もう一つの目

テクノロジー被害には視野盗撮というのがあり、目に映っている視野を遠隔にいる加害者に盗み取られてしまう。ところで、目玉が勝手に関係の無いところに行ってしまう被害、見たくもないところを見てしまう被害などがあり、それらは色々な方法で行われているのだが、目線を移動させるために使われている方法の一つとして、映像送信の目というのがある事に気が付いた。目は移動するものには視線が行くという自然の原理を使ってサブリミナル的に視野の中に目線を移動させるためのポインターのような映像を送り込んで、それを移動させて目線を動かせようとする時もあるようだ。

今更ではあるが、映像送信とは何所に映像を送っているのだろうか。網膜に映る視野と脳内でイメージする映像は別だと思うのだが。


被害日記

昨夜は、音楽を聞いたために被害が酷くなり寝るのが遅くなり3時を過ぎてしまった。就寝時には鉄砲で撃たれるような音が聞こえ、頭に衝撃が起こった。顔を痒くされたりもしたがそれほど長くはやられなかったので、すぐに眠ってしまったと思うが、朝の7時半に突然目が覚めてしまい、声でなにやら脅迫をしていた。トイレに行った後すぐに寝て9時半に目覚ましで起きた。

脳内音声による歌のリピート送信や声による干渉が早速始まり、酷くはないが脳への攻撃も行われている。また、疲労感があり、耳にはキーンという音を送信されている。これから被害者の会と音楽の演奏のために出掛ける。

17日1:08
遅くなってしまったので簡単に記そうと思う。

行きには、何故か被害が軽くなり、頭のボケた感じの不快感がなくなった。そして、視力の低下をはじめとする視覚に対する変調もなくなり、それこそ生まれ変わったかのように景色を細部まで見届けることが出来、そこから何かを感じ取ったり、嬉しさも感じた。脳の芯が痺れたような状態だと、知覚が心の奥まで届かない感じで不快になるのだが、少なくとも視覚に関してはクリアーであり、雲を眺めたりしていた。

しかし、声の送信で思考には干渉されていたし、記憶障害のような、いまひとつ想像力が働かない状態であったので、自分ひとりの世界で深く物を考えることは出来なかった。それにしても感動的なほどに視野がスッキリしていた。

被害者の会では議題が多く、それぞれの意見もあるので相当な時間を掛けないとならないような感じであったが、手堅くまとめていた。

その後は音楽であるが、スタジオに入って音楽を聞きだすと声の送信で、それぞれの楽器の音に合わせて下らない言葉を送信されるので純粋に音を聞くことが出来なかった。さらに、その場で演奏している楽器の音を盗み取り脳内に再送信されている感じで、それと一緒に舌が動いて呟かされてしまう攻撃を受けた。そして、暴れ出したくなるほど興奮をさせられてしまい、ひたすら我慢をした。

自分が演奏をする時も様々な妨害をされたし、脳への攻撃も受けていたので、余りにも酷い演奏は無かったが、すべて実力は発揮できず、不本意な演奏となっている。演奏中も声の送信は途切れることがないのだが、妨害をする度に「ざまあみろ」のように憎まれ口を聞かせられた。

それから、ご心配なさりコメントを入れて下さった方、ありがとうございます。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる