執拗に続く睡眠妨害と洗脳

8:37
昨日の出来事は昨日の出来事であり、途切れることのない遠隔攻撃は休む暇さえ与えない。朝のコーヒーを飲んでいても味を変えられる、お腹に空気を溜められる、体を痒くさせられる、など絶え間ない。脳への攻撃は起床と同時に行われ思考に膜がはったような感じだ。

今朝は就寝4時間後の6時頃に心臓を苦しくされて目が覚めた。その時に人工夢を見せられていたのだが内容は忘れてしまった。うとうとしていると7時半を過ぎていたので、そのまま起床することにした。そのうとうとしている間に声の送信による誘導尋問のようなものがあった。この犯罪についてテロなのか戦争なのかという内容だったが、結局、この日記は子供達の夢を奪うぞと言う所に言った。しかし、攻撃をしている方が悪いと言うとなら止めてあげようと言っていた。

その後、声の送信は昨日自分が取った行動について罪悪感を植えつけるように仕向けた。オートバイで高速を走っている時に呼吸困難などの耐え難い苦痛を受けさせられたので少しスピードを上げた。その他にも広報活動など、電磁波攻撃を受けていなければ取らない行動について執拗に脅迫をされている。

23:57
音声送信は途切れる事無く続けられ、歌のリピート送信や声による思考のなぞりや、悪い考えに誘導する語りかけが行われていた。結局、声の送信と会話をさせられたり、声に出さない呟きをさせられていた。軽い記憶障害と思考範囲が狭くなる被害が継続していて、そのために想像力が極めて低下し、新たに何かをやろうとする事が出来ず、そう言う気持ちにもならなかった。体の方は疲労感が酷く、手の平や足の平が疲労により熱を持つような感覚とでも言うのか、そのような状態になり、それも被害だと思っている。

被害は酷くなかったのでそれなりに仕事をしていたが17時を過ぎた頃から急に酷くなり不快感が強くなった。首筋の硬直や腰の痛み、鼓膜が詰まったような感じ、思考能力の低下が酷くなった。また、特定の人を見たり、近寄ったりすると急に被害が酷くなると言う傾向もある。

夜はいつもと同じようにテレビを見ているとテレビの音声に意識が行かなくなり聞き逃してしまう被害を受けていた。それはどんなに注意深くテレビの声に神経を集中しても、ある瞬間に強制的に意識が別の所に行ってしまい(音声送信者と会話をさせられてしまう事が多い)大切な部分を聞き逃してしまう。その時に遠隔操作により目線が移動してしまったりすることがある。

夜は一時的に首筋の硬直が酷くなり、脳を締め付けられるような強い不快感に晒された時間もあった。体の痛みと脳への不快感の組み合わせもかなり酷い拷問となる。痛みと言えば、右肩の筋肉が痛くて腕が上がらないような状態にされてから1ヶ月は経っていると思う。痛みが移動したり強弱がある。

寝る。

COMMENTS

No title

昨日は突然長い文章を贈ってしまい、失礼しました。どんびきだったのではないでしょうか。ごめんなさい。分かり合えると思ったので、つい興奮してしまいました。きっかけがわからないということなので、たまたま選ばれたのかもしれませんね・・・。子供の頃の記憶を見ることができるのかもしれません。あるいは、ずっと監視しているのかもしれないですが。どちらにしろ、怖いことですね。希望があるとしたら、ある日突然システムが壊れて、おいしいコーヒーを飲めたり、眠れたりすることがごくごく普通にできるということですよね。科学がここまですすんでしまっているということを、しらないひとはしあわせだとしかいえません。でも。この日記が子供の夢を奪うことにはならない。むしろ、沢山の同じオトナを慰めるものだと思います。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる