陰湿な攻撃が続く

10:06
昨夜も就寝後1時間で起され、次は2時間後の5時。その時は体が急に熱くなって汗が出てきてしまい寝られなくなったので、一度起きて、イーガブより各省庁に要望を入れた。やはり、他の被害者の方でも国会議員の方にメールを出して電磁波犯罪に肯定的な返事を頂いているそうだ。

その後は寝られたが、無理をして起きる必要はないと思ったので目覚ましを遅らせた。すると9時過ぎに目が覚めた。脳への攻撃はそれほど強くないが、脳内音声による嫌味と脅迫は執拗に行われている。また、歌のリピート送信行われている。

電磁波攻撃は破壊活動そのものだと思う。

日記には書けないが、2つほど実行している広報活動がある。

10:14
脳への攻撃がそれほど酷くないと書いたらログアウト後に急に強くされた。思考能力の極度の低下と平衡感覚の変調と記憶障害だ。ブログに再度ログインする時にログインするためのリンクが探せなくなり、パスワードも思い出せなくされた。著しい不快感も発生している。

22:05
その後、被害は少し弱まり、忙しいので仕事をしていた。しかし、疲労感が酷くやる気が出ない。しかし、この筋肉の違和感は絶対に自然ではなく被害と確信していたので根性で頑張った。するとその内に、酷い疲労感がなくなり、体の動きにもスピードが出てくる。音声送信は途切れないし、脳への攻撃を受けているという違和感も途切れなかったが、激しく妨害をされることなく仕事を終了した。

夜は楽器の練習をしに行ったが、「昨日と同じにしてやる」と声の送信をされ、実際には昨日よりも酷く妨害をされた。昨日から右半身の筋肉が痛く、右を下にして寝ていたから右半身が痛くなったかのように思わせる内容の声の送信があったが、私は電磁波被害だと思っていた。

仕事は自分の能力の半分程度しか発揮出来なくても、激しい不快感がなければ何とかなるが、楽器の練習の場合はそうは行かない。自分の実力をすべて発揮し、尚且つそれ以上を目指すから練習をするわけで、筋肉の遠隔操作で意志の通りに体が動かなくなり、更に、痛くて姿勢を保つ事が出来なくなれば最悪の状態になる。しかも、執拗なまでに声の送信で練習する楽器のフレーズをなぞられたり、先に指示を出されたりすると果てしない不快感が生じる。最後は以上に興奮させられて、暴れ出したくなる衝動を起され続けていた。

そして、「参ったと言うまで攻撃をしてやる」、「もう、懲り懲りだと言うまで攻撃を続ける」、「明日も練習妨害をしてやる」と声の送信をしながら激しく練習妨害をされた。

下記、中国のテクノロジーサイトです。

サイボーグ10種、テレパシーからマインドコントロールまで

アメリカ国防総省の研究らしいが、ここにはATRが行ったサルとロボットを遠隔接続する実験が載っている。

テレビ放送

中国国営テレビのようです。マインドコントロールの武器がアメリカで実戦配備されていること、中国国内で「脳内音声」に悩まされている人たち三人の取材のようです。


22:29
それから、また、自ら命を絶った被害者の方が出たようです。
ご冥福をお祈り致します。

24:57
音声送信、脳への攻撃、身体被害が継続している。
しかし、楽器の練習の時のように異常に興奮をさせられていない。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様へ

僕は、加害者によって仲間になりかけています
仲間になりかけると自分の心地のいい霊体のようなモノが
浮かんできます。
加害者によって、嫌がらせ行為をする理由は
被害者が他人に迷惑をかけた事を反省させるのが目的かもしれません。
耳印様のリピート音楽は、耳印さんが音楽をやってる
それによって、近隣の人に音で迷惑をかけた事にして
反省をさせるものとしてやってるのかもしれません。
耳印様が近隣の人、誰かに音楽で迷惑をかけた事を
思い反省すると、加害者はリピート音楽を止めるしかないと思います。
仲間にする行為を利用して嫌な奴を
永遠に仲間にしないようにして、反省をしないものとして
嫌がらせの無限ループを作ってるのが
テクノロジー犯罪被害の秘密かもしれません。
加害者は、目に見えない霊体になって被害者の家に入り込んでいます。嫌がらせ、反省させる装置も目に見えませんが
磁石、海水などに弱いです。
加害者側のこの行為には概念があります。これをしると
この被害を減弱、加害者側を混乱にさせる方法が
多数発見する事が出来ています

kouta さん

そしたら、耳印さんの場合は「ハイハイ、参った参った、カンベンしてよ、あなたはスゴイスゴイ」とか適当に加害者に話し合わせてやれば回避できそうですね。

加害者がもしも、こんなテクノロジーを駆使してまで、たかが騒音の反省を促しているとしたら、彼らの思考回路はかなり危ないですね。

地域によって様々ですが、都内の法律では、騒音被害ならば、警察に相談して2度警察から注意をしても騒音が止まない時は逮捕出来るんですよ。
普通に法に介入してもらえば、すぐに片付く問題なんですから。

反対にこの犯罪に使用されるV2K兵器では、他人には聞こえないために、いくら被害者が騒音被害を訴えても事件としての立証が、現段階では難しい。
卑怯な騒音公害をしてるのは一体どっちなんだ、と面と向かって加害者に言ってやりたくなりますね。

No title

ARZ様
>>「ハイハイ、参った参った、カンベンしてよ、あなたはスゴイスゴイ
違います。本心からその場面を想像して自覚しなくてはならないのです。
加害者は、、これもちょっと信じてもらい難いですが
加害者は、被害者が、人に迷惑をかけた場面の思い出の証拠のビデオを持っているのです。
それは、他人に迷惑をかけた場面の思い出です。
それを見せてくれと、加害者に言うと(思うと)加害者は見せざるえません。その場面を被害者は見せられ、被害者が
他人に嫌な思いをさせた事を理解、自覚して反省すると
この被害は終わり、次に進むはずです。
たかが、騒音ではありますがちょっと概念が
異なります。他人に対する思いやり、、気ずかいの反省
としての意味だと思います。
しかし、ながら上記は正当な場合だと思います。
性格の悪い加害者は気に食わない被害者を
いつまでたっても反省しないように馬鹿にしつづけ
いつまで経っても反省できないようなループを作り上げたり
してる。それが酷いテクノロジー犯罪被害者だと思います

上記で仲間になりかけてるとかきましたが
仲間にする名目で僕を反省させる名目で加害を続けていますが、仲間に出来ないようにループを作り上げています。

加害者は、勝手に被害者を悪者にしたてあげて
罰を与える、反省させる名目で加害行為に及んでると思っています。やり方もエグク巧妙です。

例えば、女性Mさんの下腹部に臭いを発生させる嫌がらせが
あります
それをYさんに時自覚させる。Mさんはパートナーに対し
自分の臭いがあり、行為が嫌になってしまわせたりします。
加害者からすれば、
行為によって、Mさんがパートナーに嫌な思いを
させた事実があるわけです。

しかし、実際はそんなの迷惑をかけた内に入らないものまで
加害者は、大げさにして、多数の人に迷惑をかけた事を工作し
(これは簡単に工作できます)
被害者に罰をあたえるのです

No title

こんにちわ

これは「犯罪」です。
人の脳を操作する、これは犯罪であり如何なる理由があれ
加害者が100%悪いのです。

>被害者が他人に迷惑をかけた事を反省させるのが目的かもしれません。
こんなもんはヤクザの論理です。
極道気取りのお里が悪い奴らの犯行でしょう。
絶対に許されませんし、継続する限り必ず捕まります。
栃木は東京拘置所管轄ですかね?
ブログ主さんの加害者は東京拘置所で余生を過ごすことに
なるでしょう。(合掌)


No title

kouta888さんこんばんわ

何度も言いますが、これは「犯罪」です。

例えば、私が過去に加害者の家族を殺していたとします。
だからといって加害者どもが私の脳を遠隔操作することは
100%「犯罪」です。
日本は法治国家であり私刑が禁じられていることはもちろん、
人の脳を遠隔操作するなどということは、絶対に許されることではないのです。

「~だからやっているんだ」とか「~のために」とくれば完全に嘘。
被害者に共通性が無いのがよい証拠です。
老若男女、地域もさまざまです。
理由が無いからこそ「お前が悪い」とか言うわけでしょう。

逆に騒音などで迷惑をかけた者が被害を受けているとすれば、
加害者は各々の近隣の者ということになりますね。
近隣以外迷惑は被りませんからねぇ・・・・・

私見ですがおそらく無差別にかけてると思います。
被害者に何の落ち度も無いのは明らか。
最初は被害者だけを特定する必要があるので(加害波を送るために)近距離から長期間電波を当てないといけない。
故に犯人は近隣(かなり近い、上階とか隣とか後ろの家とか)。
というのが私の見立てです。




No title

円明寺様

お返事ありがとうございます。
被害者同士、被害が違うと感じるのは正しいと思います。
僕は熱の拷問があり、耳印様は音楽のリピート送信が続き
集団ストーカー被害はまた、まったく別の被害のようです。
しかし、それは見かけ上です。
被害者同士被害が違うのは、実は見掛け上で
統合失調症としてのつじつま合わせだと思います。

心理的、マインドコントロールであり、マインドコントロールによる
被害による被害者の心理の流れを考えると
被害者の被害はほとんど共通したものになります。
耳印様の被害の心理的流れは、まったく僕と同じであると
共通していると認識していますし。
他の被害者の方の被害の加害者の声も
アクションや、思うたびに
加害者の声が聞こえる、
被害者の思考や思いを無視して、話けない
ことがこれら共通しています
そのような、共通した意識を被害者が持つのが大事だと思います

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる