激しい攻撃に耐えて仕事を終わらす

18:39
昨夜は寝させない攻撃と人工夢の攻撃により拷問洗脳の状態であった。例えば、一時間置きに目を覚めさせ、その度に夢を見させて声の送信で脅迫をして、その後、眠ろうとするのだがすぐには眠れないように顔を痒くしたり、寒くて体が温まらないようにしたり、体を痛くして寝心地を悪くさせるなどの攻撃を続けられた。

攻撃の中心となるのは「朝起きられないで世間に笑われろ」と言った精神攻撃である。睡眠妨害をされなければ全く問題なく健康的かつ文化的な生活が出来るのにそれをさせない訳で、第三者には攻撃をされていることが全く見えないので周囲からは変人だと思われてしまうと言う電磁波攻撃では良くあるパターンだ。

そのマインドコントロール状態とでも言うか、それを説明するだけでも大変なのだが、睡眠妨害が酷い時には必ずそれをやられるわけで、頭部インターナル状態のような周囲とは関係のない加害者の作り出した世界に心身ともに封じ込められてしまい、第三者からは自分ひとりの世界に入ってしまい何か騒いでいるようにしか見えない状態になるのだが、実は脳内音声や感情の遠隔操作など幅広い遠隔操作によって加害者との対決をさせられてしまっている。恐らく、多くの被害者もそうなのだと思う。

起床後は時間を気にせずゆっくりとコーヒーを入れて飲んでから出社した。しかし、仕事が忙しいので日記の更新をする時間が全くなかった。その間も脳内音声による歌のリピート送信と声による様々な悪たれを聞かせられ、また、記憶障害や考えることが出来なくなる脳の操作や、筋肉の痛み、苛々などを起こされていた。

この間もある周波数のようなものが延々と聞こえているような感じがしていて、それが何かと関連付けるマインドコントロール信号だと思っている。とにかく不快でならない状態と現実感の薄れた状態が続いている。細かい遠隔操作攻撃はひっきりなしで、畳み掛けられているように延々と続いていた。

本当に良かったと思ったのは職場の存在である。忙しいので強引に被害のことを無視して仕事を続けた。そこには第三者がいるので被害には全く関係ない人との会話がある。しかし、強く脳や身体を攻撃されていると人と関わることにストレスが発生する。なぜなら、それは本来の自分の姿ではないからだ。そこで他人に誤解をされてしまうと言ったストレスが発生し、電磁波攻撃もそこを狙って執拗に攻めるからだ。

そう言った攻撃をされながら仕事を終え日記の更新をしている。左の手首と肩、首の筋肉が引きつっていて痛いのが目立っている。音声送信と脳機能障害も続いている。

政府がこの犯罪を野放しにしていると思っている。

22:13
痛みを中心とした激しい拷問が続いている。脳への攻撃は記憶障害が強いが、放心状態のようになり何も考えられなくなる。その状態ではテレビの声が聞こえていてもBGMのようにただ聞こえているだけで理解をするために集中して聞くことが出来ない。普通は意識を向けるだけで何も考えなくてもテレビの声が理解できると思う。聴覚に雑音を送信されて聞き難くされてもいる。また、一生懸命集中しようとすると目線がずれてしまい、その瞬間に意識がどこかに行ってしまったり、声の送信で呟かされたりして集中して聞くことが出来ない。そんな攻撃から想像すると完全に脳機能を奪い取ってしまい狂人のようにするのはスイッチ一つで可能だということだ。

左半身の筋肉の引きつりと痛みが酷い。また、夕食後はお腹に空気を溜められて、息をいくら吸っても吸いきれない呼吸困難にされていた。精神状態は全くリラックスしない最悪の気分で止め処のない怒りが湧き上がって来ている。昨日あたりは「もう本当に嫌になる」という言葉が何所からとも無く脳内に発生していて無気力にされていた。

遠隔からのリアルタイム監視は人とすれ違ったその一秒くらいの瞬間も逃さずに、顔を寝ぼけたようにして目が半開きの虚ろな目にするなど変質的である。

子供が頭痛で学校を休むことがあまりにも多いので電磁波被害だと思っている。
急に歯が痛くなるのも被害なのだろうか。歯の奥が痛くなる。


アメリカの被害者団体のFFCHSを応援したい。
勿論寄付もした。
FFCHS広告プロジェクト

24:55
脳や身体に対してかなり過激な攻撃が続いている。先ほどから腹に空気を溜める遠隔操作を延々とやられている。これも内臓が勝手に動く世界であり、大量に空気が溜まって排泄できない苦しさは人類未体験と言えるだろう。

とにかく拷問状態だ。

殺意ある電磁波テロが野放しでは困る。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる