無意識を意識させる遠隔操作

隠蔽されたテクノロジーによる精神への遠隔操作では、日常生活に置いて無意識で行っている自分の言動などを妙に意識させられてしまい神経過敏のようにされてしまう事がある。専門的な知識がないので上手く説明できないが、例えば、呼吸は無意識であり、信号が青に変わった時に車を発進させるのも、急いでいると車間距離が短くなってしまうのも、ある意味無意識であるが、意識することにより変える事が出来る。しかし、走った時に心拍数が上がるのは意識をしてもすぐには心拍数は下がらない。

対人関係に置いて、必要以上に他人に気を使わないような自然な対応があったとして、突然に、その自分の対応が気になってしまう被害を受けた。その違いは明らかで、恥ずかしい、遠慮する、のような気持ちが強く発生してしまい緊張感と共に上手く電話による会話が出来なくなってしまった。翌日は全く関係なく、痰が絡んだので咳払いをしながら何の遠慮もなく親しみのある会話が出来た。

これはいわゆる気持ちが乗っているという状態であり、楽しいので余計な事には神経が行かない。しかし、気持ちが乗らない状態にされていると痰が絡んだだけでも「どうしよう」などと感じてしまうかも知れない。そう言った被害は神経過敏を作り出していることになる。少し、神経質な理屈かも知れないがそのような被害があり、それをされている時には「嫌だな」という感じがする。


被害日記

昨夜は、途中に一度か二度、途中で目が覚めているが時計を確認することなく約6時間寝ていた。目が覚めた時には「さあ起きよう」のような前向きな気持ちが発生していた。しかし、早く起きたとしても様々な苦しみを生み出す被害のために楽しい時間を過ごせた事がないので、それなら寝ていた方が楽だという事で10時頃まで寝ていた。

起床後はいつもと同じように平衡感覚の変調と共に頭部への不快感が発生して思考能力が低下する。とりあえずコーヒーを飲んでから家族と話をしたが、結局ひとりで食事と買い物に出掛ける事になった。

左半身の筋肉の引きつりと痛みが発生して、頭の半分が眠っているような感覚と強い疲労感のために気分が優れなく不快感も強い。他人と話をしても、そう言った状況であるので会話は弾まない。それは現状としての被害の他に、被害者である以上、自由に人生を楽しむ事が出来ないからだ。

また、そう言った状態であるので心身にエネルギーがなく、他人に対して何かをしてあげようと言った気持ちがなくなっている事に気が付いた。それは駐車場で車を発進させようとした時に、直ぐ横を老人が歩いて来たのだが快く待っていてあげるのではなく、邪魔だなあのように感じたので自分に余裕がないのだと感じた。

ざっくばらんに言えばうつ病のようにされているのだ。

23:55
今日は久々に都内ライブハウスに出掛け、飛び入りで一曲だけ演奏をして、帰る途中だ。

ライブハウスに出られなくなったきっかけは数年前に24時間の被害を受けて、声の送信により演奏を失敗させられた事だ。現在はもっと高度な演奏妨害があるので正直お手上げ状態で、攻撃が弱ければ助かったと言った感じなのだが、それでも周囲には電磁波攻撃を受けている事の理解はないし、だからと言って何もしないでいたら自分として納得出来ない。従って実力を全く発揮出来ないのは音楽だけではなく人生すべてなので聴衆の前で演奏を失敗して笑われても構わないと思っている。

そんな訳で今日も音楽を一瞬たりとも、まともに聞く事が出来ず、演奏も妨害された。主に脳内音声と聴覚の変調だ。

また、聞いている時に音から何を感じるかと言った感受性を働かなくされ、そこに声の送信で偽の感想を聞かされ、本当にそのように感じてしまう遠隔操作をされたり、楽器の音を言語として認識させるような脳の遠隔操作が行われていた。これは或いは脳内音声を送信される場所が聴覚だけではなく、言語として喋ろうとする部分に送られているとも考えられる。

そう言った遠隔操作をリアルタイムで行う事の出来るテクノロジーが使われている犯罪である。だから神経に向かって信号を送り付ける事が出来るのではないかと思えて来る。洗脳するための声の送信と本当にそのように感じてしまう遠隔操作の組み合わせだ。こんな犯罪は大衆マインドコントロールにならない内に早く禁止させるべきだと思う。

20日2:17
帰宅して風呂から出た所だが

武器による暴力で人を強引に支配しようとする思想を徹底的に貫いている犯罪だ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる