悪質な電磁波攻撃が続く

11:14
昨夜も陰湿かつ悪質な睡眠妨害を受けた。
寒くて体が温まらない攻撃は極度に冷えなかったので皮膚の表面に冷たい感じがしているだけだと強く思い無視をしてそのまま寝た。しかし、すぐに目を覚めさせられ暫く声の送信や顔の痒みで寝させてもらえなかった。そのことについては昨日の日記に書いて置いた。

朝は9時半に目が覚めてしまい仕方なく起床したが、すぐに頭部圧迫感と記憶障害と平衡感覚の変調を起され、ついでに両方の鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえないなり最悪の気分にされている。首の後ろの強い違和感は両方の肩の硬直感へつながり、腰の違和感は姿勢の悪さに繋がっている。

特に肩の後ろの筋肉の張りなどは、イメージ映像を実際の体の感覚にオーバーラップして大きな筋肉が付いているように感じさせられることがある。顔の筋肉が引きつったりして変な顔にされていると認識できる時も実は、イメージ映像を重ねられていて、自分の顔が引きつっている事を強制認識させられている。もっと酷いと、布団の中で足を動かしていると実際の動きとぴったり一致したイメージ映像を送りつけられる。

テクノロジーの見せびらかしとか、プライバシーのないことを示しているのだと思うが、私はとにかく脳への攻撃による記憶障害や思考能力の低下、マインドコントロールなどによる不快感や感情の変化による被害が酷くそちらが目立っている。

まず、プライバシーがないだけでも普通の人はおどおどしてしまうだろう。私達、重度の被害者でも最初は強いショックを受けたものだ。そんな究極の人権侵害の被害に慣れているから偉いというものではなく、こんな犯罪は絶対に許されるものではないと言う共通の認識を持ちたいと思っている。

16:13
その後も歌のリピート送信を中心とした音声送信と声による執拗な思考への干渉が続いている。この声による干渉は、語り掛けなので目の前にいる人が喋れば普通の会話となんら変わりがないのだが、脳内に聞こえてくるという事と、思考を盗み取ったり、トイレの中まで監視する24時間のへばりつきのためにやたら個人情報が多くなり、思考のへの干渉ということになる。勿論、自分の思考と同じように働いたりすることもある。例えば、店に行ったときに「買うのをやめろ」と声を聞かされるとそのように思ってしまう傾向が強い。

後は、記憶障害と頭痛と筋肉各部の痛みから引き起こされる不快感が強く、拉致されているような開放感のなさ、などによるストレスが酷い。何をやっていても不快であり妨害をされている。また、声による脅迫も酷い。

24:38
夜は楽器の練習に行っていた。被害は途切れないが、それほど強く妨害をされなかった。最初に少しだけ思ったように体が動かないので変だと思った。とにかく音声送信と脳に影響を受けているという実感、これは途切れることがない。

帰宅後は、この被害を知らない人に説明するための文章を作っていた。やはり脳を締め付けられるような不快感と共に記憶障害が強くなり文章作成の強い妨げとなった。途中から強く攻撃をされたので、それ以上続けるのを止めにした。どうしても強く攻撃をされていると文章が過激というか、遠まわしな表現が出来なくなってしまう。急いでいる訳ではないのでそれで構わない。

しかし、呼吸が苦しくなり、まるで酸素の薄いところに居るみたいになったのが困った。そういう被害は時たまあり、水の中にでもいるように感じる。分析すると呼吸が弱くなっているような、浅くなっているようで、呼吸をする筋肉の一部が動かなくなっているのかと思った。その被害の場合は意識的に深く力を入れて息を吸えば楽になる。しかし、いくら吸っても吸いきれない被害もある。

歌のリピート送信が激しい。

こう言った人間の遠隔操作、早く禁止させて欲しい。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる