思考の挿入に注意しよう

テクノロジー犯罪では思考の挿入被害というのが多く報告されていることは、もうすでに良く知られているが、注意しなければならないのは、それが自分の思考と区別がつかないように行われていることである。この犯罪とは元々、嘘と間違った認識を徹底的に叩き込む拷問洗脳であることを知って頂ければと思っている。また、病気の症状を再現する攻撃手口においても本物の病気となんら変わらないくらいのレベルにまで来ている。くどいようだが、そうだと思い込ませる感情の遠隔操作や言動を行わせる為の意思決定までも遠隔操作されてしまう。これは、騙されないで欲しいというよりは知っていて欲しいというだけのことなのです。


被害日記

14:37
昨夜は攻撃が酷く就寝が遅くなってしまい2時を過ぎていた。しかし、そこから寝させない拷問が始まった。まず、仰向けに寝ていると息が吸えない。「悔しければ横を向いて寝ろ」と声の送信で憎まれ口を聞かされる。また、喘息のように息をするとヒューヒュー音がする。気管を閉められているのだと思うが、腹筋がいつもと同じように動かないし空気の入る場所が違うようにも感じた。その内にその攻撃はなくなったが、急に眠り込んでしまったのだが、すぐに目が覚めてしまう。しかし、また少しすると眠り込んでしまう。それを何度も繰り返された。

一時間くらいすると首に強い違和感が生じてどうしてもその体勢では寝られなくなる。後頭部に頭痛も発生する。しかし、根性でその姿勢で寝ることにすると、顎や頬に神経を敏感にしたような操作をされてしまい布団や枕が触っているだけでくすぐったくて寝られなくなる。それも我慢をしていると鼻に異物が付着しているような違和感が出て気持ち悪くて寝られなくなる。その他、肩や腰の筋肉にも痛みが発生して極めて不快な状態で寝ることになる。

そんな状態のまま恐らく4時過ぎまでは寝ていなかったと思うが、6時に目を覚めさせられてしまい「ぐうたら者、早く起きろ、世間に笑われるぞ」と声を聞かされた。その後は、急な尿意を起されると困るのでトイレに行ってから再度寝た。11時頃に目が覚めたが、いきなり声の送信で脅迫か何かを聞かされたのだが覚えていない。頭痛がしていて、今も頭痛を起されている。

起床直後にタバコを吸っていると、肺や気管に炎症が起きているかのようにヒリヒリとした感覚が発生して咳き込みそうになる。喉が痛く頭痛がしているので風邪でも引いたのかと思ってしまったが、遠隔操作である。本当に病気と区別が付かなくなるほどの細かい操作が行われている。

子供は昨日は首が痛いと言っていたが、今日は頭痛がすると言っている。子供でも老人でも遠慮なく攻撃をする事で有名な電磁波テロではあるが、政府はどうお考えになられているのだろうか。

16:50
頭痛拷問が6時間続いている。平衡感覚の変調は時には目眩のようにもなり、首の後ろと腰の痛みのような強い違和感も続いている。吐き気も弱いながらも起されている。脳内音声による歌のリピート送信も行われ、声の送信による憎まれ口と脅迫が酷い。また、それによって呟かされてしまう被害も毎日のことではあるが続いている。

21:39
頭痛拷問が11時間続いている。首と腰の痛みや疲労感もあるが特に首と肩が痛い。声の送信により呟かされてしまう被害も途切れる事無く続いている。家族と会話をしていても声の送信に割り込まれ満足に話が出来ない。特に聞くことが出来ない。本を読んだり、音楽を聞いたりする事が出来ないのと同じように加害者の洗脳を目論む情報以外を被害者には入れさせないのだろう。

3日1:35
その後、新しい曲を覚えるために(大分前に覚えようとしたのだが妨害が酷く断念した曲)音楽を聞きだしたのだがやはり妨害が酷く大変だった。しかし、激しい怒りを発生させられなかったので少し聞くことが出来た。そのおぞましい妨害は「くやしかったら覚えてみろ」、「声に出して歌えば覚えられるぞ」などと声を聞かせながら記憶障害を起させたり、メロディーに合わせて替え歌のように嫌味を聞かせてくる。甚だしい内面への干渉である。更に、音の認識力を低下させられたり、集中力をなくされてしまう。従って実際にスピーカーから出てくる音を良く聞くことが出来ない。しかも、もし覚えたとしても実際に演奏する時には別の方法での演奏妨害もされる。

強い頭痛は音楽を聞いている内になくなった。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様

思考の挿入は僕も多くあります。
本当に、僕が思考したのか、加害者に思考を埋め込まれたのか
わからなくなる事がよくあります。
埋め込まれた思考によって、そのような感情すら起こってしまいます。

最近、精神病の症例の中に
テクノロジー犯罪被害の症状がある事が良く見られます。

統合失調症は、
被害者が加害者によって
どこからともなく声で罵倒された
など訴えるだけで
簡単に統合失調症として診断されてしまいます

このような、間違った認知は認めるべきではないと思います。
緑内障のように
眼圧があがってる為に起こるなど器質的所見が
精神病では見受けられません

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる