睡眠妨害の拷問が続いている

15:30
このところ連日の睡眠妨害が続いている。パターンとしては就寝時にすぐに眠れないように、音声送信をしたり、顔などを痒くしたり、体を痛くして安らいだ気持ちには絶対にさせない。そのうちに眠くなってくるのだが、頭を叩かれる感覚や爆発するような音を脳内に聞かされる。そして、それらを無視していると知らないうちに眠ってしまう。しかし、1時間もしないで突然に人工夢を見せられるなどして目が覚めてしまう。その時には体が熱くなっていたり、冷えていたりして体温の感覚を狂わされている感じもする。

そのように目を覚めさせられても自分としては無視をして眠りたいし、眠さが強いので時計を確認するには至らなかったりするのだが、酷い時には強い尿意などで強引に目を覚めさせられてトイレに行かされたりする。それはあたかも予定されている行動のいくつかを脳にインプットとしてスタートボタンを押しているかのように行動させられてしまう。先に、自分が取るべき行動が頭の中に浮かんでくるので、それをしないように思うのだが、衝動のようなスイッチがはいるとどうしても動いてしまう。しかし、例えば、寝巻きのまま外に出るなどの日常にない行動は取らないしインプットされない。

そして、再度寝ようとするのだが声の送信がうるさかったり、痒みや痛みを発生させられるのですぐには眠れない。やっと眠ったと思うと3時間くらいで強制的に目を覚めさせられてしまう。それが朝の6時とか7時くらいだったりする。それも無視して寝るのだが、一時間ごとに目が覚めるみたいな感じで眠った気がしない。

そして最後は目覚ましを止めて9時とか10時まで寝るのだが、起床するとすぐに脳内音声による歌のリピート送信が始まり、酷い疲労感と寝ぼけに見せかけた脳への攻撃が始まる。言って見れば、寝ても起きても攻撃が途切れないという状態である。

15:54
仕事が忙しいので音声送信や頭痛、平衡感覚の変調、記憶障害などを起こされているが無視をして続けている。被害はそれほど強くはないが何もないレベルから比べると大変なものである。午前中に仕事で話をしている時などは、なぜか煩くてたまらなくなり、自分の声に反応するようにして聴覚に煩く感じる信号が送られているのかと思ったら、誰も喋っていなくても煩くて堪らない感覚がしていた。

それと、脳の操作と音声送信の混合の被害で、黙って静かにしていることが出来なくなってしまい、他人の話を聞くのが困難となり、ひとりで喋り続けてしまうという現象がある。これは、声に出さない呟きをせずにはいられなくなる音声送信をされている被害者なら理解できると思う。他人の話を良く聞かないで、音声送信とのやり取りを脳内でしているのならば、喋らずに黙っていられるのだが、そうも行かないので苦労をさせられる。

24:00
その後も仕事を続けた。電話で話しをしている時も声の送信が強制的に脳内に入り込んで来て電話の声を阻害してしまい、話を聞き逃してしまう。それは電話の最中に短い時間だけ何度かやられるのだが、もし、スイッチを入れっぱなしにされたら恐らく相手の話を全く聞くことが出来なくなってしまうだろう。そう言った恐怖心も本当は心の奥に刻み込まれているのだと思う。

夜は楽器の練習に行ったが左半身の筋肉の締め付けと痛みが酷く苦労をした。手の指の筋肉も非常に微妙に不器用になったかのように動かなくなる被害があり迷惑である。後は記憶障害のような放心状態のような感じにされていたが無視をして練習を続けた。

送信された音声によって思考が支配されてしまうと言った状態であるので何かの曲を想定した練習では何の曲を練習しようとしているのかを盗み取られてしまい、その曲のメロディーを脳内に送信され続け途中で間違ったメロディーを送信されるので一緒に間違えてしまう。そのたびに「ざまあみろ」と声を聞かされる。今日は二つのメロディーを同時に聞かされていたがそれも無視をして練習をした。

帰宅後は、やや被害が弱かったのだが、手首をまるで腱鞘炎のように痛くされていてそれを気にし出したら余計に痛くされ、次第に鼓膜が詰まったようになり、なんとも説明のしようのない精神拷問の世界へ突入した。痛みだけではなく精神的に「耐え切れない」という極めて強い気持ちが湧き上がってくるのだが、たとえ暴れ狂っても逃れる事が出来ないので我慢をする。

よく考えてみると途切れる事のない人工的な痛みが継続しているだけでも拷問なのだが、それに輪を掛けて極限状況のような精神状態にされてしまうという恐ろしい武器による攻撃だ。

11日1:28
音声送信が激しく攻め立てている。歯痛を起されている。

日記を書いていると時々赤いアンダーラインが表れることがある。何か意味があるようで気持ちが悪い。
画面

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様
僕も被害があり、加害者からの意識へ言葉をかけられます。
しかし、マインドコントロールが解かれないようにコントロールをします。精密に。つまり、
耳印さんが、話すことができずに直接、ビシッと傷つくようなことは
けしてありません。僕もよく会社の人としゃべれないようにされて
気になるように、「嫌われたぞ。」「お前のことやっぱり嫌いらしい」
など言われ、人間関係で悩むように誘導されますが、
直接傷付くようなことにはまず、なりません
傷つくとマインドコントロールが解けるからです。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる