それでもまだ逆らうかと脅迫される

15:52
連日の酷い睡眠妨害である。何年か前のように暴れ出したくなる衝動を起されないので(あっても軽度)家や家具などを破壊しないで済んでいる。起床は12時だったろうか。「会社で笑われろ」、「親子で精神病と言われろ」などの声の送信をすべて無視して11時に目が覚めたが直ぐには起きなかった。子供も3日連続で頭痛のために学校を休んでいる。先週は一日だけしか登校していない。いじめられている訳ではない。病気でもない。だから電磁波攻撃なのだと思う。

起床後も脳内音声による歌のリピート送信が続けられ、酷い疲労感や腰痛があった。子供が学校を休んでいることが判った時に「どうだ、それでもまだ逆らうか」、「参ったと言わせてやるよ」と声の送信で言われた。これは武器の力により人を支配しようとする加害者の考えがそのまま言葉になったと受け止められる。

加害者は無口な被害者になる事を攻撃しながら要求してくる。しかし、たとえどんな人間がこの被害に遭わされても黙って「どうぞやってください」なんて事は有り得ない。それは、痛ければ「痛い」、苦しければ「苦しい」と言うのが正常な人間の反応であるからだ。

ではなぜ犯罪被害を訴えるか、それは加害者が「お前は遠隔操作の被害者なんだよ」と嫌でも判るように攻撃をするからだ。それにより、苦痛と屈辱が倍増するしくみになっている。

現在、苦しんでいるのは被害者だけかも知れないが、犯罪の存在の認知が進んでいく時には社会が混乱することは間違いないだろう。真にプライバシーの無い生活を強要し、自由に物を考える事を出来なくさせる武器が一般市民に向けられていて、自覚なき被害まで存在していることを多くの人が信じるようになったらどうなるのかと思ってしまう。

18:15
激しい睡眠妨害により生活をメチャクチャにされているので、仕事や犯罪の広報など計画していた事ができなくなっている。脳内音声による歌のリピート送信と声による陰湿な語りかけは途切れる事無く続けられ、記憶障害など脳への攻撃は軽度であるが、疲労感と背骨を中心とした倦怠感が続いている。特に首の後ろの違和感は脳の芯が痺れたような不快感を生み出している。

匂いに関してはわけが判らないような状態であり、味覚は口の中に何も入っていないのに苦くなったりする時がある。聴覚も自然に周囲の音が聞こえる状態ではないので、脳への攻撃と混ざって周囲の雰囲気を自然に感じ取る能力を奪われている。

これらの被害は特に変わった訳ではなく日常的に強弱を付けながら延々と行われている。その一方的な人権を無視した攻撃の強弱の中で被害者は地獄の苦しみを受けつせられたり、ほっと一息ついたりして、結果的に武器による支配下に収められている。

こんなことが許される世の中では困る。

24:48
夜は楽器の練習をしていた。脳への攻撃と音声送信は途切れる事無く続いていた。妨害はそれほど激しいものではなかったが、体が意志の通りに動かなくなったり、記憶障害を起され連続性を持った練習が困難になる場面があった。また、そのような妨害に対して嫌だと思うとヒステリーを起してしまいそうな感情を送られたので、無視をして練習を続けた。筋肉や腰の痛みが発生してそれを我慢しいてた。それらはすべて私が爆発しないぎりぎりの線を狙って遠隔操作をしているのだろう。

帰宅後も同じような被害が続いていて、一時的にやり場のない怒りに襲われたりした。腰の疲労感と痛み、首の後ろと肩の疲労感が続いている。これらは自然現象と思われがちだが被害である。すでに、今夜も寝させないぞと声の送信で脅迫されているので恐怖である。

寝る。

COMMENTS

No title

被害を受けているという確定的な証拠はあるのでしょうか?
また、発信もとの特定はできないのですか?
とても気になります。

Re: No title

> 被害を受けているという確定的な証拠はあるのでしょうか?
> また、発信もとの特定はできないのですか?
> とても気になります。

被害を受けているという証拠は自分自身の感覚です。最初は不思議な霊的なものを感じさせる程度の被害であり、その時点では被害と確定は出来ませんが、最後は嫌でも加害者とテクノロジーの存在を知らされてしまう訳です。私個人として発信元は特定できていません。

誰をも納得させられるだけの証拠があれば、この犯罪を終わらせる事が出来るのでしょう。また、一部の被害者の方では証拠になりえる可能性の高いものをお持ちになられているようです。しかし、いずれにしても公的に信頼できるような専門家による鑑定などが行われなければ役に立ちません。そう言った意味で公的機関としての調査を要望しているわけです。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる