リアルタイム監視による被害

テクノロジー犯罪では被害者が見聞きしているものを、その場合で盗み取られ、その場で干渉・脅迫・攻撃をされるので被害者は行動が取り難くなる。そのいわゆる妨害行為については声の送信、脳機能の変調、身体機能の変調など幅広く行われる。また、見聞している物の盗み取りに関しては生体情報と共に人体から盗み取っていると思う。


被害日記

15:17
日記を更新する事に関する抑制を受けている。

昨夜の睡眠妨害は睡眠を分断される形の途中覚醒が一度あっただけだったが、朝から脳内音声による歌のリピート送信などが行われていて自由に考える事が出来ない。被害はそれほど強くないが日常化した被害が継続している。

また、不快感のような悩みが多い神経疲労のような状態を作り出されていると思っている。顔の表情などを作り出される被害もよく報告されているが、そのような感じで気が付くと浮かない顔をしている。忘れられないような嫌な事があるとそのようになる、を遠隔操作で作り出しているのだと思う。また、途切れる事ない被害を受けていれば正直うんざりしてしまうので自然にそうなっている事も否定は出来ない。

24:49
今日は音楽の演奏があったので都内スタジオに行っていた。確かスタジオに近づくと記憶障害のような平衡感覚の変調のような普通ではない強い違和感が発生したようだった。スタジオに入ると右の耳が詰まったようになりキーンという音を送信されていた。毎度のことであるが、各楽器の音に対して全部声の送信で被せる「なぞり」のようなことをされるので純粋に楽器の音を聞くことが出来ない。また、低音を強く聞かされたり、高音が煩く聞こえたり、自在に音を加工して聞かされてしまう。それはリアルタイムで起こっていることだ。

今日は全体的に被害は弱かった。ここ数年間はスタジオにいる時の被害が酷く、音はまともに聞けないし、話しかけられても満足に口を利けないほどであったし、強い不快感と怒りを起され大変な苦労をしていたが、それを思うと最近は楽になっている。

しかし、実際の演奏に関しては確実に妨害をされているので実力を発揮することは到底不可能だ。その演奏妨害も巧妙に行われているのだが夢中で演奏しているので何をされているかを感じ取る余裕はない。やはり記憶障害が酷く演奏フレーズが全く思い浮かばなかったり、自分でやった事をその場で忘れてしまうようだ。

それと声の送信による演奏フレーズの命令と、それをやらされてしまう被害があり、聞こえたフレーズを演奏させられてしまう時と、それとは違うフレーズを考えて演奏する時とがあり、そもそもそんな事をしていたら自然な演奏ではなくなってしまう。また、ソロの最中に間違ったメロディーを執拗に聞かされるのでそれに騙されないようにするのに大変な苦労をする。従ってそう言った妨害を受けている中で不本意ながら演奏を続けるしかない。当然、それらは第三者から見ると調子が悪いようにしか思えないのだろう。

帰宅後は集中的に畳み掛けるような声の送信を受け著しい迷惑を被った。ついでに今日の演奏を少しだけ聞いたら脳への攻撃が激しくなり声の送信で強く貶され、同時に強い怒りも送信されたので激しいストレスとなった。いまは鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえない。気持ちも全くリラックスせず、まるで戦闘態勢になっているかのようだ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる