朝から遠隔拷問を受ける

9:36
昨夜は2時頃に就寝して、起きたのが8時少し前だ。しかし、その間に一度、目を覚めさせられている記憶がある。起床時からすぐに音声送信と目眩など脳への攻撃が行われているが、無視をして出社し、仕事をしている。しかし、脳内音声による歌のリピート送信と共に呼吸困難を起され、脳へも記憶障害のほかに考える事が出来なくなるようなメチャクチャな何かを送られているようだ。自分の意思とは関係なく脳内で意味のない邪魔な信号が動いているように感じる。


呼吸困難は息が出来ないというよりは過呼吸のように息を吐き切らない内に次の息を吸い込まされてしまう種類のもので興奮させたり、慌てさせる時によく使われる攻撃だ。また、書類を見ようとすると急に視力が落ちてしまい文字が読めなくなる。視力の低下も自然現象や病気を装った破壊活動の手口だ。頭痛もさせられている。

また、このような激しいパニックになるような攻撃をしながら加害者は私に「何処でも好きな所に広報をさせてやる」と挑発をしている。

日記をアップしようとすると思考停止のように毎日行っているパソコンの操作が出来なくなってしまう。それは一連の操作の中から手順の一つを忘れて飛ばしてしまったり、次に何をするのか判らなくなり呆然としてしまう。このような攻撃もよく行われる。

このような遠隔拷問について政府はどう考えているのだろうか。

15:22
今日は攻撃が強い。記憶障害が激しく仕事に多大な影響が出ている。しかし、暴れ出したくなるようなパニックは朝のうちだけだった。その他の被害も継続しているので不快でならない。


まだアメリカの方で署名があるようです。

ACLUへの署名の近況

上記サイトは非常に判り易く日本語で説明されていますのでご協力をお願いします。

18:16
その後は激しい妨害はないものの、歌のリピート送信や声による干渉、記憶障害、異常な疲労感、筋肉の痛み、鼓膜が詰まったような感じ、頭部圧迫感、呼吸困難、視覚の違和感、などが軽度に延々と続いている。やはり、全身や脳に振動のようなバイブレーションを感じているようで、それと同じような低い音を脳内音声として送信されているように感じてならない。仕事が終わったが、開放感とかそのような気持ちが発生しないで緊張感のようなものが続いている。

22:55
仕事が終わった後は夕食を兼ねて買い物に出掛けた。食事の時にはお腹に空気を溜められてしまい苦しくて不快で腹が立った。スーパーに車で向かっている時には、眠っているのか、起きているのか、昼間なのか、夜なのか、わからなくなるような、時間感覚の喪失のような被害を受けさせられた。夜であることに関しては、太陽が沈んで暗くなっていれば判るのは当たり前だが、それとは違う次元で妙な印象を受けた。

買い物の時には視野が急に狭くなり、まるで片方の目でものを見ているように感じた。そう言った視覚に対する脳の遠隔操作技術も、視野の盗み取りを含めて信じられないほどに進んでいると思う。スーパーの中を歩いていると異常な疲労感と筋肉や関節の痛みを起されて大変な苦労をさせられた。

帰宅後はテレビを見ていたが、少しの間、攻撃が弱くなり視野の解像度が高くなり見え方の不自然さがなくなった。それだけでも清々しい気分になれたが、テレビを消すと急に脳への攻撃(思考異常と目眩と吐き気)が始まり、苛々して来て「徹底的に戦いたい」という気持ちが湧き上がってきた。これが、危険なマインドコントロールであり、対象なき暴れたい衝動である。すでに肉体と精神への拷問状態となっている。

この電磁波テロ、政府は無視をしないで欲しい。

21日1:29
どう考えても途切れる事のない攻撃、拷問状態だ。

最近、励ましのコメントなど頂いております。

どうもありがとうございます。

寝る。

COMMENTS

No title

ご無沙汰しております。 

前から何度もコメントしていますが 車の運転は注意して下さい。

本当に危ないし、もし事故でも起きたら大変です。 

注意して下さい。 

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる