「素直に謝れ」とは?

電磁波犯罪とは、全く納得の行かない無差別かつ一方的な攻撃である。特に声の送信では嘘の連続、脅迫の連続、けれども攻撃は関係なく続けられる。そこで、先ほど「許して欲しければ、素直に謝れ」と脳内音声で放送をしていたので日記タイトルとすることにした。この「許して欲しいか」、「謝れ」という言葉は被害者に取って身に覚えのないものなので、本来意味不明の戯言であるが、この犯罪の特徴として罪悪感を植えつける洗脳が行われているので、その言葉と共に悔しさや腹立たしさが湧き上がってくる。その腹立たしさなども遠隔からの感情の操作で行われる事が多い。


被害日記

11:10
昨夜も就寝時に目を覚醒させられてしまう被害に遭い嫌な思いをさせられた。瞑っている目蓋の中にノイズのような光を見せられて、どうしても目がそれを見てしまうので眠れなくなると言う被害だ。朝は、6時に覚醒させられてしまい、7時頃まで眠れなかった。起床時間が8時なのだが「ざまあみろ」と声の送信をされたので1時間起床時間を遅くした。

12:42
上記途中まで更新したところで仕事が忙しくなったので中断した。

起床後の30秒ほどは強く脳を攻撃されていなかったが、直ぐに強く脳を攻撃され、頭部圧迫感と首の後ろの硬直と記憶障害を起され、足などの筋肉も部分的に硬直して痛くなる。脳障害と身体障害を起こされているようなものなので、部屋の中で歩く速度が遅くなってしまう。また、脳内音声による歌のリピート送信も殺意むき出しのように強く送信されてくる。しかも、悲しくなる感情操作の後に、暴れ出したくなる衝動を起され、朝から遠隔拷問の世界に突入した。

パソコンから各省庁と政党に要望を入れました。

その後は仕事をしているが、歌のリピート送信は舌に刺激があり一緒に歌い出してしまいそうな感じで、脳の芯が痺れるような感じや、強い記憶障害、筋肉の痛みなどが延々と続いている。声の送信によるおぞましい脅迫は途切れる事無く続いているが無視をしている。職場で仕事の話をしている所を狙って強く攻撃をされるので大変苦しいが無視をしている。

みなさんにも政府や政党への要望を入れて頂きたいと思います。

20:18
悪質な拷問被害に耐えながら仕事を続けていた。用事があり外出すると「あいつ、嘘つきだ、拷問を受けていると言いながら車の運転をしているぞ」などと声の送信をされた。この被害の特徴を物語っているような言葉である。もし、車の運転が出来なければ、日常生活が出来なくなれば家で寝込むか、入院するしかないだろう。しかも、脳内で起こっている精神拷問や、思考の妨害、身体へのさまざまな苦痛は目に見えない攻撃である。いまも、お腹に空気を溜められて苦しいが、誰にも判らないし、下唇の右側だけを吸い込むようにして噛まされているが、遠隔操作の被害であると誰が判るだろうか。

精神拷問に関して、私はこう言う。「歯が痛くて、暴れ出したくなるような怒りが出る人がいますか」、「筋肉痛で悔しくて堪らない気持ちになる人がいますか」これらはすべて感情の遠隔操作による耐えがたい苦痛となっている。

脳内音声による歌のリピート送信や記憶障害、思考能力の低下などは継続していたが、夕方からは悪質な攻撃が弱くなり、仕事が捗った。

帰宅後は、腹が減っていくら食べても満足しない被害と、体が冷えてしまい温まらない被害が発生している。頭部圧迫感や頭痛、筋肉痛も継続している。先ほどから、パルス的な意識障害を起されている。それは脳が振動しているような感じになり、特に視覚・聴覚の知覚能力が落ちる被害だ。

とにかく、不快でならない。

24:30
その後は、強い眠気と疲労感に襲われてしまい横になって寝ようとしたが、心臓の鼓動が強くなり、呼吸困難にされたので寝るのを止めた。しかし、後頭部の違和感と頭の半分が眠っているような感じが続いていて思考がスッキリとしない。記憶障害も強くさっきまで何をしていたのか思い出せないほどだ。

また、キーボードのタイプをする時に打ち間違えが発生する理由として、頭の中では瞬時に文章が出来上がっているのだが、電磁波攻撃によりタイプ速度が落ちている為にタイプをする時に時間差が出てしまい、脳から指を動かす指令が出ているのに、通常よりも指の動きが遅いために、脳内ではすでにタイプを終了したと判断してしまい、打ち終わるまでの間に記憶が消えてしまい、タイプミスを起してしまうように感じている。

酷い迷惑である。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様

僕のブログにも書いたのですが、
加害者は、生まれながらに備わってるオンリーワンの自分の心の心底をまず奪うと思います。
人は、色々な人と関わり合いを持つ事によって
試練で自信を持ったり、苦手分野で自信を失ったり
楽しい思い出を作ったりし、それが精神の形成に
関わっれてきます。
加害者は、被害者の生まれがらに備わった
オンリーワンの心の心底を基礎にして
マインドコントロールによって
被害者が自信をついた所を、自信を失うように仕向け
自信を失った所を自信をつけて行くのだと思います。
加害者の上から見下す立場から発する
「死ね」「殺すぞ」などは
まずは被害者の精神形成において自信のついた所を
自信を失うように仕向け、自信が付かなかったようにするのが目的だと思います。

僕の場合ですと、僕本来の人生において
人間関係で空手の先輩方との関わり合いで自信が付いた所
僕もバイクをよく乗ってたのですが、楽しい思いで
などがあり、
僕にとって精神形成、性格に影響を受けていたものがありました。
加害者は、人間関係において自信をついた所を
忘れさせ、被害者の自信を奪ったり、
楽しい思いでを嫌な思い出に置き換えた
イメージ映像を送ってきます。

逆に僕は女性とおしゃべりがあまり好きではなく
自信を失ってたのですが、加害者との会話で
僕自身が女性と会話する事に自信をつけさすように
マインドコントロールの誘導をしてきます。

つまり、加害者は、被害者の精神形成、性格の形成
において逆の事をしてくるのだと思います。

多くが拷問、嫌がらせですが、その中に被害者が嫌々ながら
楽しまされてしまってるマインドコントロールも多くあると思います

加害者のマインドコントロール攻撃は
多種にわたりますが
ネボトン・バイオコレクターMK37.2というペンダント
(体内に電磁波等の抵抗性をつけるもの)
は加害者の電磁波的な攻撃、精神が具合が悪くてしかたなくする ものに対し有効な面があり、お勧めします。

しかしながら、加害者は、電磁波対策のグッズに対し
すぐにそれが無効になるように処置してきます。
ですから電磁対策グッズはどれも、
最初の10分~30分程度は効果があるのです。

それにたいし
そのペンダントに対し、アルミテープの中に強い磁石を入れたものをつけると効果は減弱しにくくなります。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる