人格改造と記憶の消去

テクノロジー犯罪では記憶の消去が行われる。例えば、話をしている最中に頭に浮かんだ事柄を忘れさせられてしまう被害がある。いま話している内容が終わってから、或いは、相手の話が終わってからその浮かんだ事に関して話をしようとするのだが、いざ話をしようとすると忘れてしまっている。また、日常生活に置いても用事をいくつも記憶して行動をしていると、それらを忘れてしまう被害がある。一つの事なら覚えていられるのだが二つ以上になると、残りを消されてしまったりする。時々、声の送信で思い出させてくれたりもする。

記憶障害が強くなると突然に自分が何をするためにそこに居るのか判らなくなってしまったり、簡単な暗算が出来なくなったりもする。最近はそこまで酷い攻撃は少なくなったが、日常的に記憶障害が続いている。しかし、記憶障害と言ってもすべての記憶が消えてしまうのではなく思い出したい事が思い出せなくなる傾向がある。また、何故か頭部圧迫感や平衡感覚の変調、鼓膜が詰まったような感じや不快感と共に記憶障害が強くなる傾向があり、やり場のない怒りも同時に発生させられたりする。

記憶障害についてどのように話を進めて行くのか分からなくなり、細かく説明すると量が増えるので止めにする。これも被害の影響を受けている。

人格改造についてだが、不快感というか「嫌だなあ」と思う気持ちになる信号を送りつけることが出来るので、何かの特定の思考や行動に対してのみそう言った信号を送りつけていれば、人間は自然に嫌なものから遠ざかるので人格改造に繋がると思った。また、何かを考えたり、行動をさせないような抑制という遠隔操作もあり、それは楽しい事を考えさせないとか夢や希望を持てない方向に使われている。

被害者はこんな事を日常的にされている。


被害日記
12:59
昨夜は知らない内に眠ってしまったが、朝の8時過ぎくらいに目が覚めた。すぐに脳への攻撃が始まり思考がし難い状態にされ、後頭部や首の後ろの強い違和感があり著しく不快にされている。鼓膜もやや詰まった感じで耳にノイズを送信されている。全身に疲労感があり腰に痛みが発生したりするが、人工的な痛みだ。こんな状態であるが都内スタジオに音楽をしに行く。何をされるか判らないという不安があり、なぜこんな苦労をしなければならないのかと思う。

24:39
明日は休日だが得意先は営業をしているとの事なので、年始のご挨拶に行こうと思い、家に帰らずにホテルに泊まっている。

被害の方は音声送信は途切れず、記憶障害の系統で思考能力が低下し想像力が落ちると言う状態が続いている。視力を悪くされる被害も困る。

結局、細かい被害はひっきり無しなのだが、やり場のない怒りや、暴れ出したくなるような衝動は起こされていない。問題はこの状態の中でどのような被害をピックアップするかである。

音楽の演奏妨害も継続した形で行われていて、突然に極端な激しい妨害をされたりはしなかった。しかし、決して快適には演奏出来ない状態だ。それ以外の場面でも同じような感じに被害が続いている。

例えば電車の中でやや挙動不審と言うか自分が不自然な状態に感じさせられて困ってしまったりするが、それ以上には強く攻撃をされなかった。従って、耐え難い苦痛は発生しなかった。
寝る。


追記
10日1:34
早速、寝させない攻撃を受けている。歌のリピート送信は途切れないし、脳の芯が痺れたような感じが続いているが、お腹に空気を溜められて苦しくさせ、肺に空気が入らないような感じの呼吸困難を起こされている。日記に追記をしようと電気を点けると「困った輩だ」と声の送信をする狂人ぶりだ。その言葉がこの犯罪のすべてを物語っている。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる