後頭部の違和感

10:17
昨夜はそれほどの苦労なく眠れたが、朝の6時前に目が覚めた。すぐに声の送信があったが脳内は静寂であり、思考もすんなりと出来た。人間がものを考えるべき姿として、脳内で自然な意識の位置関係のようなものがあった。位置関係とは脳内で意識がどの部分に行っているかのようなものであり、思考の妨害をされていない状態だ。しかし、低音の断続的な音が聞こえていた。

その後すぐに「それ以上考えるな」と声の送信をされると後頭部に強い違和感が発生して瞑っている目にも不自然な刺激があり考えることが困難になった。これは意識が自然にものを考えるのとは違う所に強制的に行ってしまう状態だと思った。脳の操作は勿論、意識の目というのがあり、それの操作もしている。

再び寝て9時半に目が覚め起床をするが、やはり後頭部に違和感があり思考能力が低下している。

24:48
色々と予定があり、それに対応すべく普段出来ない事をする為に休みではあるが午前中から外に出ていた。用事を全部済ませた後に帰宅して、今度は被害に関係した用事をしていた。脳や身体を攻撃されるので酷く妨害をされると大変な時間を要してしまうので普通以上に時間を取っていた。それほど激しい攻撃はなかったが、集中力の低下や飽きっぽくなるなどの被害が発生していた。また、声の送信による干渉や脅迫も執拗に行われるので、パソコンで言えば割り込み処理の多い状態のようなものである。

一日中、脳内音声による歌のリピート送信が行われ、記憶障害を中心とした脳への攻撃や疲労感などの被害が継続していたので不快な状態であり、やはり自由ではなく開放感は全くない。予定より早く用事が片付いたので楽器の練習をする事にした。時間があるならばテレビを見たり音楽を聞けば良いのだが、そう言う気分にはなれない。

家族などがテレビを見ている所に行くと何故か一緒に見たり、話をしたりするのだが常に脳内に音声送信の割り込みがあるので不快であり、まともに話を聞いたり出来ない。また、本を読んだりしようとしても視力が低下するし、脳への攻撃の為にまともに読めないし、読みたくなくなる。

楽器の練習の時にはスタジオに入ってすぐに息が苦しくなる呼吸困難を起され、音が極めて不自然に聞こえる攻撃をされたが無視をして続けていると、記憶障害を強くされ認識力を低下させられて間違いを連発させられた。「確信を持って間違えようぜ」、「外で、お前の練習を聞いて笑い転げている奴がいるぜ」などと声の送信で嫌味を聞かされた。その時に「悔しがれ」と挑発をされて暴れ出したくなる衝動を起された。

そのように特に目立った被害はなく、脳機能を低下させられ、不快な気分にされ、体もやや不自由にされると言った日常化している被害が続いている。しかし、日常化してしまったので何とか対処しているが、記憶障害などは大変な被害であり、多大な迷惑と損失を受けている。

日記を書いていると首の後ろが硬直して鼓膜が詰まったようにされ苦痛が激しくなり拷問被害へとなる。人間を人間だと思わない徹底した攻撃と脅迫が続いている。

こんな犯罪が野放しでは困ると何度も政府に要望を出している。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる