脳への攻撃が続く

12:40
昨夜も就寝時に眠らせない攻撃を受けた。眠ったと思ったら目を覚めさせられると言うやり方だ。しかし、その後はすぐに眠ってしまったようで記憶がない。朝は8時に目覚ましをセットしていたが7時に目を覚めさせられてしまったので、たまには起きてみようと思い起床とした。すでに目が覚めた時から決して寝ぼけとはちがう思考がぼやけった被害と、鼓膜が詰まったような被害が始まっていた。左右の耳には様々なノイズが送信されていて、不自然な疲労感があり、気分が優れない。

仕事をしていても強い記憶傷害とか平衡感覚の変調などはないのだが、起床時の被害が継続しているために思考がすっきりしないで開放的な気分で人と話しが出来なかった。本来の自分ではない状態で他人と接する事が強いストレスとなるのだが、このような被害は場合に寄っては第三者からは、自分で思っているほど変には見えないのかも知れない。しかし、楽しい気分でそのような顔で話しを出来なくされているというのは間違いない事実であり、自分の声が変に耳に響いたりする遠隔操作をされるので迷惑である。

脳への攻撃は思考能力の低下や読解力の低下をその場の状況に合わせて行われている。また、言動を起こすべく意思の下に行われる思考に対するの内容の制限をかけられているように感じている。だから、それを振り切って言動を起こすので不自然になってしまったり、罪悪感が発生したりする。

本当に止めて欲しいと思う。

17:46
その後も強い不快感と音声送信が続いている。声の送信は下世話な脅迫を続けているので無視をするが、記憶を消す、考える事に対する制御が行われているので全く楽しい事を考える事が出来ず、強い不快感があるため楽しい気分にはならない。

この攻撃の狙いは周囲の人達が楽しそうにしていても、自分だけ激しい不快感に耐えているだけで決して一緒に楽しむ事が出来ない。そして、作られた人格によって周囲の人達に変人だと思われるようにすることだ。もし、人の中に入って行ってもこの激しい攻撃をされていれば苦しみが増えるだけである。

やはり、対人関係において人を拒むような方向に脳の遠隔操作をされるので人と仲良くなる事が出来なくされている。これが、引きこもりを誘発したりうつ病だと思われる原因を作り出す電磁波攻撃なのだと思う。被害に気がついていない人がそのような攻撃をされていたら困ってしまうだろう。

首筋の硬直や頭部圧迫感、腰の疲労感が酷く、鼓膜に詰まったような圧迫感が発生していて何故か低周波のような音が聞こえ続けている。体、特に上半身には低周波のバイブレーションのようなものを感じている。暇さえあればお腹に空気を溜められている。喉や食道に異物感のようなものも発生させられている。

日記の更新を始めると思考停止状態(放心状態)のようになり現実の感覚から遠のいてしまう。これは重病などになった時に自分の状態を客観的に見る脳の部分が強く働いている時の感覚にも似ている。その状態の中に脳内音声が入り込んでくるので現実とかけ離れてしまう。

ほとんど拷問状態にされている。

このままでは脳を破壊されてしまうのではないかと言うくらい攻撃が酷い。

しかし、徹底的に戦いたいと思う。

24:59
そのまま拷問状態が延々と続いている。6時間、何をしていたのか良く覚えていない。知らないうちに時間が経ってしまったと言う感じだ。強い記憶障害を起こされているのだと思う。拷問は激しい精神的苦痛が中心で思考が出来ない状態と頭痛、鼓膜が詰まったような耳の圧迫感などだが、強い不快感は聞こえない音の信号を強く送りつけられているようにも思える。

お腹に空気を溜められて苦しくされ、ゲップを出したくても出せないように喉を絞められる。そう言った苦痛と憎しみなどの感情の送信を組み合わせて激しい怒りを作り出し、暴れだしたくなる衝動を起こさせる。日記を書きながら思い出しているのだが、ちらりと思い出しそうになるとすぐに記憶を消されてしまうのでスイッチひとつで瞬時に記憶を消せるのは明白である。思い出させるのもスイッチ、消すのもスイッチと言った感じだ。

あまりにも被害が酷いのでホワイトハウスにメールを入れた。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる