テクノロジー犯罪被害フォーラム開催のお知らせ

下記日程にてテクノロジー犯罪被害フォーラムが開催されます。今回は「大量監視社会」の著者である山本節子さんの「マインドコントロールと大量監視」という講演が予定されています。どなたでも入場できますのでご興味のある方はどうぞ。

東京フォーラム
2月11日(金) 午後1~5時
東京千代田区役所区民ホール

大阪フォーラム
2月13日(日) 午後1~5時
大阪旭区民センター集会室1

共に入場料1000円
フォーラム2011


被害日記

12:35
昨夜の就寝は2時頃だったが、朝の6時半に目が覚める。テクノロジーによる睡眠妨害であるが、ここ数年、連続で5時間以上寝たことがないと記憶している。当然、もう一度寝るわけだが、例えば、6時半に目が覚めて7時にトイレに行ってからもう一度寝ようとするとすぐには眠れずに、そんな時には時間が経つのが早く、再度眠りに就くのは8時頃になってしまう。そして、次に目が覚めるのが11時であった。合計して8時間くらいは寝たことになっている。もし、就寝時間を早くして12時にしても、2時頃までは寝させない攻撃を受け眠らせてもらえない。

起床後には、小さいボリュームで脳内に歌のリピート送信と声による語り掛けが聞こえているが、それよりも、すでに脳に対する何かの信号が送られていて、決して自然に状態でないことが確認できる。それが何よりも気分が悪く、毎日の拷問の基になっている。その信号はマインドコントロール信号と思われ、途切れる事の無い継続した脳への刺激となっていて、脳の芯が痺れているような感じで思考の自由がなく、周囲の状態を自然に感じ取ることができなくなっていて、特殊な感覚に包まれているように感じる。

毎日同じことの繰り返しであるが、そういう被害なので仕方なく日記にそれを報告する。その状態を嫌だと思っても逃れることは到底無理で逆にヒステリーを起しそうになる信号を送りつけられる。だから、やられるままにしているしかない。

思考能力の低下、強い疲労感と肩や腰の痛みを起されている。

23日1:43
相変わらず、苦しくて溜まらない攻撃を受けて拷問状態にされている。それは、脳内音声による歌のリピート送信であり、同時に行われる呼吸困難と、音声送信の方に意識を持っていかれ自由にものを考えることの出来なくなる脳の操作と、その状態を強く嫌だと思う嫌悪感と、暴れ出したくなる衝動だ。さらに、脳への攻撃をされている事が判る脳の芯が痺れたような感覚だ。そう言った発狂寸前に追いやる攻撃を遠慮なくしてくる加害者である。

いまその攻撃を受けたきっかけは、自分が演奏をする曲をどのように演奏するかをイメージしたら始まった。曲のメロディーを頭の中に思い浮かべて、それにマッチしたソロを考えたりするのだが、その時に自分で思い浮かべた曲のメロディーをテンポもそのままにリピート送信をされてしまう。するとそれが邪魔でイメージが出来なくなる。更に、ソロのフレーズもデタラメを次から、次へと口真似で脳内に聞かされるので、純粋な自分の発想が出来なくなる。実際に楽器で練習をしている時にもそれをやられるので酷い迷惑をしている。実際の演奏の時には、間違ったメロディーを脳内に聞かされるので曲の何所を演奏しているのか判らなくされてしまう。当然、演奏妨害はそれだけではなく、著しく想像力を低下させられているので自分のイメージとは程遠い演奏となっている。また、記憶障害が酷い時には演奏中に曲のメロディーすら思い出せなくされる。

本当に発狂寸前まで追い込まれた。この攻撃の大部分はパニックになるような精神への拷問だと思っている。それが弱まったと思うと筋肉が引きつって痛みの攻撃に変わる。何をするにも苦痛を送信してくる加害者だ。一秒たりとも自然な快適な状態にはさせない。

昼は牛丼を食べに行ったのだが、そこでは笑いが込み上げてくる操作をされてしまい他の客の前で声を出して笑いそうになってしまい大変な苦労をさせられた。食後は突然に鼓膜が詰まったようにされ酷い不快感に襲われてしまい、思考能力を極度に低下させられたので、仕事が休みで天気も良いのに何をしようかと言った想像すら出来なくなり気分の悪いまま帰宅した。どうしても考えることが出来ない状態である。

それでも夕方からは、楽器の練習をするためにスタジオへと向かった。練習中も思考能力を低下させられたり、考える事が出来ない状態ではあったが激しく妨害はされなかった。しかし、絶妙な筋肉の痛みと疲労感を発生させられて、その痛みとの戦いとなった。絶妙というのは、実際に使っていると思われる筋肉の近くを攻撃されるので、例えば第三者からみれば練習のし過ぎではないかと思われてしまうやり方である。

夜は、知人と喫茶店で話しをする為に待ち合わせたのだが、そこでもコーヒーを飲むとすぐにお腹に空気を溜められてしまい苦しくされた。苦い薬でも飲まされたかのように口の中に変な味と匂いを感じさせられてもいた。更に意識障害と不快感を起されてしまい、何故か、周囲の人間に対して自分が負けているような、虐められているような気持ちになり、周囲の人が笑うと自分の居場所がなくなってしまうような気持ちにされた。

知人が来ると椅子に座っているのが苦痛になるような痛みと疲労感を腰などに発生させられ、音声送信が強くなり話をしていても半分程度しか理解できないような状態にされた。また、喉を攻撃されて声が出し難く、声が大きくなってしまっていたと思う。

帰宅後はパソコンが何度やってもフリーズしてしまい起動できない。ネットワークケーブルを外してもフリーズしてしまう。最初にログインする画面が現れてパスワードを入力後にエンターを押すとその瞬間にフリーズしてしまうのが多く、マウスの操作も利かなくなったりしたが、最後はパスワード入力後にエンターキーを使わずにマウスでログインが出来たので何とかなった。15回くらいは再起動を繰り返したと思う。

相当に激しく攻撃をされているような日記だが、もしかするとかなり激しく攻撃をされている部類に入るのかも知れない。

寝る。


追記
3:57
攻撃が酷く寝るのが遅くなってしまったが、また、眠らせない拷問を受けている。脳を覚醒させられ、首の痛み、ひっきりなしの顔や体のかゆみ、体が冷えて暖まらない攻撃だ。殺意がなければ出来ない攻撃だ。子供にも攻撃をして脅迫をする所なんかプロの手口だ。

COMMENTS

No title

加害者の行為はただのマインドコントロールではなく
マインドコントロール+洗脳+催眠術だと思います。

>>何故か、周囲の人間に対して自分が負けているような、虐めら>>れているような気持ちになり、

非常によくわかりますし、多くの被害者に共通した部分だと思います。
僕はこれが毎日です。
他のスタッフと比べて。。などスッタッフの人を自意識して
敗北したような感覚を出されます。
逆にいうと、自分を自立させてた才能や人間性を
弱体化、劣等化され出さないようにされてしまった為に
他者に自意識して敗北したような感覚にさせれるように
出来るようになったともいえます。
どんどん、被害者は弱体化していきます。

この特殊マインドコントロールは弱点があります。

実は、自分の才能や自信などは
快楽、満足がA→Bに神経が流れてる時に
途中でせき止められいる為にされているのです。

特殊な頭をマッサージすることで
マインドコントロールで失った才能、能力などを取り戻す事が出来ます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる