イスッチ一つで気分が変わる感覚の遠隔操作

10:34
昨夜は一度も目が覚めることなく約6時間寝られた。しかし、人工夢を見させられたので目が覚めると、すぐにその内容に付いて罪悪感を持たせようとして執拗に声の送信で解説をされた。夢は交友関係についてであり嫌な内容ではないのだが、特に異性との接触を避けるべきだと強く聞かされ、ついでに政府や政党に要望を出すと「探偵を雇われるぞ」、「お前は被害者では有名人だ」、「全世界から注目を浴びるぞ」と言うところまで行ってしまった。この「お前は見張られているぞ」という言葉は常に使われている。

起床をして歯を磨き、着替えるまでは部屋の中でも周囲の静かな雰囲気(空気感)が感じ取れるので、部屋を移動する時の物音などにも神経を使ったり、世間の生活と自分の生活との違いを感じて、世間との関わりを意識したりしたが、次の瞬間、急に脳に膜が張ったようになり一種の麻痺感のようなものが発生した。これは実は思考能力の低下と共に日常的に行われている被害であるが、世間との乖離とでも言うのか、自分の生活を世間と照らし合わせることが出来なくなってしまうものであるが、テレビのスイッチが切り替わったかのように急に感覚が変わってしまう所に問題があり電磁波攻撃を確信する理由の一部となっている。

それらの感覚の遠隔操作は他にもあり、穏やかな平和な気分になったり、荒れすさんだ冷たい世間だと感じたり、目の前にいる人物が自分に対して好感を持っていると感じたり、その逆を感じたり、自分の内部を感じ取るものではなく外部を感じ取る感覚を変えることが出来る。

周囲の雰囲気などにバランス良く対処して生活をすると言うことについては、この犯罪被害を抜きにしても様々な問題があり、範囲が広いので何が正しいとか決め付ける訳には行かず個々が判断をしていて、それがその人の特徴となっている。そのような中で被害を受けて自分が意図した生活が出来なくなっているわけで、その自分の意図とのズレや世間とのズレを強く感じればそれを修正するべく動くのが自然であるが、そのズレを感じないようにする遠隔操作が行われている。

また、慌てさせられてしまうような、衝動を起させられるような被害があるが、その一例としてパソコンで漢字変換をした時などに、目的の字が出るまで待てないで衝動的に確定をしてしまう事があり、これについては単純なミスではなく判断力を鈍らされているのでもなく変換を確定すると言う動作を急がされてしまっている被害と判断したい。

19:24
タイトルの「スイッチ」が「イスッチ」になっている。このようなタイプミスがよく起こるのだが、左手だけで打つ文字である。また、右と左の順番が逆になってしまうこともある。脳の変調というか記憶障害というか思考をメチャクチャされることもある。

今日も被害が酷く、激しく攻撃をされながら仕事をしていた。どうしても日記の更新をさせないように遠隔操作をしている傾向がある。なんとしても被害者であると言わせないままで遠隔操作を継続したいのだろう。歯が痛くて非常に困っている。治療中の歯であるが、痛くてものを噛むことが出来ない。しかし、遠隔操作としか思えない痛みも便乗して発生している。とにかく精神拷問も含めて攻撃が酷い。

報道に集団ストーカーという言葉が使われたそうです。

「日経 マツダ 集団ストーカー」で検索してみてください。

24:27
帰宅後も声の送信が執拗に行われている。単に脳内音声による声の送信と言っても、ただ他人が喋っているのが聞こえるだけではない。まず、声の送信により声には出さない呟きをさせられ続け、黙読が出来ないような状態にされてしまう。声の送信は自分の思考のように脳内に侵入して来て思考の誘導を行う。

思考の誘導は基本的に加害者の自問自答のような形式で、こちらに向かって語り掛けて来て、それに対するこちらの答えも送信してくる。また、目に映った文字を全部読み上げ、何かを感じるとそれを声が自分の感想のように言語に変えて聞かせてくる。それらが、現実にこちらの考えや感想と一致している場合もあれば、何も感じていないのに声を聞かせられることもある。

考える事が出来ない状態にされていれば(記憶を辿れない)声の送信に頼らざるを得ない。例えば、買い物に行った時に買うべきものを記憶していたのに、それを消されてしまった時に声の送信が思い出すきっかけを作ったりすれば結果として声の送信を頼ったことになる。

更に、声の送信が何かを感じた時の感想であった時に「確かにそう思う」という感情を発生させられると、それが自分の感想だと思ってしまう。そのように声の送信だけではなく、他の遠隔操作と組み合わせて行っている。

その組み合わせが不快になるようにされると大変な被害となり心身に対する強度の苦痛を発生させられる。身体攻撃としては視覚・聴覚の機能低下、筋肉のひきりつや痛み、お腹に空気を溜める、呼吸困難などがある。

寝る。

COMMENTS

日本の新聞社が初めて「集団ストーカー」という言葉を使用

管理人様

集団ストーカー問題を克服するのSunameri Bubbleです。

先日、日本の大手新聞社が記事の中に「集団ストーカー」という言葉を初めて使用しました。マツダ無差別殺傷事件で犯行に及んだ人物が嫌がらせ(集団ストーカー行為)を受けていたと主張していると明記されています。

これはアメリカで"Gang Stalking"という言葉が初めて公のメディアで使用されたのと同じ出来事です。

現在、できるだけ多くの被害者にお伝えさせていただいております。現在までに5名の被害者がブログで記事にされたのを確認しています。もしよろしければ記事にされてみてはいかがですか?

記事には直リンクできませんので、日経新聞社のホームページで3月2日付の記事をお調べになってみてください。ほかの被害者の方で紹介されている方もおられます。

これを機により一層認知が進むことを同じ被害者として期待しております。

Sunameri Bubble

国内大手新聞で「集団ストーカー」と言う言葉が使用された件について、良い情報を教えてくださってありがとうございます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる