執拗に続けられる脳への電磁的攻撃

12:46
昨夜は早く寝ようと思い1時頃には床に就いた。しかし、そこから眠らせない拷問が続いた。寒くて体が温まらない攻撃などをされてしまい眠ったのは3時頃だと思う。そして、朝の7時に目を覚めさせられてしまった。大体、4時間くらいで目を覚めさせられてしまっている。そこで起きてしまっても構わないのだが癪に障るのでもう一度寝る。

加害者は常に世間との戦いへと導こうと誘導をする。朝起きれないと世間に「ぐうたら」呼ばわれされる。それが嫌なら睡眠時間が短くても朝起きるしかない。脳や身体を強く攻撃され自分の能力を発揮出来ずに、著しい不快感に襲われていても「精神病」呼ばわれされるのが嫌なら犯罪被害について口にしなければ良い。

電磁波テロという犯罪被害を止めさせる為の活動も、世間との戦いをさせるべく誘導してくる。政府、マスコミ、政治団体、宗教団体、それら複雑に関わりあった世間との対決になってしまうように声の送信で虚偽を吹き込み巧みに誘導をしてくるが結局は八方塞にして無口な被害者にするのが目的なのだろう。そんな中でも被害者どうしの争いや仲間割れのような事は避けたいと思っている。

被害者の願いはただ一点、犯罪を止めさせることだ。

昼休みのブログ閲覧では強力な脳への攻撃をされて読むことが出来なかった。脳内音声での歌のリピート送信、デタラメ引っ切り無しの声の送信も併せて行われている。何か慌ててしまい落ち着いて一つのことが出来ないように脳の操作をされている。

こうやって日記を書いていても、気が付くと思考が別の世界へ行ってしまうために、文脈が変でないかを確認するために時々戻って読み直して確認をするが、その時に強い記憶障害を起されたり、根気がなくなってしまい読み直すのが面倒になるので大変な苦労をする。これほど酷く脳を攻撃されるようになったのは、ここ1~2年くらいかと思っている。

思考が別の世界へ行ってしまうと言うのは、恐らく空想をする領域に意識の多くが行ってしまうような状態を擬似的に作り出しているのだと思う。それは、かなりの強制力を持っているので自分の意思を強く持ってもやられてしまう。

脳の遠隔操作は本当に恐ろしい。

16:51
起床後、7時間、延々と同じ曲を脳内に放送をされている。しかも脳の操作も行われていて、何も考える事が出来ず無能者のようにされている。職場での攻撃は昨日と違い意識障害や、強い嫌悪感などがなく普通に感じるが、何しろ歌のリピート送信が悪質で、耳から聞こえる他人の声と混ざってしまうことがあり非常に煩わしい。

そして、その事について嫌だと思うとヒステリーを起こしそうな雰囲気を少しだけ送りつけて来たり「おしっこを漏らさせてやれ」と声を聞かせて尿意を感じさせたり、発狂して脱尿してしまうような予感のようなものを送りつけてくる。

拷問そのものであり、よほど強い意志を持って何かをやろうとしないとボケたまま何もせずに一日が終わってしまう感じた。そのように何もさせないと言った絶妙な脳の遠隔が行われている。拷問そのものだ。

24:40
無能化というか無力化のような被害が続いている。基本は無気力にして何事にも集中をさせない。下腹と腰の筋肉が緩んで姿勢が悪くなっている。それほど激しい攻撃はないが、声の送信とのテレパシー通信のような強制会話が続いている。強制会話というのは、その場で起きている事に対して声の送信で割り込んで来て、勝手に私の意見を代弁して聞かせたり、考えを間違ったマイナスの方向に誘導してくる。

無視をしていても聞き捨てならなくなり、声に出さない呟きで反論をしてしまったり、誘導性の強い声の送信で無理やり自分の考えとは違うことを呟かされてしまったりするので強制的に会話をさせられてしまう。しかし、それでは癪に障るので、突然と考えを違うことにすりかえたり、非常にバカバカしい普通なら考えないような事ばかりを考えている。従ってまともな事を考える時間はほとんどない。それがもっと酷くなると脳が機能しなくなり何も考えられなくなり、声の送信に一方的にやられまくる。

本当に、そこまでやられていない被害者の方には効果的な広報をして頂けたらと思っている。何かとご協力下さっている方達には心から感謝しています。

寝る。


追記

5:47
2時に就寝して、3時に起こされ、そのまま寝させない拷問へと展開している。攻撃は様々だが、休むことなく喋り続けている声の送信から、加害者の異常性はもとより、寝ずに破壊活動をしなくてはならないという強いストレスを感じ取れる。

こんなことをしなければならないのだから、よほど困っているのだろう。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる