日本で一般人が遠隔拷問を受けている

テクノロジー犯罪と言われている人間の遠隔操作は、誰が、何処から、どうやって行っているのかが判らないために、また、目に見えない拷問である為に、今までに無かった精神への拷問も含まれている為に、理解できない人が多いようだ。その拷問の内容はおぞましく、殺意がなければ出来ない武器による暴力である。

フォーラム2011

現在日本では、こう言った犯罪被害をなくす動きは表面化していません。被害者が必死で訴えているだけです。その訴え活動にも多大なリスクが伴っています。恐ろしい世の中です。


被害日記

10:30
今日も目立った睡眠妨害は無かったが、昨夜は攻撃が激しく寝るのが遅くなってしまい、更に就寝後に眠らせない攻撃を少しやられたので結果、睡眠時間は5時間程度である。起床後は、少しずつ声の送信や脳内音声による歌のリピート送信が始まり、左肩の筋肉と右腰に痛みを発生させられ、考えることを出来なくされ、次第に攻撃が強くなり、最後はやり場のない強い怒りを送信されてしまった。それでも無視を貫いて出社した。

途切れる事無く、心身に苦しみを加える拷問だ。

いまも、声の送信による脅迫が行われている。「君が一番罪が重い」と声を聞かせると同時に胃に負担が掛かり胸が締め付けられるような感覚を送信して来たり、「警察が笑っているぞ」と声を聞かせて悔しくてたまらなくなる感情を送りつけたりする。これは究極の洗脳と言いたい。

22:46
今日は壊れたパソコンのハードディスクの交換をしていた。再インストールとなるので結構な時間が掛ってしまった。途中で間違いに気が付きやり直したりもした。最後に完成した後はウインドウズアップデートが沢山あり、あまりにも時間が掛かるので途中でキャンセルをしたら電源が切れなくなってしまった。家電のように扱われているが、やはりパソコンはそれなりの扱いをしなければならないと思った。明日、もう一度再インストールをしたい気分になっている。

被害の方は全く途切れないのだが、18時を過ぎるまではそれほど過激ではなかったと思う。何しろ記憶障害が強く、その日の朝の出来事が思い出せないほどだ。18時を過ぎると脳への攻撃や呼吸困難、筋肉のひきつりなどかなり被害が強くなったが、それでも文章作成などをやれたので極度の被害ではなかったと思う。声の送信では脅迫の連続で、何かテレビのチャンネルを変えたかのように自分の感覚が変わってしまい、周囲の雰囲気もさっきまでとは全く異質なものに感じられた。

帰宅後は自分で演奏した音楽をネットにアップするために聞いていたが、そこではかなり強力に妨害をされた。声の送信による呼吸のなぞりと、呟かずにはいられなくなるような舌に刺激を伴う悪質なものだ。それと楽器のメロディーに合わせて嫌味を替え歌のように聞かせていた。更に、暴れ出したくなる感情を送り続けられたので大変な苦労となった。

音楽の方は4曲ほどアップした。

24:14
強い攻撃はなくなったが、相変わらず脳内音声の送信によって無理やり呟かされている。記憶障害も続いている。心臓を苦しくしたり、お腹に空気を溜めたり、呼吸困難にさせるなども時々やられている。

ところで、先ほど声の送信で無理やり呟きを変えられてしまった。普段は同じ単語の連続をしていて、それを違う単語に無理やり変えて呟かされたのだが、実際に呟かされる前に何かが脳に送られてきているのを感じ取れた。それは初めてのことではなく、脳内音声としての声が聞こえる瞬間前に脳が閃くような形で発想(送られて来たもの)を感じ取れる時がある。

寝る。

追記
インターネットメールの送信が出来なくなった。サーバーが見つからないと言うのだからDNSに関係しているのだろうか。チャットをやってもいないのに勝手に接続しようとしていた。携帯電話からやったら問題なく送信できたが、今度は携帯電話からツイッターに繋がらなくなった。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる