疲労感や痛みがあるのに元気良く行動出来る人はいないと思う。

また、首や腰などの凝りや強い違和感を遠隔操作で作り出されている場合は、どのようなストレッチ、マッサージをしても決して気持ち良くなることは無く楽にはならない。それは右肩に作られている痛みがあり、先ほどストレッチなどをしてみたのだが、自然発生したものでないので楽になるポイントがどこにもなかったのでそのように思った。

いまも脳への攻撃などをされているので文章が上手く纏まっていないと感じている。これにも裏があり自分のやった事がうまく行っていないと感じさせる遠隔操作もある。そのように、現実面と感覚面のどちらの方面からでも遠隔操作が行えると考えている。

いま少し右耳への不快感と共に歌のリピート送信が行われ、精神拷問の攻撃が始まっている。精神拷問は耐えがたい苦痛と感じる気持ちを体に対する不快感と共に送信してくる攻撃である。

29日1:00
頭痛のような頭部締め付け感、歯を食いしばってしまうような筋肉の操作、首筋の違和感などが続いている。脳への攻撃も継続しているが、先ほど意識が遠のくような感じになり吐き気がして気持ち悪くなった。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる