広報は十分に行われているだろうか

電磁波という目に見えない媒体を武器として使ったこの犯罪は、高度なテクノロジーを使っているために理解し難く、現象として内的要因と思えてしまうような攻撃方法が取られているなどの理由から中々信じられない人が多い。また、通常の場合日常とは何の関係もないので知る理由もなければ知りたくもないと言うのが本音かも知れない。隠蔽されたテクノロジーであれば知らない人は多いのは当然であるし、まさかそんなことをする犯罪組織があるのかとも考えるだろう。しかし、例えば宇宙開発の技術も公開はされていないだろうし、たとえ公開されたとしても普通の人には関係なく理解も出来ないだろう。聞いた話だが、人工衛星は自分の高度を知るために地上にレーザーを放つそうである。見たことのある人はいないと思うが、極まれに写真に撮れてしまう人もいるようだ。それが本当に人工衛星からのレーザーかどうかの検証はしていないが、そのような話を聞いたことがある。

さて、電磁波犯罪を止めさせるためには、どのような広報が効果的だろうか。もしかすると日本はそのような事に関して認知・広報が遅れているのかも知れない。まず、どのような形にしてもテレビで報道されることがない。なぜだろうかと不思議に思ってしまう。ある電磁波に関する専門家の話では、以前は電磁波と人間の関係についての話をしただけで変人扱いを受けるような傾向があったそうだ。


被害日記

10:29
昨夜も3時までは寝させてもらえなかった。そして4時間後の朝7時に起されて「さあ、早起きして働こう」なんて声の送信で言われる。私は8時間睡眠を取りたいと思っているので、以前は12時を目安に就寝していた。しかし、早く寝てもそのように遅くまで睡眠妨害をされるので、また、夜に激しく攻撃をされて寝るのが遅くなってしまっている。

ここで起きると後が辛くなるように思ったので、目覚ましを一時間遅らせて、もう一度寝た。今度は目覚ましが鳴っても眠くて起きられない。やっと起床すると後頭部の強い違和感と目眩と記憶障害を起される。毎日がこんな状態だ。

また、気が付かない程度に慌てさせられていて、通常何も考えなくても行っている手順の中の一つを忘れて飛ばしてしまうなどが起きている。それは、日記の更新の手順であったり、コーヒーを入れる手順である。短絡的というか衝動的になってしまう先を急ぐ気持ちになる脳の遠隔操作がある。

18:16
その後、出社したが仕事が忙しいので、そのまま仕事を続けた。脳内音声による歌のリピート送信と声の送信は途切れる事無く続き、脳への攻撃各種、筋肉が硬くなり動き難いなども途切れる事無く続いている。しかし、全体的に被害は軽度であり、無視をして仕事が出来る程度であった。

20:18
夕食後にテレビを見ているが、どうも音の聞こえが悪い。普段と変わらないボリュームなのだが良く聞こえない。脳への攻撃も決して弱くないので記憶障害など理解力の低下もあるし、音声送信に妨害もされている。キーンという音が右の耳に聞こえていて、「煩い」という感じが、自然発生している音には関係なくしている。

テレビもあまり面白くないので、日曜日に激しく妨害された自分の演奏をとりあえず聞いてみる事にした。すると右の耳を塞いで左の耳で聞くと理解力があるのだが、左の耳を塞いで右の耳で聞くと理解力がない。知覚が届かないという表現を使いたくなる状態だ。

ここで、音楽の理解力という言葉の意味は、耳に聞こえた音が脳というか想像力に繋がっているかどうかと言う意味であり、聞くのは音楽でなくともかまわず、聞こえた音から何を感じるか、何を想像するか、など、どのような状況から生まれた音なのかを想像することが出来るかどうかと言うことなので、やはり記憶と関係があるのだと思う。

これは聴覚の問題だが、視覚に対しても同じような被害があり、見たものから状況や雰囲気を感じ取ることが出来なくなったりする。それらが聴覚や視覚の神経に対して信号伝達を阻害するものが送りつけられているのか、脳に対してなのかわ判らない。耳や目にも利き手と同じようなものが存在しているので、その辺りも加害に利用しているのかも知れない。

右と左に違うものを送りつけられると、それを合成するのは脳であるのでパラノイアになってしまうかも知れないし、それを遠隔操作で上手く調整していることも考えられる。

いずれにしても酷い迷惑である。

何か、楽しいと感じるものが突然なくなってしまい、自分がいま何を欲しているのか消されている感じだ。

24:11
その後も右の耳への刺激が強い。脳への攻撃などはそれほど強くなくなり、テレビの音や声などが聞きにくい状態も軽くなった。しかし、お腹に空気を溜められ、胃が痛むような内臓の強い違和感があり、筋肉も腰から下がシクシクと痛む感じだ。痒みもそうだが、より自然に近い形で行われている。声の送信にやられて声に出さない呟きをさせられている状態も続いている。

それにしても、いつまでこんなのを野放しにして置くのだろうか。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる