意図的に記憶を消す犯罪

テクノロジー犯罪の被害では記憶力が低下するとか言葉が思い出せなくなるなどの被害を訴えている方が少なくない。その記憶障害が日常化して慢性的になる被害も含めて、途切れることのない遠隔監視により狙い済ましたように瞬時に記憶を消してしまう被害がある。たとえば人に何かを伝えるために記憶の中にあるものを文章にしている段階で記憶を消されてしまうと通信の自由や言論の自由を根本から奪い取ったことになる。

犯罪の手口としては、どれほど酷いことをされたかの記憶を奪いながら拷問を続けると言う悪辣さに加え、被害者の証言能力を奪い取ってしまうことにもなる。さらに、他の被害と組み合わせて精神病のように見せかけることも可能である。

これほどまでに危険な武器による攻撃が一般人に対して無差別的に行われている。


被害日記

昨夜も就寝時に1時間ほど睡眠妨害をされた。朝は5時半に起こされてしまった。そのために起床時間を1時間遅らせた。目覚めると声の送信で「おまえのその生活が世間から信用を失い、精神病だと言って笑われる原因になるぞ」とあらゆる角度から陰湿極まりない、しかも無理やり結論をそこに結びつける論調で暫くの間聞かされ続けた。

今は会社にいるが、音声送信と記憶障害と身体への日常化した様々な攻撃を受けている。被害程度は中程度だ。しかし、何かをしようとするとその場で記憶を消されてしまったり、知らないうちに忘れていたりする。また、消した記憶を声の送信で思い出させることも時々ある。

18:20
仕事が終わったところだが、先ほどから被害に関係した文章の作成を始めたのだが、脳への攻撃が強くなり思考能力、判断力が極めて低下している。時間感覚も無くなっているが自分のやっていることに自信が持てなくなるほどではない。しかし、声の送信による意識の誘導で、間違って高い料金を払うシンポジウムに参加してしまいそうになった。よく考えると声だけではなく意思決定を変えられてしまう遠隔操作をされていたように思う。

18時頃からは鼓膜が詰まったようになり周囲の音がよく聞こえない状態であり、頭部圧迫感も強いが、とにかく記憶障害が酷く、ひとつの事をしていると他の事を忘れてしまう状態だ。文章の構成などには大変な苦労が伴い、落ち着きがなくなり、すぐに止めてしまいたくなる。そのように集中力がなくなるような脳の遠隔操作も行われていると感じている。

24:38
夜は楽器の練習に行っていた。足が変だと思ったら動かそうと思った時に自分の意思より先に足が動いていた。勝手に筋肉を動かされている印象が強かった。これは加害のタイミングが早かったので気が付いたのだが、なにか運動神経が鈍くなったような、意志の通りに体が動かないような、動かしたという実感が薄れるような違和感の被害がよくあるので脳神経をやられていると思っていたが、そのようなやり方でも似たような感覚になるようだ。

そして後半は脳内音声によって、ある曲のメロディーの一部を執拗に送りつけられてしまい、昨日と同じように全く練習にならなかった。自分の出した音に集中できずに脳内音声の方に神経が行ってしまう被害は常にあるのだが、送信と同時に不快感や嫌悪感などを送られているようで耐え難い怒りが発生した。

今も執拗に脳内音声で歌のリピート送信をされている。いつも室内が暗く視力が低下しているのだが、一時的に部屋が見違えるほど明るくなり、くっきりと視力が戻り、ついでに視野も広くなってしまった。日常化している被害があまりにも多いので書き切れない。

少し暗いですが電磁ハラスメント被害を訴えるアメリカの街頭広告です
電磁ハラスメント看板

The Secret Crime...

You are Not Alone.

CALL: 1-800-571-5618

Freedom From Covert Harassment & Surveilance
www.freedomfchs.com


寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる