徹底した攻撃で被害者を過激にさせる

13:16
電磁波攻撃では、ひたすら被害者を自殺・発狂へと追いやる為に攻撃が続けられている。この強烈な攻撃は脳や身体の機能を奪い取り、耐え難い苦痛を受けさせるだけではなく、電磁マインドコントロールにより感情を高ぶらせて被害者に過激な行動を取らせる方向でじわじわと続けられている。一気に発狂させて自殺に追いやる事も可能だが、出来れば社会に対して過激な行動を取ってもらいたいと思っているのがテロリストである加害者の狙いだ。

昨夜はそれほどの睡眠妨害はなく、「連続で5時間寝させてやったぞ」と声を聞かされて7時に目が覚めた。しかし、休みなのでもう一度寝て10時に目が覚めた。起床したのは11時頃だが、この時間までパソコンの前でメールの返信をしていた。

それは、余りにも強力な脳への攻撃と声による干渉のために考える事ができなくなり、時間が掛かってしまった訳である。起床後にいきなり、目眩と脳機能障害、身体障害を起され普通に歩くことが出来ないほどに攻撃をされた。脳内音声による歌のリピート送信と声による憎まれ口を聞かされ、強い頭部圧迫感と重力が強くなったように感じる体の重さ、異常に悔しさを感じ、暴れ出したくなるほどの怒りを起され、鼓膜が詰まったようにされ、正体不明の煩いと感じる何かを送り付けられ、首や腰の筋肉が硬くなり、呼吸困難にされた。

眼球にも圧力が掛かっているようだ。それこそ、この世の終わりみたいな気分にされ何もする気がしなくなる。それはすべて、電磁マインドコントロールと健全な脳活動をさせない遠隔操作のためだと思っている。

こう言った状況に追いやられると、破壊的な感情がわきあがり、怖いものなんか無くなってしまい過激に何かをしてしまいたくなる。その何者も恐れずに突っ走るような感情の矛先をどこに向けさせるかを遠隔操作する事も可能である。しかも、心拍数が上がり慌てる遠隔操作も行われるので短絡的になってしまう。

そして、最後は記憶を消してしまい、何をしようと考えていたのかまで忘れさせてしまう。残るのは苦しみだけである。この破壊活動を野放しにしている政府。これでは国家犯罪だと言う人が出てくるのが良く判る。

23:52
今日は徹底的に、これまでにないくらい激しく攻撃をされ続けた。特に、頭痛に近い頭部圧迫感と強い後頭部の違和感と共にやり場のない強い怒り、暴れ出したくなる衝動を延々と起され続けた。同時に行われていた思考能力の低下は、何も考える事が出来なくなり声の送信の餌食となってしまう。また、体も筋肉のひきつりや痛みが発生していた。とにかく腹が立って怒りが止まらない。当然、心拍数も上がって興奮したままだ。

そんな状態で昼食を食べに外に出ると店の中でも強く興奮をさせられ周囲の人間と目が合うと腹が立つという状態にされた。自動車を運転していると急に左右の目が逆転したような変な感じになるが、左右の視力を逆転させられていたようだ。

帰宅後に自分が覚えるべき音楽を聞いたのだが、気分が音楽を聞くような状態ではなく全く耳に入らなかった。しかし、ここでもやり場のない怒りと暴れ出したくなる衝動を起されて、暴れ出しそうになってしまった。そんな時には鼓膜が詰まったような不快感や声の送信による罵声が酷い。

夕方には楽器の練習をしに行ったが、そこでも激しく妨害をされた全く練習にならなかった。まず気持ちが音楽をするような気持ちではなく、考えることが出来ない状態も続いていた。その上に、記憶の消去、意志の通りに体が動かない、強い怒りと暴れ出したくなる衝動などを起されて大変な苦労を強いられた。

夜も食料を調達するために外食としたが、食べている時に無理やり舌を噛まされたりした。買い物をしている間はそれほど激しい攻撃は無かったが、帰りの車内では不快な状態にされた。

帰宅後はパソコンが起動しなくなったのでハードディスクを調べてみると読めないセグメントがあったらしい。それが直ったのかどうかは知らないが起動したので日記の更新をしている。

後頭部から背骨に掛けての強い違和感と考える事が出来ない状態は今も続いている。下腹に空気を溜められて苦しくされている。日記の更新を始めると急に加害者が怒り出し、左の肩や首、顎、足の筋肉が引きつって痛い。

これほど激しく攻撃をされたのは数年ぶりだと思う。

家族がどんな目に遭っても、命を掛けてでも徹底的に戦いたいと言う気持ちにさせられている。これが電磁波による遠隔マインドコントロールの恐ろしさだ。

最近、二つほど広報をしたが、まだこれからも予定があるので攻撃が続く限り実行させて貰いたいと思っている。この殺意ある無差別テロ。実は、苦しんでいる被害者は多い。

30日1:38
少し遅くなってしまった。
それにしても酷い攻撃だ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる