遠隔監視の被害に遭っていると

思考盗聴の被害に遭っていると被害者は、すべての考えを覗き見している加害者の前で行わなくてはならなくなる。従って、考える事が嫌になったりすることがあり、その場合は、本当の自分の心を閉ざしてしまったり、本当の自分の心で考えることが出来なくなったりする。それは、ある意味では自殺に導く精神破壊と思われる。多くの場合、思考の誘導が行われるので余計に自然にものを考えることが出来なくなる。

例えば、どうだろうか。ガラス張りの部屋の中で生活をさせられて、それを覗いている人がいたら自然に生活が出来るだろうか。この被害の場合はガラス張りではない部屋の中が加害者達によって覗き見され、思考も覗き見され、それに対して常に声の送信やイメージ映像の送信を使い思考に干渉される訳なのだが似たようなものだと思う。

そう言ったテクノロジーによる精神破壊や遠隔拷問などについての被害の実態や罪の重さについて専門的に調べなくてはならない時代に来ている。勿論、目に見えない武器により一般人が無差別に攻撃をされている現実について、それで何が出来るのかの調査は当たり前だ。


被害日記

7:49
昨夜は寝させない拷問を受け、朝は目覚ましがなる1時間前に起こされているので3時間程度しか寝ていない。これは被害者の口封じをする拷問とも広報活動をさせない拷問とも受け止められる。目が覚めると頭痛が酷く、気が付くと歯を食い縛っていたりする。その歯を食い縛った時に使う筋肉を中心に頭痛を起させれば自然現象だと思う人は少ないと思うが、電磁波攻撃はそのように行われる。例えば、湿疹のところが痒くなったり、食事の後にお腹に空気が溜まるなどだ。

起床するとすぐに脳への攻撃が強くなり、目眩と記憶消去が行われる。記憶の消去は日常的に記憶障害にされているが、ある一定の短い間隔で自動的に記憶を消す信号を送られていたり、加害者が何かのタイミングを狙って消去したりしている。日記を書き始めると記憶の消去が始まるので文字を入力していると次に書こうと思っていた内容を全部忘れさせられてしまう。

頭部圧迫感と筋肉の痛みも起されていて、脳内音声では執拗に歌のリピート送信を行っている。口を開いていると声の送信により無理やり呟かされてしまい、口を閉じていると呼吸に合わせて「うーん、こー」と執拗に繰り返す。また、暇さえあれば人間関係を破壊するべく他人に対する悪い印象をイメージ映像と声の送信により繰り返し思考挿入をしてくる。加害者に置いてはよほど暇なのかと思ってしまう。破壊活動専門の工作員にしては随分と程度が低いと常々思っているのだが。

コーヒーを飲むとお腹に空気を溜める攻撃をされて寝起きから集中的に攻撃をされて苦しまされている。加害者は「苦しいならば政党に要望を入れろ」と挑発をしているので遠慮なく入れたいと思っている。現段階ではどこに通報しても何の解決にもならないので加害者はやりたい放題暴れている。しかし、重大な犯罪であるので通報するのは当たり前だと思う。

23日1:24
1日ずれてしまったが、今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの街頭活動が警察庁前で行われたので、朝から出掛けていた。それが終わってからは遠方から来ていた被害者の方と今後の話をしたり、計測器などを取り扱っている会社に行ったりしていたので帰宅が夜になってしまった。その後は「フリンジ」というアメリカのテレビドラマ続編のDVDを見ていたのでこの時間になってしまった。

被害としては、行き帰りも含めて途切れる事無く続けられていて、特に音声送信と頭痛が目立った。細かいことを書くときりがないが、帰りには被害が軽度であったのだが、抑制が働いているかのような気はしていたが日記の更新をする気にならなかった。勿論、苛々と腹が立つ感情操作も時々あった。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様の被害の酷さの様子がよくわかります
死を覚悟させられる、自殺を誘導するようにな攻撃である事が
よくわかります。

僕も加害者によって、殺意ある連続、攻撃に参っています。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる