眠っている人間に対する攻撃

昨日の日記に、暴力的なコメントを頂きました。

18:17
昨夜も、眠らせない攻撃を執拗に受けた。それらをすべて回想して時間を正確に割り出し、その時に何をされたかを記すほどの時間はない。そもそも、この被害はそれを訴えている最中にも次から次へと責められるので被害を説明するには余分な部分を切り捨てて一点に絞るしかないのでそれにも苦労をする。今も日記の更新を始めると急に脳への攻撃が強くなり、信じられないほどのキーボードのタイプミスが起きている。

昨夜の睡眠妨害は2時間置きに目を覚めさせられると言った形で行われた。暑くて寝られない、寒くて寝られない、などの被害もあった。その度に「ぐうたら物は朝起きられないで笑われろ」と声の送信で聞かされていたので、そのことが負担にならないように11時まで寝ることにしたが10時半くらいに目が覚め起床とした。

コーヒーを飲んでから政党に要望書をメールで送信し、それから出社した。このところ忙しいので日記の更新をしている時間がなく仕事が終わってからの更新となった。

脳内音声による歌のリピート送信が延々と続けられていて非常に不愉快であったが、被害は軽度であり、おだやかに他人との会話が出来た。夕方には視野も自然な感じであり、心身ともにリラックスして、この状態で精神への介入がなければ本当に自由になんでも出来るのだと思った。

18時を過ぎた辺りから少しずつ脳や身体への攻撃が強くなり、今は不快にされている。頂いた暴力的なコメントを開く直前から心拍数があがり興奮状態にされている。従って加害者にはコメントの内容が先にわかっていたのかも知れない。そして声の送信で「そのコメントに反論をしてみなさい」と言われ、かなりの興奮を送りつけられたが無視をした。そのようにメールやコメントを読んだ時の精神状態や返事を出すかの判断まで変えられてしまう。読ませたくない記事などは読解力を低下させられて文字を読めなくされていまう。

下記ニュースは新しい技術でしょうか

筑波大、脳の血流で喜怒哀楽がわかるブレインインターフェースの試作機を公開

下記ブログ記事もご参照ください

アメリカの電磁的兵器と人権

マインドジャスティスのCherylさんからのお知らせ

24:59
夕食後は聴覚の変調を起されてテレビの音がよく聞こえなかった。これは聴覚にノイズを送信されて音が聞こえ難くなる被害と、脳が放心状態のような物思いに耽るような状態になる被害の両方をやられていると思っている。声が聞こえていても理解が出来なく、集中力も出ない。このような時でも脳内音声の声の内容は的確に伝わってくる。目に映っている映像でも似たような状態になり文字であることは認識できても読めないような状態にされる。

また、それらの被害と記憶障害が深く関係しているように思える。他人と話している時にそれをやられると会話が思い浮かばなくなり無口になってしまう。色々な脳の遠隔操作があるようで酷い迷惑を被っている。

その後、パソコンでユーチューブを見ようと思ったら音声がほとんど聞こえなくなってしまったのでボリュームを最大にしたがそれでも音が小さい。waveファイルの音楽を再生してみたがやはり聞こえないので、仕方なくドライバのインストールをし直したら聞こえるようになったが、今までよりも大きな音が出るようになった気がする。

そう言ったトラブルが起きると全然慌てていないのに、大変なことになってしまったような、パニックになってしまったような感情を執拗に送りつけられるので酷い迷惑となる。また、怒りも送り付けられたりする。

このところ激しい怒りを送りつけられる事が少ない。また、舌や唇を噛まされたり、唾液を誤飲させられて咽てしまう被害もたまにある。

寝る。

追記
今日も子供が頭痛で学校を休んだ。週に2日くらいしか登校出来ない状態だ。声の送信では、その事に関して子供を精神病にしてやると執拗に脅迫をしてくる。特に学校を休む理由はなく、病院で検査をしても何処にも異常はない。

この犯罪では特に第三者から見て、そうなっても仕方がないだろう、のように十分に時間を掛けてタイミングを待っていたり、前段階の工作を少しずつ行っていたりする。

それを凝縮したものが病気の症状の再現である。そもそも目に見えない電磁波であるにも関わらずそこまで綿密に計画して行うのだからその隠蔽も強力に行うだろう。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる