起床時より思考の自由を奪われる

11:57
朝、6時頃だったか目を覚めさせられた。何か人工夢を見させられていたようだ。人工夢の類はイメージ映像の送信であり、そう言った脳の領域に送りつけているのだと思う。記憶障害を起こされているとすべてを忘れさせられてしまうので、または、記憶出来ないようにされているので、そのような加害行為を受けたことや出来事が思い出せなくなる。しかし、日中にそれらの記憶を蘇らせる形で人工的に想起させられる事があり、自分で思い出したかのように感じさせて来る事がある。

記憶障害という遠隔操作をされる前は脳の並列処理や複数の事柄を頭の中に記憶して置いて順次実行していく事が出来たが、何年か前からそれが出来なくなっている。しかし、時々加害者が役に立つ意味での記憶の想起をすることがある。極たまにであるが。

それよりも、目が覚めた時から人の顔のイメージ映像を送りつけながら声の送信で考えたくもない仕事の事などを連続で想起させられていたので、ふとした瞬間に自分からそれを考えているのかと思ってしまったりした。それが酷い迷惑であり、せっかくの休みに自由に楽しい事を考えられない状態にされている。

また、閉鎖的な感覚がどこかにあり窓の外の広い空間に向かって自分の心が広がって行かない。鼓膜が詰まった感じで周囲の音が良く聞こえない被害や、筋肉が硬くなったり痛くなったりしている被害も自由を奪い取っていると思うが、やはり脳への遠隔刺激によりそのような気持ちが発生しているのだろう。


東京都知事に立候補した杉田健という方が政見放送で「体を蝕む電磁波発生装置が都内に埋まっている」と仰っています。http://www.youtube.com/watch?v=5g8arjvRhWs


3日1:15
午後は外に出ると暖かかったので食事や買い物などオートバイに乗って行ってきた。被害は途切れることなく続いているので怖がっていたら乗れない。かと言って全く運転不能になるような攻撃はない。そう言った攻撃があったとすればとっくに事故を起こしていると思う。帰宅途中に一度、クラッチを放す時になぜかアクセルを開けないでいきなり放してしまいエンストした。そう言った微妙な操作を狂わせる被害は多いと思う。楽器の演奏の時などはそのような被害を受けた結果として出てくる体の動きの狂いが演奏ミスとして露になる。

そんな時は声の送信で「ざまあみろ」などとボロクソに貶された上に強く興奮する信号を送られるので加害者に対して声に出さない呟きで文句を言わざるを得なくなる。それと、カーブを曲がっている時になぜかアクセルを持つ右手が一瞬動いてしまいアクセルを開けてしまったが、恐らく遠隔操作だと思う。

夕方から楽器の練習に行ったが、最後に曲を想定した練習の時に間違ったメロディーを脳内に送信されてしまい何度繰り返しても同じ場所で間違えさせられた。強烈に腹が立ったが我慢をする以外に方法はない。

夜は知人と喫茶店で会い話をしたが、その時にメールを読んだら、少し腹の立つ言葉が書いてあったのだが、強い感情の遠隔操作で強烈な怒りを発生させられて、頭の中が真っ白になり何も考えられなくなった。しかも、思考回路が強制的にそのメールの内容の事だけになってしまい、目の前の知人の話が聞こえなくなってしまった。その時には声の送信も強制的に脳内に入り込んでくる悪質なものが使われた。

遠隔マインドコントロールの類は、そのように身近な所にある様々なものを利用して人間関係トラブルを起こすように行われる。場合に寄っては腹の立つ内容のメールを送信させるところから始まっているのかも知れない。

寝る。


追記
3:14
このところ、眠らせない拷問が多い。顔などを連続で痒くしたり、心臓を苦しくしたりして眠らせない。不安感を強くさせ、そこに声の送信であらゆる角度から揺さぶるように脅迫をしてくる。延々と続けるので最後は現実離れした脅迫になってしまう。しかし、眠らせない拷問だ。

COMMENTS

電磁波被害について

初めまして。今日初めて貴方の日記を拝見致しました。
電磁波による被害があるようですが、それは
創価学会が関与していると思います。
実際に創価学会に電磁波で攻撃された例があるようですし…
創価学会 電磁波 で検索をかけると沢山引っかかりますよ
解決の道はあるはずです。頑張ってください。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる