電磁波により人格改造をされてしまう

電磁波による人間の遠隔操作は身体と精神の両方に強い影響が及ぶために結果として人格改造をされている事になる。筋肉の操作により動きを制限され、疲労感や感情操作により出掛けることを望まなくなれば拉致監禁と同じであり、脳の遠隔操作により必要な記憶を消して考える内容を強制的に送り込まれると、自然な状態の自分の思考ではなくなってしまう。また、意識をする部分を強制的に変えられてしまうので自然な状態で周囲の雰囲気を感じ取る事が出来なくなる。五感に対する現実とは異なる信号の送信も、その人間を自然界から隔離してしまうのと同じ意味を持つ。

これらが遠隔監視をしながら被害者の生活に沿って行われているので、接している第三者が気づいているか判らないが人格を変えられてしまっている事になっている。他人と接する態度を変えられてしまう訳で、何年でも毎日同じように操作をされていると他人から見ると「そう言う人間」として映ることになってしまう。被害者としては、それは本来の自分では無いことが判っていても強制的にそうされてしまうのでどうにもならない。

例えば、怒りっぽい人、楽しくない人、無口な人、横着な人、などに仕立て上げられてしまう訳で、声の送信によりその都度余計な事を聞かされるのもそう言った人格改造に影響している。また、周囲の雰囲気や人の心を感じ取る感覚に対しても現実とは全く違うものを送りつけられるので、あらゆる面から人間機能を狂わせられてしまう。実際の加害行為にはそれらの遠隔操作を何重にも重ねて同時に行われている。


被害日記

昨夜も寝しなには顔や体を連続で痒くされて眠らせない拷問を受けた。これは静かな拷問であり精神状態は静かにパニックを起こされる。朝は睡眠4時間後の6時位に目を覚めさせられた。眠くて起きられないのだが、その状態でなんとしても一度起きてトイレに行かせようとする相反する感情操作が行われた。暫くはそのまま眠ってしまおうとしたが、結局、トイレに行ってから再就寝した。次は目覚ましの鳴る8時少し前だった。起床後は脳への攻撃は強くなかったが、筋肉の痛みが広範囲ではなく間接などピンポイントに変わっていた。また、異常なほどの疲労感もあった。職場に来ると頭がボケた状態にされ脳内音声による歌のリピート送信が続いている。声による脅迫などその他の細かい被害も続いている。

24:38
夜までは昨日よりは被害が軽いので助かった。しかし、被害は継続しているために歌のリピート送信や声による干渉に思考の妨害をされていた。夜は、お腹に空気を溜められたり、テレビを見ていてもその音声に意識が行かなくなり内容が理解できなくなるなどの被害を受けた。不快感や怒りを発生させられたりもしたが我慢をした。

考える事が出来なくなる脳への攻撃、筋肉の痛み、お腹に空気を溜められる、などの被害が目立っている。時間が遅いのでこのくらいにする。

寝る。


追記

3:17
眠らせない拷問を受けていて両方の耳にキーンという音を鳴らされ、覚醒させられている。

COMMENTS

私もです

私もビックリです!全く同じような目にあってます。警察に行っても、クリニック紹介しましょうかと言われてしまいます。悔しさでいっぱいです!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる