的確に行われる記憶障害

21:42
仕事が忙しく、この時間まで日記の更新が出来なかった。
記憶障害という被害を何年も受けているが、様々にアレンジされているのでどうなっているのか判らない。脳を締め付けられるような激しい苦痛を伴うもの、平衡感覚の変調を伴うもの、声の送信や目線の移動とタイミングを合わせるもの、放心状態のような催眠状態を伴うもの、などがあるが基本は無感覚で任意のタイミングで行う事ができ、記憶障害を起こしている時間の調整や脳の部位なども選択できるのではないかと感じている。それらは加害者のリアルタイム監視によって狙い済ましたように行われたりする。

脳機能について良く知らないのだが、暗算などをする時の短期記憶や一日のスケジュールのような多少長い時間覚えていなければならない記憶、人の名前や顔、あるいは言葉などが思い出せなくなったり、何かをイメージしたり文章を読んだりする時の理解力、視覚や聴覚から得た情報から何かを感じ取る観察力、場合によっては文字を文字として認識する能力までなくされてしまう被害があるのでそれらは記憶に関係しているのではないかと思っている。時間感覚がなくなってしまうのも記憶障害の一種だと思っている。

今日は午前中は寝ぼけたような状態が続いていたが、それは被害であると強く思っている。仕事が忙しく、沢山の用件が一度に発生しているので記憶障害を起こされていると大変な苦労をする。完全に忘れ去ってしまう記憶障害と関連事項は覚えているのだが、それを明確にする事が出来ない記憶障害がある。今日は後述の方の記憶障害が発生していて、物事を頭の中で明確にする事が出来ない理解力の低い状態が続いていた。

また、一度問題解決をしたはずの事に関して確信が持てなくなり何度も確認をしなければならなくなる被害がある。それが酷いと何度確認しても納得出来なくなるので必要以上に気にしない。そう言う被害は瞬間的に自分のやった事を忘れてしまうほどの記憶障害を起こされているのだと思う。目的を持って携帯電話を開いているのだが自分が何のために携帯電話を持っているか判らなくなってしまう。そのような被害は完全に記憶がなくなってしまうのではなく、強い攻撃を受けたその時だけで、前後関係も含めて大体覚えている。

しかし、本当にぷっつりと記憶がなくなってしまい全く思い出せない時間が発生する被害もあった。それは目を開いたまま意識を失ってしまったと言う表現の方が正しく、例えば階段から転落してしまい、転落している途中で意識が戻り、何故自分がそこにいるのか理解できない状態である。どんなに考えても左足から階段を下りた所までしか思い出せない。その僅かな一秒程度の間の記憶は全くない。

私は正直、記憶力は良いほうだと思っていたのだが、この被害を受けてからは全く記憶力に自信がなくなってしまい、特に時間の流れと共に連続性を持って記憶を辿る事が出来ない状態だ。記憶障害の状態は加害側で操作しているので、その時々によって種類が変わるのだが、被害はそれだけではないので常に記憶障害を起こされているとしか記さない。

また、記憶障害には、記憶する事が出来なくなる被害、思い出す事が出来なくなる被害、があり、記憶を消してしまう事も可能なのではないかと思っている。悪い考えであるが死ぬまでスイッチが入っていれば記憶を消したのと同じになるだろう。また、どちらかと言うと古い記憶よりは被害を受けてからの記憶の方が操作されやすい傾向があると思う。

18時を過ぎてからは鼓膜が詰まったような感じになり、首や腰など背骨に関係した不快感も発生してテレビも満足に見れない状態である。お腹に空気を溜める攻撃も執拗に行われていて苦しいのでズボンは前を全部開けてしまっている。

目に見えない電磁波を使った遠隔拷問を禁止させて欲しい。

26日1:03
お腹に空気を溜められてパンパンになり苦しい状態が続いて5時間になる。胃に空気を溜めた場合はゲップを出せないように食道を締め付ける。腸の場合はオナラが出せないように腸を締め付ける。そして、ゲップやオナラが出そうな感じにさせて来て、出そうと思っても出ない。あまりにも沢山空気が溜まっているので時たま不自然に少しだけ食道から空気が漏れるが、締め付けられているので空気は細く少ししか出ない。

拷問そのものであるが、鼓膜が詰まったようになり音として認識できないような耳が煩くて堪らない信号を送り付けられたり、首の後ろが硬直したり、頭部圧迫感、記憶障害、声の送信で途切れる事無く嫌味を聞かされるなど、どれを取っても耐え難い拷問を全部同時に行われている。

そんな中でも音楽を聞いた。昨日、遠隔操作で妨害をされた演奏だ。それを聞いていると無理やり失敗させられた所に来るとただでさえ腹が立つのだが、声の送信で執拗に貶しを入れ、それと同時に強い怒りと暴れだしたくなる衝動を起こされるので発狂寸前まで追い込まれる。

しかも、脳の遠隔操作で意識がどこかに行ってしまうので音楽をまともに聞く事が出来ない。意識がどこかに行ってしまうのは短い時間なのだが、声の送信をしながら何度も繰り返して行われる。それは継続的に連続して音楽を聞いて味わったり、判断が出来ないようにされる。更に、つまらない演奏だ、下手だ、などと感じさせる遠隔操作も行われる。これは自分の演奏なので、大変細かいレベルでチェックを入れながら聞いているのも原因となっているが、ためしに自分ではない演奏者の録音を聞くと演奏を失敗している部分があっても気にならない。また、他者の明らかに下手な演奏を聞いていても上手に聞こえてしまう遠隔操作がある。

それと、発狂信号とも言うべき止め処のない怒りを送られ続けるので、何時間経っても、何をしても、その信号を止めない限り酷いストレスが発生し続けて治まらない。実は、ほとんど毎日夜はこのような拷問を受けたまま我慢をして寝ている。

文章を書く妨害をされなかったので少し乱れてしまったがここまで一気に書いてしまった。21時の時は一時間とか掛かっていたかも知れない。

加害者の殺意はこれでも説明が足りない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる