参ったと言うまで攻撃を続けると脅迫される

11:55
昨夜も就寝時に眠りそうになると目が覚めてしまうなどの陰湿な眠らせない拷問を受けた。通常それで1時間ほど睡眠時間が短くなる。昨夜はそれで最後に時計を見たのが3時半。その後、テクノロジーで目を覚めさせられたのが6時半なので3時間しか寝ていないことになる。その後、再就寝をして10時前に目が覚めたので合計で5時間半の睡眠となる。これも、毎回のことなのだが、暗示にかけるような洗脳するような言葉を目覚めると同時に強く脳内に聞かせてくる。

起床後すぐに脳内音声による歌のリピート送信と声による下世話な干渉が始まり、記憶障害や思考能力の低下など脳への攻撃も開始されるが、これも毎日の事である。

何よりも問題となるのは感情の遠隔操作であり、不快だ、腹が立つ、もう嫌だ、などの気持ちを発生させ、各種攻撃の破壊力を増している事だ。また、集中力をなくす、退屈である、満足感がない、などの気持ちを発生させる事も行われている。

24:46
今日は被害者の会があったので午前中から出掛けていた。会では新しい参加者の被害報告を聞いた。5人くらいだったと思うが全員同じテクノロジー被害だと思った。しかし、被害状況や受け止め方の違いがあったり、遠隔操作に惑わされているような部分も感じたが、現在はそれを否定できる確かな根拠がないので自分の被害分析などから、それはこのような現象ではないでしょうか、などと余計な事を言うのもどうかと思うし、現場に居合わせた訳でもないので参考までに聞かせて頂いた。この辺りは脳の遠隔操作の非常に厄介な部分であり、しかし、重要な部分でもあると思っている。

その後はスタジオへと向かい楽器の演奏をした。スタジオへ入る前に平衡感覚の変調や強い記憶障害や不快感などの攻撃をされたので、今日もやられるかと思っていたが、それほど酷く演奏妨害をされることはなく、もろに影響を受けたのは最後の一曲だけだった。

帰りは鼻を執拗に痒くされて居眠りも出来なかったが、それよりも首の後ろと腰の違和感が酷く(日常的にやられている)大変に不快な思いをさせられた。これは首の後ろの筋肉が硬くなっているような強い違和感が発生し、肩が凝ったりするが、首を回すとボキボキと音がするほど酷く、骨がずれているのではないかと思うほどだ。しかも、脳の芯が痺れたような不快感と微弱な平衡感覚の変調と微弱な吐き気のような気持ち悪さが同時に発生している。

腰の違和感は、通常は腰砕けのようになり背中が曲がって姿勢が悪くなるのだが、そこには疲労感のようなものと思考がシャキッとしないボケたような感じと共に俊敏性を失っているように感じる。ここにも背筋の芯の部分や骨に違和感を感じることが多い。これも日常化している被害であるが酷いと本当にどうにもならないくらい姿勢が崩れてしまう。

また、座る時にやたらと足を組みたくなってまう遠隔操作があるように思う。それぞれ筋肉、感覚、脳の遠隔操作を組み合わせたのだと思うが、なぜそんな変なものを考えだしたのかと思ってしまう。背中が曲がって顎が出たようなスタイルに仕上げると言った感じなのだが、痛みなども体の半分だけに偏るように変質的に行う事が多い。

先ほどから少し攻撃が強くなっている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる